1.ビーグレンの美白効果と対応できるシミ、くすみの種類


ビーグレンの特徴としては、シムホワイト377、ハイドロキノンという強い成分を用いることで、とにかくシミを予防改善しようというところに重点を置いています。

そのぶん肌への負担は大きめかもしれません。

ビーグレンは評判の高い美白化粧品で、厚生労働省認可の美白有効成分としてはビタミンCが配合されていますが医薬部外品・医薬品ではありません。

しかし、ハイドロキノンやシムホワイト377といった強力な美白成分が配合されています。

1-1.ビーグレンの美白効果のメカニズム

ビーグレンは美白作用の各過程のうち、以下の段階で働きかけてくれます。

  • 肌への刺激を防ぐ
  • メラノサイトの働きを阻害する

また、ビーグレンはQuSomeと呼ばれる独自の浸透技術を用いています。

これは美肌のための成分を、非常に小さなカプセルに包んで必要な部分に届けるという技術です。

肌への刺激を防ぐ

これにはヒアルロン酸などで保湿をしたり、甘草根エキスで炎症を予防したり、またビタミンCで活性酸素を除去したりすることで作用します。

ただし、ビーグレンの場合、特に力を注いでいるのは次に説明するプロセスです。

メラノサイトの働きを阻害する

ビーグレンの特徴はこちらになります。

まず、シムホワイト377という成分ですが、これには抗酸化作用や、チロシナーゼ阻害作用があります。

活性酸素はメラノサイトを刺激して、メラニン生成を促しますのでその活性酸素をシムホワイト377で取り除きます。

チロシナーゼはチロシンをメラニンに変化させる酵素ですのでその働きを阻害することで美白を実現していきます。

もう一つは、ハイドロキノンという成分ですが、こちらはよく「肌の漂白剤」とも呼ばれるものです。

ハイドロキノンもメラノサイトの働きを阻害するのですが、できてしまったシミを改善する効果も高いと言われています。

ビーグレンではシムホワイト377を予防型美白、ハイドロキノンを漂白型美白と位置づけています。

1-2.ビーグレンが対応できるシミ


ビーグレンの特徴としては、シミ予防はもとより、ハイドロキノンを用いることで、できてしまったシミにも大きな効果を期待できるというところです。

老人性色素斑

一般的にシミというとこれになります。肌の老化現象の一つですね。

ビーグレンによる改善が期待できます。

炎症性色素沈着

ニキビなどの炎症によってシミができてしまうことです。

これも改善が期待できます。

雀卵斑(ソバカス)

メラニンが原因で変色するのですが、思春期に起こりやすいものです。

ビーグレンでの改善が期待できます。

肝斑

シミの中でも特に女性ホルモンの変化が関係していると言われるものです。

これも改善が期待できます。

花弁状色素斑

日焼けなど短期的で強い紫外線障害が元で起こるものです。

改善が期待できます。

脂漏性角化症

変色するだけでなく、イボのようになってしまうシミです。

ビーグレンで色は変えられるかもしれませんが、イボを取ることはできません。

1-3.ビーグレンが対応できるくすみ

メラニンぐすみ

メラニンが滞留して肌が暗くなってしまった状態です。

ビーグレンで対応できます。

古い角質による肌のくすみ

古い角質がたまってしまって肌の透明感が失われた状態です。

ビーグレンには向かないかもしれません。

老化による肌のくすみ

肌の老化によって上記2つのことが起こっている状態です。

ビーグレンによって、メラニンは改善できそうです。

ただし、くすみに関しては、顔全体のことになりますのでハイドロキノンのような強い成分を用いるのは適さないかもしれません。

2.ビーグレンがおすすめの年代と肌質


ビーグレンがおすすめの年代と肌質を紹介します。

2-1.ビーグレンがおすすめの年代

30代以降の、特にシミが表面化してしまって悩んでいる女性にオススメの美白化粧品です。

2−2.ビーグレンがおすすめの肌質

ノーマル肌、乾燥肌、オイリー肌それぞれのためのセットが用意されています。

しかし、刺激の強い成分を用いているため、敏感肌の人は慎重に用いる必要があります。

3.ビーグレンのトライアルセット


ビーグレン美白ラインのトライアルは「トライアルホワイトクリームexセット」という名前です。
その内容は以下のとおりです。

  • 10-YBローションさっぱりタイプ30ml
  • Cセラム7mll
  • ホワイトクリームex7g

また、オマケとしてクレイウォッシュ15gがついてきます。

量としては7日分となっています。

この内容で、値段は1,890円です。送料は無料です。

また、トライアルということで、365日の完全返金保証がついています。

美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ