あなたは、美白クリームに関して以下のような疑問を持っていませんか?

「シミを改善できる美白クリームはどれ?」
「美白クリームを塗ると本当にシミが改善できるの?」
「外出する前に、美白クリームを塗るとシミができやすくなるの?」

このページでは、シミの改善におすすめの美白クリームやその選び方、美白クリームがシミに働きかけるメカニズムや美白クリームを使用する際の注意点などを紹介します。

美白クリームを使用して、肌悩みを改善させましょう。

1.シミの改善におすすめの美白クリーム

シミを改善する美白クリームは、以下のポイントに注意して選びましょう。

・医薬部外品として認可されている
・保湿力が高い

上記の選び方を踏まえたおすすめの美白クリームはこちらです。

商品名 医薬部外品 美白有効成分 保湿成分
おすすめディセンシア サエル ビタミンC誘導体 ヒト型セラミド
ホワイトロジー クリーム リノール酸 グリセリン
ビーグレン ハイドロキノン グリセリン

3つの商品の中で、最もおすすめなのはディセンシアのサエルです。

サエルは、美白有効成分のビタミンC誘導体が配合されているので、シミを予防・改善できます。

また、保湿力の高いヒト型セラミドが含まれているため、角層の奥まで潤いを与えるのに効果的です。

さらに、特許技術のヴァイタサイクルヴェールで肌表面を包み込むため、細菌や乾燥などの外部刺激から肌を守る効果が期待できます。

サエルは、シミを予防・改善、外部刺激から肌を守りたい人におすすめです。

2.シミを改善する美白クリームの選び方

1.で紹介した美白クリームを選ぶ際のポイントについて詳しく紹介します。

・医薬部外品として認可されている

美白クリームは、医療部外品として販売されている商品を選びましょう。

医療部外品の化粧品は、厚生労働省が美白効果を期待できると認可している成分が配合されています。

厚生労働省が認可している代表的な美白有効成分を表にまとめました。

代表的な美白有効成分 表記名
アルブチン アルブチン、α-アルブチン、β-アルブチンなど
ビタミンC誘導体 アスコルビルグルコシド、APS、VCIPなど
リノール酸S リノール酸S
トラネキサム酸 トラネキサム酸
プラセンタエキス プラセンタエキス
4MSK 4MSK

上記の成分の中でも、最もおすすめなのはビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、活性酸素の除去やチロシナーゼの活性を抑制、メラニンを還元する働きがあります。

シミができる主な原因は、紫外線です。

紫外線が肌に当たると、活性酸素を大量に発生し、肌細胞にダメージを与えてしまいます。

肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質を分泌し、メラノサイトにシミの原因であるメラニンを作るように指令を出します。

指令を受けたメラノサイトは、チロシンを生成し、チロシナーゼの働きを活発化させます。

すると、チロシンとチロシナーゼが結合して、メラニンに変化させてしまうのです。

メラニンは、通常ターンオーバーによって排出されます。

しかし、ターンオーバーが乱れていたり、日常的に紫外線を浴びていたりするとメラニンの排出が難しくなってしまいます。

メラニンが排出されず、肌内部に残っていると、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、シミとして肌表面現れてしまうのです。

ビタミンC誘導体は、活性酸素の除去やチロシナーゼの活性を抑制する働きがあるため、新たなシミの生成を予防することができます。

また、メラニンの還元作用で黒くなったメラニンを無色化し、今あるシミを改善することが可能です。

・保湿力が高い成分を配合している

美白有効成分だけではなく、保湿力の高い成分を配合している美白クリームを選ぶこともポイントも一つです。

人間の肌には、もともと潤いを守る保湿物質があります。

しかし、加齢や洗顔のし過ぎでキメが乱れて、角質細胞に隙間ができてしまいます。

角質細胞に隙間ができることによって、肌内部の保湿物質が減り、水分を抱えきれなって肌が乾燥してしまうのです。

肌が乾燥していると、有効成分が上手く浸透せず、美白効果を実感しにくい可能性があります。

美白効果を実感するためには、保湿力の高い成分を配合している美白クリームを使用して乾燥から肌を守ることが大切です。

保湿力の高い代表的な成分は以下の3つです。

・セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸

上記の成分の中で、最もおすすめなのはセラミドです。

角層の水分のうち80%以上はセラミドなどの角質細胞間脂質でできています。

セラミドなどの角質細胞間脂質は、肌の水分を守る最も大切な成分です。

しかし、セラミドは加齢によって減少してしまいます。

そのため、セラミドを配合している美白クリームを使用して、乾燥から肌を守り、美白有効成分を角層の奥まで浸透させましょう。

3.シミの改善におすすめの美白クリームランキング

シミの改善におすすめの美白クリームはこちらです。

商品名 医薬部外品 美白有効成分 保湿成分
おすすめディセンシア サエル ビタミンC誘導体 ヒト型セラミド
ホワイトロジー クリーム リノール酸 グリセリン
ビーグレン ハイドロキノン グリセリン

それぞれの商品について、医療部外品で保湿力の高い成分が配合されている順に紹介します。

1位 ディセンシア サエル

価格 1,480円
返金保証 30日間
成分 ビタミンC誘導体
保湿成分 ヒト型セラミド
特徴

  • 美白有効成分のビタミンC誘導体と独自成分のエスクレシドが含まれているので、シミを予防・改善できる
  • 特許技術のヴァイタサイクルヴェールで肌表面を包み込むため、殺菌や乾燥などの外部刺激から守り、肌のバリア機能を高める
  • 保湿力の高いヒト型セラミドを配合しているので、角層の奥まで潤いを与える
こんな人におすすめ!
  • シミの予防、改善したい人
  • 高い保湿力を期待している人
  • 肌のバリア機能を高めたい人

2位 ホワイトロジー

価格 972円
返金保証 無し
美白有効成分成分 リノール酸S
保湿成分 グリセリン
特徴

  • 美白有効成分のリノール酸Sで、チロシナーゼを分解し、メラニンの生成を抑制するため、新たなシミを予防する
  • 保湿成分のグリセリンが配合されているため、肌に潤いを与え、保湿力を高める
  • 独自技術で美白有効成分を包み込んでいるため、肌トラブルの元まで浸透することができる
こんな人におすすめ!
  • シミの予防に力を入れたい人
  • 手軽な価格で美白クリームを使用してみたい人

3位 ビーグレン ホワイトケア

価格 1,944円
返金保証 365日
美白有効成分成分 ハイドロキノン
保湿成分 グリセリン
特徴

  • 医薬部外品ではないが、肌の漂白剤といわれるハイドロキノンを独自技術で包み込んで配合しているため、高い美白効果が期待できる
  • 美白効果が高い反面、紫外線に当たるとメラノサイトの働きが低下する可能性があるため、寝る前のみに使用することがおすすめ
  • βホワイトの働きで、明るくなった肌を保つのに効果的
こんな人におすすめ!
  • 美白有効成分以外の成分で、シミを改善したい人
  • 肌の明るさを保ちたい人

3.美白クリームを使用する際の注意点

美白クリームを使う時は、使用するタイミングに注意しましょう。

それは、商品によって夜のみに使用するものがあるためです。

夜のみに使用する美白クリームを日中に使うと、今あるシミを濃くしてしまう可能性があります。

その理由は、夜用の美白クリームには、メラニンの生成を抑えるために、メラノサイトの働きを弱める成分を配合している場合があるからです。

メラノサイト本来の働きは、紫外線のダメージをメラニンに変化させ、肌内部から排出し、肌細胞を守ることです。

しかし、メラノサイトの働きが低下すると、紫外線のダメージを直で受けてしまい、色素沈着を起こしたメラニンを悪化させてしまう可能性があります。

そのため、美白クリームは商品によって、いつ使用するものなのか確認することが大切です。

4.美白クリームがシミを改善させるメカニズム

美白クリームは、主に下記のいずれかの方法でシミにアプローチします。

・活性酸素の除去
・チロシナーゼの活性を抑制
・メラニンの還元

それぞれのアプローチ方法について、詳しく紹介します。

・活性酸素の除去

紫外線が肌に当たると、活性酸素が大量に発生し、肌細胞にダメージを与えてしまいます。

肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌され、メラノサイトにメラニンを生成するように指示を出します。

美白クリームにビタミンC誘導体やフラーレンが配合されていると、活性酸素を除去し、メラニンの生成を予防することができます。

・チロシナーゼの活性を抑制

紫外線の影響で、肌細胞を守るために情報伝達物質が分泌されると、メラノサイトにメラニンを作るように指令を出します。

指令を受け取ったメラニンは、チロシン(アミノ酸の一種)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活性化させます。

すると、チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化させてしまうのです。

美白クリームにビタミンC誘導体やアルブチン、リノール酸Sなどが配合されているとチロシナーゼの活性を抑制し、メラニンを生成を防ぐことができます。

・メラニンの還元

外部刺激の影響で生成されたメラニンは、通常ターンオーバーによって排出されます。

しかし、日常的に紫外線を浴びたり、ターンオーバーが乱れたりしているとメラニンの排出が困難になってしまいます。

メラニンが肌内部に残っていると、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、シミとして肌表面現れてしまうのです。

美白クリームにビタミンC誘導体が配合されていると、黒くなったメラニンを無色化し、今あるシミを改善することができます。

5.まとめ

今回は、シミの改善におすすめの美白クリームとその選び方、美白クリームが染みに働きかけるメカニズムなどを紹介しました。

美白クリームは、美白有効成分と保湿力の高い成分が配合されている商品を選ぶことが大切です。

美白クリームを使用して、シミなどの肌悩みを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白クリーム

商品名 医薬部外品 美白有効成分 保湿成分
おすすめディセンシア サエル ビタミンC誘導体 ヒト型セラミド
ホワイトロジー クリーム リノール酸 グリセリン
ビーグレン ハイドロキノン グリセリン
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ