あなたは、ディセンシアのサエルに関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • サエルってどんな化粧品?
  • サエルを最安値で購入する方法は?
  • サエルはどんな人におすすめなの?
  • サエルの口コミは?

このページでは、サエルの最安値情報や口コミ、おすすめの人などを紹介していきます。

1.サエルの最安値情報

サエルのトライアルセットの最安値情報を紹介します。

販売場所 価格 返金保証
おすすめ!公式サイト 1,480円 30日間
楽天 5,944円
Amazon

※価格は税込みの値段です。

サエルを最安値で購入できるのは、公式サイトです。

公式サイトで購入すると、送料・手数料も無料なので本商品以外の費用はかかりません。

また、公式サイトで購入すると30日間の返品保証付きなので気軽に注文することができます。

2.サエルの特徴とメリット・デメリット


サエルの特徴は、こちらです。

  • 新たなシミの予防力が高い
  • ストレスで発生した活性酸素も分解し、シミの増加・バリア機能の低下を防ぐ
  • くすみをケアするのにも効果的
  • 特許技術で肌表面を包み込むため、外部刺激や水分蒸発を防ぐ
  • 高保湿をナノ化して配合しているため、肌の奥まで潤いを与えることができる
  • 敏感肌専用に作られた肌に優しい美白化粧品

サエルは、美白有効成分のアルブチンとトラネキサム酸が配合されています。

そのため、メラノサイトやチロシナーゼの働きを抑制し、新たなシミを予防するのに効果的です。

また、敏感肌用に向けて作られた商品なので、肌質が弱い人でも安心して使用することができます。

2-1.サエルのメリット

サエルのメリットは、以下の5つです。

メリット

  • シミの予防力が高い
  • 敏感肌特有の3色のくすみをケアするのに効果的
  • 高保湿成分のヒト型セラミドが配合されているので、角層の隅々まで潤いを与える
  • 特許技術によって肌表面を包み込むため、肌のバリア機能をサポートし、外部刺激や水分蒸発を防ぐ
  • 敏感肌専用に作られた肌に優しい美白化粧品

サエルは、独自のホワイトサイクルシステムが処方されています。

ホワイトサイクルシステムとは、弱った角層をサポートしながらシミやくすみをケアすることができる作用のことです。

紫外線やストレスなどで敏感になった肌をヴァイタサイクルヴェール(独自技術)でサポートし、2種の美白有効成分で新たなシミを予防する効果が期待できます。

また、シモツケソウエキスなどの有効成分によって、乾燥による赤ぐすみや青ぐすみ、黄ぐすみをケアするのにも効果的です。

2-2.サエルのデメリット

サエルのデメリットは、以下の2つです。

デメリット

  • 高保湿成分が配合されているため、脂性肌の人はしつこく感じる可能性がある
  • 今あるシミの改善力が怠る

2-1.でもお話ししたように、サエルには高保湿成分のセラミドナノスフィア(ヒト型セラミド)が配合されています。

そのため、油分の多い脂性肌の人が使用すると、べたつきを感じる場合があります。

また、サエルは新たなシミの予防力が高い美白化粧品なので、今あるシミの改善力が怠ります。

2-3.サエルはこんな人におすすめ

サエルは、以下のような人におすすめです。

こんな人におすすめ!
  • 新たなシミの予防力が高い美白化粧品を使用したい人
  • ストレスによってできるシミやくすみも予防したい人
  • 赤ぐすみや青ぐすみ、黄ぐすみもケアしたい人
  • 肌質が弱いけど、美白ケアしたい人
  • 高保湿成分の美白化粧品を使用したい人
  • 肌の負担となる成分を含んでいない美白化粧品を使用したい人

サエルのトライアルセットについては、こちらのページに詳しく紹介しています。

3.サエルの購入方法


サエルは、通販サイト限定で販売されているため、薬局など市販では購入することができません。

主に2つの通販サイトから購入することができます。

  • 公式サイト
  • 楽天

それぞれの価格や送料、手数料などを比較してみました。

販売場所 価格 送料 手数料
おすすめ!公式サイト 1,480円
楽天 5,944円 ※1 ※2

※価格はトライアルセットの税込み価格です。
※1.楽天のメール便は送料無料ですが、宅配便の場合は別途料金が発生します。
※2.お支払い方法が楽天バンク決済の場合は、手数料が発生します。

比較してみると、圧倒的に公式サイトの方が最安値で購入することができます。

また、公式サイトで購入すると送料・手数料が無料です。

4.サエルの口コミ


サエルを実際に使った人の口コミについて紹介します。

口コミ1

敏感肌なので最初は刺激がないか不安でしたが、1週間お試ししても肌が荒れることはありませんでした。
付けた後すぐに肌がワントーン明るくなった気がしました。
しっかりと保湿もされているので、これは続けたいと思いました。

口コミ2

トライアルセットで化粧水と美容液、クリーム、CCクリームを使用した結果、肌がワントーン明るくなり、キメも整った気がします。
刺激もなく、赤みや痒みも出ませんでした。

口コミを見ていると、敏感肌でも肌に刺激を感じることがなかったため、安心して使用することができたとの意見が多く書かれていました。

また、シミだけではなく、くすみも改善されたことによって、肌全体のトーンが明るくなったなどの口コミも見受けられました。

5.シミができるメカニズムとサエルの美白効果


シミができるメカニズムとサエルの美白効果について紹介します。

5-1.シミができるメカニズム

シミができる主な原因は、紫外線です。

紫外線が肌に当たって、シミができるまでのメカニズムを図にまとめました。

  1. 紫外線が肌に当たると、活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与えてしまう
  2. 肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌される
  3. 情報伝達物質は、メラノサイトにメラニンを作るよう指示を出す
  4. メラノサイトは、最初にチロシン(アミノ酸)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活性化させる
  5. チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまう

上記のメカニズムによって、シミの原因元であるメラニンが生成されるのです。

メラニンは、通常ターンオーバーによって排出されます。

しかし、加齢や不規則な生活習慣を送っていると、メラニンの排出が困難になり、肌内部に残ってしまいます。

すると、いずれ色素沈着を起こしてメラニンが黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

5-2.サエルの美白効果

サエルは、主に3つの美白効果が期待できます。

  • メラノサイトの働きを抑制
  • チロシナーゼの働きを抑制
  • 肌内部の炎症を抑制

それぞれの美白効果について、以下で詳しく紹介します。

メラノサイトの働きを抑制

5-1.でもお話ししたように、シミができる主な原因は紫外線です。

紫外線が肌に当たると、活性酸素から肌細胞を守るために情報伝達物質が分泌されます。

すると、情報伝達物質はメラノサイトにメラニンを生成するように指示を出してしまうのです。

サエルには、メラノサイトの働きを抑制するアルブチンが含まれています。

そのため、サエルを使用するとメラノサイトの働きが抑制され、新たなシミを予防する効果が期待できます。

チロシナーゼの働きを抑制

紫外線の影響で活性酸素が発生すると、情報伝達物質が分泌され、メラノサイトにメラニンを生成するように指示を出してしまいます。

指示を受けたメラノサイトは、チロシンを生成し、チロシナーゼを活発化させます。

すると、チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまうのです。

サエルには、チロシナーゼの働きを抑制するトラネキサム酸が含まれています。

そのため、サエルを使用すると、チロシンとチロシナーゼの結合を阻害し、メラニンの生成を防ぎ、新たなシミを予防するのに効果的です。

肌内部の炎症を抑制

サエルには、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが含まれています。

そのため、サエルを使用すると肌内部の炎症を抑制し、ニキビや吹き出物などを改善することもできます。

6.サエルの本商品情報


公式サイトで販売されているサエルの本商品価格を表にまとめました。

種類 価格
化粧水 定期価格:4,374円
通常価格:4,860円
美容液 定期価格:6,318円
通常価格:7,020円
クリーム 定期価格:4,860円
通常価格:5,400円

公式サイトでは、定期購入と通常購入があります。

定期購入するためには、ディセンシアの会員登録が必要です。

会員登録は無料なので気軽に登録することができます。

また、会員登録すると以下の特典が付いています。

  • 日本全国送料が無料
  • 振込手数料が無料
  • 30日以内なら、使用後でも返品可能

これらの特典を無料で受けることができるため、公式サイトでの購入がおすすめです。

7.まとめ


今回は、サエルの最安値情報や口コミ、おすすめの人などを紹介しました。

サエルの特徴は、新たなシミを予防しながら、赤みや痒みなどの肌内部の炎症を改善できることです。

また、敏感肌や乾燥肌の人に向けて作られた美白化粧品なので、肌の弱い人でも安心して使用することができます。

サエルを使用して、肌悩みを改善させましょう。

美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ