1.デルメッドの美白効果と対応できるシミ、くすみの種類


デルメッドの特徴その一は肌の糖化、黄ぐすみに対応していることです。

黄ぐすみはメラニンが原因で起こるものとは別の対応が必要なんですね。

もう一つの特徴としては肌の炎症を抑えることに配慮していることです。

炎症は肌への刺激となり、メラノサイトを活発化させてしまいますので、美白の敵となります。

デルメッドの美白化粧品は、美白有効成分として厚生労働省が認可しているビタミンC誘導体やコウジ酸を配合した医薬部外品です。

また、黄ぐすみ対策にも効果のあるハマナス抽出エキスや抗炎症作用のあるキンギンカ抽出液も配合されています。

1-1.デルメッドの美白効果のメカニズム

美白の作用過程のうち、以下の段階で働いてくれます。

  • 肌への刺激を防ぐ
  • メラノサイトの働きを阻害する
  • メラニンの排出を促進する

肌への刺激を防ぐ

まずビタミンC誘導体には抗酸化作用がありますので活性酸素による肌の刺激を防ぐことができます。

また、ターンオーバーを促進する働きもありますので肌のバリア機能を正常化することを通じて肌を守るという働きもあります。

デルメッドに特徴的な成分としてキンギンカ抽出液が配合されていますがこれも抗酸化作用があることに加え、とくに炎症を防ぐ力が強いということで肌を刺激から守る働きがあります。

メラノサイトの働きを阻害する

こちらもビタミンC誘導体の働きですが、チロシンをメラニンに変えてしまう酵素であるチロシナーゼの働きを阻害してくれます。

また、メラニンの成長も抑制してくれます。

ホワイトニングクリームにはコウジ酸が配合されていますが、これもチロシナーゼの働きを阻害してくれます。

メラニンの排出を促進する

ビタミンC誘導体は肌のターンオーバーを促進してくれるということですのでメラニン排出も促してくれるということになります。

1-2.デルメッドが対応できるシミ


強力な美白成分が配合されているというわけではありませんのでシミに対しては予防的に使っていくのが良さそうです。

老人性色素斑

一般的にシミといえばこれのことです。

長年の肌へのダメージが現れたものですね。

デルメッドの美白化粧品で対応できます。

炎症性色素沈着

ニキビ跡などがわかりやすい例ですね。対応できます。

ただし、肌のダメージが大きすぎる場合は難しいです。

雀卵斑(ソバカス)

遺伝と紫外線による刺激で現れることが多いようです。対応できます。
・肝斑
40代以降の女性に特によく見られるものです。対応できます。

花弁状色素斑

短期的に大量の紫外線を浴びてしまった時などに現れます。

対応できます。これも、肌のダメージが大きすぎる場合は難しいです。

脂漏性角化症

「年寄りイボ」とも呼ばれるものです。対応できません。

1-3.デルメッドが対応できるくすみ


ビタミンC誘導体が肌のターンオーバーを促進してくれるということで古い角質の除去やメラニン排出に役立ってくれて、くすみ改善につながると考えられます。

ただ、デルメッドの特徴としては、ハマナス抽出エキスを用いることで、黄ぐすみ改善も期待できるということですね。

メラニンぐすみ

メラニンが肌にたまることでトーンダウンしてしまう現象です。

対応できます。

古い角質による肌のくすみ

ターンオーバーの衰えや間違った洗顔によって古い角質がたまります。

対応できます。

老化による肌のくすみ

肌の老化によって上記2つのことがどちらも起こります。

対応できます。

黄ぐすみ

肌のタンパク質の糖化などによって引き起こされると考えられています。

対応できます。

2.デルメッドがおすすめの年代と肌質


デルメッドがおすすめの年代と肌質を紹介します。

2-1.おすすめの年代

くすみの気になる30代以上の女性におすすめです。

特に黄ぐすみが気になる40代以上の女性に適しています。

2-2.おすすめの肌質

どんな肌質の人にもおすすめできますが、キンギンカ抽出液など、炎症防止に力を注いでいる点で敏感肌の人に特におすすめできます。

3.デルメッドのトライアルセット

デルメッドのトライアルセットは「美白おためしセット」という名前です。
その内容は以下のとおりです。

  • ホワイトニングローション36ml
  • ホワイトニングエッセンス12ml
  • ホワイトニングミルク12ml
  • ホワイトングUVベイス8ml

量としては14日分となっています。

また、オマケとして次回の購入から使える「お得な割引クーポン」がついてきます。

これだけの内容で価格は1,575円です。送料は無料です。

美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る