あなたは、美白美容液に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • シミの改善におすすめの美白美容液はどれ?
  • シミを改善する美白美容液の選び方は?

このページでは、シミの改善におすすめの美白美容液とその選び方、美白美容液がシミに働きかけるメカニズムなどを紹介していきます。

1.シミの改善におすすめの美白美容液ランキング


シミを改善する美白美容液を選ぶ際は、以下のポイントに注意して選びましょう。

  • シミを改善する美白有効成分を含んでいる
  • 浸透力が高い

上記のポイントに当てはまるおすすめの美白美容液はこちらです。

商品名 美白有効成分 浸透力
おすすめ!アスタリフトホワイト
ビーグレン
アンプルール

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位 アスタリフトホワイト エッセンスインフィルト

価格 1,000円
(税込:1,080円)
美白有効成分 ビタミンC誘導体
浸透力
特徴

  • ビタミンC誘導体の働きによって、今あるシミを改善しながら新たなシミも予防することができる
  • 有効成分をナノ化して配合されているので、肌の奥深くまで成分を浸透させることが可能
  • アスタキサンチンも含んでいるため肌のハリを取り戻すことができる
  • 3種のコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分で、肌に潤いを与える
こんな人におすすめ!
  • シミを改善しながら、新たなシミも予防したい人
  • 美白ケアだけではなく、エイジングケアも行いたい人

2位 ビーグレン Cセラム

価格 1,800円
(税込:1,944円)
美白有効成分 ビタミンC
浸透力
特徴

  • 高濃度のビタミンCによってメラニンを還元し、今あるシミを改善する
  • 超微小のカプセルで有効成分を包み込んでいるため、角層の隅々まで成分を浸透させることができる
  • サラッとしたテクスチャーなので、べたつかない
  • 365日の返金保証が付いているので、気軽に始められる
こんな人におすすめ!
  • 肌にべたつかない美白美容液を使用したい人
  • 返金保証が付いている美白美容液を使用したい人

3位 アンプルール コンセントレートHQ110

価格 1,890円
美白有効成分 ハイドロキノン
浸透力
特徴

  • 美白効果の高いハイドロキノンの働きで、今あるシミを素早く改善する
  • ハイドロキノンを安定化させ、マイクロカプセルで包み込んでいるため、肌への負担を軽減している
  • スポットタイプの美白美容液なので、気になるシミを集中的にケアできる
こんな人におすすめ!
  • 気になるシミを集中的に美白ケアしたい人
  • 肌への負担を軽減したハイドロキノン配合の美白美容液を使用したい人

2.シミを改善する美白美容液の選び方


先ほど紹介したシミを改善する美白美容液を選ぶ際のポイントについて詳しく紹介します。

2-1.シミを改善する美白有効成分を含んでいる

美白有効成分とは、美白効果や安全性を厚生労働省が認可した成分のことです。

現在では、約20種類あります。

その中で、シミの改善におすすめの成分はこちらです。

美白有効成分 表示名
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
ビタミンC ・L-アスコルビン酸
・アスコルビン酸
・V.C
プラセンタエキス ・プラセンタエキス
4MSK ・4MSK

上記の成分の中でも、特におすすめなのはビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、今あるシミを改善するだけでなく、新たなシミを予防することができます。

ビタミンC誘導体がシミに働きかけるメカニズムについてはこちらのページに詳しく紹介しています。


参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

今回紹介したおすすめの美白美容液に配合されている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
おすすめ!アスタリフトホワイト ・ビタミンC誘導体
ビーグレン ・ビタミンC
アンプルール ・アルブチン

3つの商品を比較してみると、ビタミンC誘導体が配合されているのはアスタリフトホワイトです。
そのため、アスタリフトホワイトを使用すると今あるシミを改善しながら、新たなシミを予防することができます。

2-2.浸透力が高い

美容液は、保湿成分や美白成分など多くの有効成分が含まれています。

そのため、浸透力が高い美容液を使用して、美白有効成分を肌の奥深くまで浸透させることが大切です。

有効成分を独自技術で包み込んでいたり、ナノ化したりしていると高い浸透力が期待できます。

パッケージや公式サイトに何も書かれていない場合は、美容液を手に付けてみてしっとりと感じれば浸透力が高いといえます。

今回紹介したおすすめの美白化粧品の浸透力を比較してみました。

商品名 浸透力
おすすめ!アスタリフトホワイト
ビーグレン
アンプルール

商品を比較してみると、全て有効成分をナノ化したり独自技術で包み込んだりして配合されているため、高い浸透力が期待できます。

3.シミができるメカニズムと美白美容液の効果


シミができるメカニズムと美白美容液の効果について紹介します。

3-1.シミができるメカニズム

シミができる主な原因は、紫外線です。

紫外線が肌に当たってシミを生成するまでのメカニズムについて、図にまとめました。

  1. 紫外線が肌に当たると、活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与えてしまう
  2. 肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌される
  3. 情報伝達物質は、メラノサイトにメラニンを作るよう指示を出す
  4. メラノサイトは、最初にチロシン(アミノ酸)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活性化させる
  5. チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまう

上記の流れでシミの原因元であるメラニンが生成されるのです。

通常、ターンオーバーによってメラニンは排出されます。
しかし、加齢や不規則な生活習慣を送っていると、ターンオーバーが乱れ、メラニンの排出が困難になってしまいます。
すると、いずれ色素沈着を起こしてメラニンが黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

3-2.美白美容液の効果

美白美容液は、主に2つの美白効果が期待できます。

  • 新たなシミを予防する
  • 今あるシミを改善する

それぞれの効果について、下記で詳しく紹介します。

新たなシミを予防する

3-1.で紹介したように、シミができる主な原因は紫外線です。

以下の成分が含まれていると、紫外線に当たっても新たなシミを予防する効果が期待できます。

アプローチ方法 おすすめの成分※
活性酵素の除去と抑制 ・ビタミンC
・ビタミンC誘導体
情報伝達物質を抑制 ・カモミラET
・T-AMCHA
チロシナーゼの活性と合成を抑制 ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・ルシノール
・リノール酸
メラノサイトを抑制 ・トラネキサム酸
・ピュールブラン

※美白有効成分のことです。

上記のように、シミを予防するためには活性酸素を除去したりチロシナーゼの働きを抑制したりするなど様々なアプローチ方法があります。

また、シミに働きかける詳しいメカニズムについてはこちらのページで詳しく紹介しています。


参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

今あるシミを改善する


シミの原因元であるメラニンは、もともと無色です。

しかし、加齢や不規則な生活習慣を送っているとメラニンが排出されず、色素沈着を起こしてシミとして肌表面に現れてしまうのです。

今あるシミを改善するアプローチ方法は、主に2つあります。

アプローチ方法 おすすめの成分※
メラニンの排出促進 ・プラセンタエキス
・4MSK
メラニンの還元 ・ビタミンC
・ビタミンC誘導体

※美白有効成分のことです。

このように、美白美容液はメラニンの排出促進や還元作用で今あるシミを改善することができます。

4.美白美容液で改善できるシミの種類


美白美容液で改善できるシミの種類について紹介します。

シミは、主に6種類あります。

シミの種類 美白化粧水の効果
老人性色素斑
脂漏性角化症
雀卵斑(そばかす)
炎症性色素沈着
肝斑
花弁状色素斑

美白美容液で改善できるシミについて、下記で詳しく紹介します。

4-1.老人性色素斑

老人性色素斑

特徴

  • シミの中で最も多い種類
  • 紫外線の影響でできやすい
  • ごく初期のうっすらとしたシミには美白化粧品でも改善できる
見分け方

  • 頬骨の高い位置にできている
  • 数mm〜数十mm大の丸い色素斑
  • でき始めは薄い茶色だが、次第に濃くはっきりとしくる

4-2.雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(そばかす)

特徴

  • 一般的に小さいシミのことだが、厳密には遺伝的なシミのこと
  • 10代の頃からでき始め、色白の人に比較的多く見受けられる
  • 遺伝的な要素が強すぎると、美白化粧品で改善するのは困難
見分け方

  • 小さな茶色いシミが鼻を中心に散らばるようにできる
  • シミの形は、三角や四角になっている

4-3.炎症性色素沈着

炎症性色素沈着

特徴

  • 黒化したメラニンが正常に排出されず、肌内部に残ってシミになったもの
  • 洗顔やクレンジングの際に強い力でこすると炎症を起こしてシミができる可能性もある
  • シミの中でも最も美白化粧品が効果的
見分け方

  • ニキビ跡や傷跡が茶色くなってシミとして残っている
  • 毛を毛抜きで抜いた後に毛穴が黒く跡に残る

4-4.肝斑

肝斑

特徴

  • 女性ホルモンのバランスが崩れた時にできやすい
  • 妊娠中やピルを使用した際に見受けられる
  • 美白化粧品が効果的なシミ
見分け方

  • 頬骨のあたりにモヤモヤッと左右対称にできることが多い
  • 色は茶色や灰色など様々なタイプがある

5.まとめ


今回は、シミの改善におすすめの美白美容液とその選び方、美白美容液の効果やシミができるメカニズムなどを紹介しました。

美白美容液でシミを改善したい人は、ビタミンC誘導体やビタミンCなどのシミを改善する美白有効成分が含まれた商品を選びましょう。

また、浸透力が高い美白美容液を選ぶと、肌の奥深くまで有効成分を浸透させることができます。

美白美容液を使用して、今あるシミを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白美容液一覧

商品名 美白有効成分 浸透力
おすすめ!アスタリフトホワイト
ビーグレン
アンプルール
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ