あなたは、ハイドロキノンの美白化粧品について以下のような疑問を持っていませんか?

「ハイドロキノンを配合しているおすすめの美白化粧品はどれ?」
「ハイドロキノンは、副作用があるの?」

このページでは、ハイドロキノンを配合しているおすすめの美白化粧品、ハイドロキノンの効果や副作用など詳しく紹介します。

1.ハイドロキノンを配合しているおすすめの美白化粧品


ハイドロキノンを配合しているおすすめの美白化粧品を表にまとめました。

商品名 価格 美白成分
アンプルール ラグジュアリーホワイト 1,890円 新安定型ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチン
ビーグレン ホワイトケア 1,944円 ハイドロキノン、VCエチル(ビタミンC誘導体)

※7日間分のトライアルセットの税込価格です。

それぞれの商品について、下記で詳しく紹介します。

アンプルール ラグジュアリーホワイト

価格 1,890円
返金保証 ×
美白成分 新安定型ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチン
特典 1,000円割引券付き
特徴

  • 新安定型ハイドロキノンに変化させているので、肌への刺激が少ない
  • アルブチンの働きで、シミやくすみの原因であるメラニンの過剰生成を抑制する効果も期待できる
  • 保湿効果の高いヒアルロン酸を配合しているので、肌に潤いを与える作用もある
こんな人におすすめ!
  • 低刺激性のハイドロキノンを使用したい人
  • 高い保湿効果も期待している人

ビーグレン ホワイトケア

価格 1,944円
返金保証 365日
美白成分 ハイドロキノン、VCエチル(ビタミンC誘導体)
特典 ×
特徴

  • 独自技術でハイドロキノンを肌トラブルの元まで浸透させる効果が期待できる
  • 有効成分を長時間肌の中で留まらせる働きがあるため、美白効果を持続させることが可能
  • ホメオシールドの働きで、荒れた肌をケアし、キメを整えるのにも効果的
こんな人におすすめ!
  • 高い美白効果を期待している人
  • 荒れた肌も改善させたい人

2.ハイドロキノンの効果や副作用について


ハイドロキノンとは何か、効果、他の成分との違い、副作用、使用する場合の注意点を詳しく紹介します。

2-1.ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは還元作用があるため、写真の現像やゴムの酸化防止剤として使用されていました。

ある時、写真を現像していた人の手が白くなったことから、ハイドロキノンには漂白作用もあることが判明したのです。

昔は安全性が確立されていなかったため、医師のみが処方できる成分でした。

しかし、ハイドロキノンの濃度が4%以下なら発がん性や白斑の危険性が無いと確認され、2002年に薬事法が改定されました。

それから、市販の化粧品にもハイドロキノンを配合することが可能になったのです。

2-2.ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンは、シミやくすみを予防、改善する効果が期待できます。

なぜなら、チロシナーゼ阻害作用とメラニンの還元作用を持っているためです。

それぞれの作用について、下記で紹介します。

チロシナーゼ阻害作用

肌に紫外線などの外部刺激が当たると、表皮細胞からエンドセリンという情報伝達物質が分泌されます。

エンドセリンは、メラノサイトに届き、シミやくすみの原因物質であるメラニンを作れと指令を出します。

メラノサイトに指示が届くと、チロシン(アミノ酸)がチロシナーゼ(酸化酵素)の働きで、シミの原因であるメラニンに変化させてしまうのです。

ハイドロキノンは、チロシンにチロシナーゼの働きが加わらないように阻害する働きがあるため、新たなシミの生成を予防する効果が期待できます。

メラニンの還元作用

元々のメラニンの働きは、外部刺激から肌細胞を守ることです。

しかし、紫外線などの外部刺激が多くなると、メラニンを過剰生成してしまいます。

過剰に生成されたメラニンは、ケラチノサイトに溜まって色素沈着を起こし、シミとなって肌表面に現れてしまう危険性があるのです。

ハイドロキノンには還元作用があるので、メラニンが色素沈着しても無色化し、シミやくすみを改善させることができます。

2-3.他の美白成分との違い

ハイドロキノンと同じく、ビタミンC誘導体にはシミやくすみを予防、改善することが可能です。

同じ効果が期待できますが、アプローチの仕方は異なります。

ハイドロキノンは、色素沈着したメラニンに直接働きかけて無色化させるのに効果的です。

そのため、濃度や肌質によって異なりますが、約2週間~1ヶ月でシミやくすみを改善させます。

一方、ビタミンC誘導体はターンオーバーを促進させ、色素沈着したメラニンを徐々に外へ排出する効果が期待できます。

ターンオーバーは約28日周期ですが、メラニンは肌の奥深い場所に溜まっているため、約3ヶ月かけてシミやくすみを改善させます。

上記のように、同じ効果が期待できても、シミやくすみを改善させる時間が違う可能性があるのです。

早くシミやくすみなどを改善させたい方は、ハイドロキノン配合の美白化粧品を使用しましょう。

2-4.ハイドロキノンの副作用


ハイドロキノンが肌に合わない場合、次のような副作用が起こる可能性があります。

  • 皮膚の赤み
  • かゆみやかぶれ
  • 白斑※
  • ヒリヒリとした熱感

※白斑とは、皮膚に白い斑点が生じること。

このような副作用を起こさないために、使用する前は必ずパッチテストを行ってください。

また、本商品を購入する前にトライアルセットでお試しすることがおすすめです。

トライアルセットには、万が一肌に合わなかったら返金してもらえる保証が付いている商品もあるので安心して注文できます。

2-5.ハイドロキノンの注意点

ハイドロキノンを使う際には、次の7つの点に注意するようにしましょう。

  • 酸化した化粧品は使用しない
  • 紫外線対策を行う
  • 長期間の使用は避ける
  • 気になる部分にのみ使用する
  • 妊婦さんや授乳中の方は使用を控える
  • 海外製品に注意する

それぞれの詳しい内容は以下のようになっています。

酸化したものは使用しない

ハイドロキノンは、とても不安定な成分です。

保管状態が悪いと、すぐに酸化してしまい、ベンゾキノンという成分に変化します。

ベンゾキノンとは、キノンとも呼ばれる刺激の強い化合物のことです。

そのため、酸化したハイドロキノンを塗ってしまうと、肌への刺激が強いので、赤みやかゆみなどを起こす可能性があります。

また、低濃度のハイドロキノンにも関わらず肌荒れなどの症状が起こった場合は、酸化による副作用が原因かもしれません。

特に、化粧品が茶色に変色しているものは、酸化が進んでいる印なので、使用しないようにしてください。

ハイドロキノンが含まれている化粧品は、高温多湿を避け、冷暗所(冷蔵庫など)で保存するようにしましょう。

紫外線対策を行う


ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニンを過剰に作らせない働きを持っています。

しかし、このメラニン本来の働きは、紫外線から肌を守ることです。

ですので、ハイドロキノンを使用中に紫外線を浴びてしまうと、メラニンが抑制されているため、逆に肌細胞を傷つけてシミを作ってしまう可能性があります。

このことを防ぐために、ハイドロキノン配合の化粧品を使った後に外出する際には、日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

長期間の使用は避ける

ハイドロキノン配合の化粧品は、2~3ヶ月使用したら1ヶ月程度は使用を控えるようにしましょう。

低濃度であっても、3ヶ月を超えて使用を続けた場合、メラニンを形成する細胞が低下してしまい、肌の色素合成が阻害され、白斑が生じる可能性があります。

そのため、一旦クールダウンをする時間を持つことが大切です。

気になる部分にのみ使用する


シミがない部分に塗ってしまうと、ハイドロキノンの漂白作用によって、他の皮膚よりも色が白くなってしまう可能性があります。

特に高濃度配合されたものを使用する場合は、シミのみに塗るようにして、周囲の皮膚へは使用しないようにすることが大切です。

なお、綿棒を使用して塗ると、細かい部分にも丁寧に塗ることができるのでおすすめです。

妊婦さんや授乳中の方は使用を控える

妊娠中の方は、ホルモンバランスが不安定なため、ハイドロキノンの副作用でシミが増幅したり、皮膚がただれたりするリスクがあります。

また、授乳中にハイドロキノンの化粧品を塗ってしまうと、万が一赤ちゃんが肌に触れた時にアレルギー反応が起きてしまう可能性があります。

さらに、授乳中で怖いのが、うっかり放置してしまったハイドロキノン入りの化粧品を赤ちゃんが口にしてしまうことです。

経口摂取による副作用は、めまい、嘔吐、吐き気、頭痛、痙攣などがあります。

使用しているハイドロキノン配合の化粧品がある場合は、必ず子どもの手が届かないところに保管するようにして下さい。

海外製品に注意する

海外で製造された化粧品は、高濃度でハイドロキノンが含まれている場合があります。

ハイドロキノンは、濃度が高いほど美白効果が上がりますが、その一方で副作用のリスクも高くなってしまいます。

そのため、海外製の化粧品はハイドロキノンの濃度に注意してください。

3.まとめ

今回は、ハイドロキノンが配合されているおすすめの美白化粧品を紹介しました。

同じハイドロキノンが配合されている美白化粧品でも、肌の質によって合う方と合わない方がいます。

そのため、トライアルセットでいろいろ試してみて自分の肌に合う商品を探すのがおすすめです。

ハイドロキノンが配合されている美白化粧品で、透明感のある肌を手に入れましょう。

今回紹介したハイドロキノンが配合されているおすすめの美白化粧品一覧

商品名 価格 美白成分
アンプルール ラグジュアリーホワイト 1,890円 新安定型ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチン
ビーグレン ホワイトケア 1,944円 ハイドロキノン、VCエチル(ビタミンC誘導体)

※7日間分のトライアルセットの税込価格

美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る