あなたは、シミ取りレーザー治療の美容外科に関して以下のような疑問を持っていませんか?

「シミ取りレーザー治療がおすすめの美容外科はどこ?」
「シミ取りレーザー治療の美容外科を選ぶ際のポイントは?」

このページでは、シミ取りレーザー治療がおすすめの美容外科とその選び方、シミ取りレーザー治療のメリット・デメリットなどを紹介していきます。

1.シミ取りレーザー治療がおすすめの美容外科ランキング


シミ取りレーザー治療の美容外科を選ぶ際は、以下のポイントを抑えて選びましょう。

・低価格で通院できる
・シミ取りレーザー機の種類が多い
・アフターケアに関して気軽に相談できる

これらのポイントに当てはまるおすすめの美容外科はこちらです。

クリニック 価格 レーザー機 アフターケア
湘南美容外科
品川美容外科
シロノクリニック

それぞれの美容外科について、おすすめ順に以下で詳しく紹介します。

1位 湘南美容外科

湘南美容外科クリニック
価格 2,430円~
カウンセリング 無料
レーザー機の種類 5種類
アフターケア
特徴

  • 最新のレーザー機でシミを改善することが可能
  • リーズナブルな価格でレーザー治療を受けることができる
  • 短時間で施術が終わるので、気軽に治療してもらえる
  • 施術後、不安事があれば無料で診察や薬を処方してもらえる
こんな人におすすめ!
  • リーズナブルな価格でシミ取りレーザー治療を受けたい人
  • 短時間で施術ができるレーザー治療を受けたい人
  • 最新のレーザー機で治療したい人

2位 品川美容外科

価格 2,800円~
(税込:3,024円~)
カウンセリング 無料
レーザー機の種類 9種類
アフターケア
特徴

  • シミ取りレーザー機が9種類と豊富に揃っている
  • 20時まで診療している医院もあり
  • 医療機関アワード2017の最優秀賞を受賞した満足度が高い美容外科
こんな人におすすめ!
  • 仕事帰りなどに寄れる診療時間が長い美容外科で治療したい人
  • 様々なシミに対応できるシミ取りレーザー機がある美容外科で治療したい人

3位 シロノクリニック

価格 5,000円~
(税込:5,400円~)
カウンセリング 無料
レーザー機の種類 8種類
アフターケア
特徴

  • 治療後、すぐに化粧をすることができるレーザー治療がある
  • 美白化粧品のドクターシーラボの開発社でもあるため、スキンケアに関して圧倒的なノウハウを持っている
  • アフターケアを重点に置き治療を行っている
  • 駅から徒歩10分以内で通いやすい
こんな人におすすめ!
  • 治療後、すぐに化粧ができるシミ取りレーザー治療を受けたい人
  • アフターケアに重点を置いている美容外科でレーザー治療したい人

2.シミ取りレーザー治療を受ける美容外科の選び方


先ほど紹介した、シミ取りレーザー治療を受ける美容外科の選び方について詳しく紹介します。

2-1.低価格で通院できる

シミ取りレーザー治療でシミを改善するためには、通院する必要がある美容外科が多く見受けられます。

そのため、経済的に無理のない美容外科を選ぶことが大切です。

今回紹介したおすすめの美容外科の価格を比較してみました。

美容外科 価格
湘南美容外科 2,430円~
品川美容外科 3,024円~
シロノクリニック 5,000円~

3つの美容外科を比較してみると、1番低価格でシミ取りレーザー治療を受けることができるのは湘南美容外科です。

また、シミ取りレーザー治療のトライアルがあるため、初めての人でも気軽に受けることができます。

2-2.シミ取りレーザー機の種類が多い

シミ取りレーザーで改善できるシミは、機械によって異なります。

そのため、いろいろな種類のシミ取りレーザー機を扱っている医院なら様々なシミに対応することができます。

今回紹介したおすすめの美容外科で取り扱われているシミ取りレーザー機を比較してみました。

美容外科 レーザー機の種類
湘南美容外科 5種類
品川美容外科 9種類
シロノクリニック 8種類

比較してみると、1番シミ取りレーザー機を多く取り扱っているのは品川美容外科です。

2-3.アフターケアに関して気軽に相談できる

シミ取りレーザー治療後のアフターケアに関して気軽に相談できる美容外科を選ぶこともポイントの一つです。

シミ取りレーザー治療後の肌は刺激にとても敏感になっており、紫外線などの外部刺激を受けやすくなっています。

この間にケアを怠ると、レーザー照射部分に色素沈着が起こり、逆にシミを悪化させてしまう危険性があります。

そのため、施術後に不安な点や気になることがあれば気軽に相談できる美容外科を選びましょう。

今回紹介したおすすめの美容外科の一つである湘南美容外科は、施術後に不安点があれば無料で診察してもらうことができます。

また、薬が必要な場合は無料で処方してもらえるので気軽に相談することができます。

3.シミ取りレーザー治療のメリット・デメリット


シミ取りレーザー治療のメリット・デメリットについて紹介します。

3-1.シミ取りレーザー治療のメリット

シミ取りレーザー治療のメリットは、素早くシミを改善できることです。

美白化粧品を使用した場合は、約3ヶ月じっくりと時間をかけてシミを改善します。

その反面、シミ取りレーザー治療なら約1週~4週間と短い期間でシミを改善することができます。

レーザー治療は、素早くシミを改善したい人におすすめです。

3-2.シミ取りレーザー治療のデメリット

シミ取りレーザー治療のデメリットは、シミを除去した部分に濃いシミができるリスクがあることです。

シミ取りレーザー治療を受けた直後は、肌がとても弱くなっています。

そのため、ちょっとした紫外線や摩擦でも肌にとっては刺激となり、炎症性色素沈着を引き起こす可能性があるのです。

シミの生成を防ぐためには紫外線ケアを行い、顔を洗う時もゴシゴシと刺激を与えないようにしましょう。

4.シミ取りレーザー治療を受ける際のポイント


シミ取りレーザー治療を受ける際のポイントはこちらです。

・レーザー治療後のダウンタイム中は、肌をしっかり守る
・レーザー治療は10月~3月頃に受ける

それぞれのポイントについて、以下で詳しく紹介します。

4-1.レーザー治療後のダウンタイム中は肌をしっかり守る

ほとんどのレーザー治療では、ダウンタイムという肌を安静にさせる期間が必要です。

ダウンタイム中の施術部分は、とても刺激に弱くなっています。
そのため、紫外線対策や保湿ケア、肌色テープを使って、外部の刺激から肌を守ることが大切です。

ダウンタイム中に、かさぶたができた場合は、無理に剥がさず、自然に落ちるまで待ちましょう。
また、洗顔や軽いシャワーはできますが、内出血をさせないために、激しい運動やサウナなどは術後10日間ほど控えてください。

4-2.レーザー治療は10月~3月頃に受ける

レーザー治療後の施術部分は、紫外線などの刺激にとても弱くなっています。
そのため、紫外線が弱まる10月~3月頃がレーザー治療を受けることがおすすめです。
上記の時期以外に治療する際は、保湿と紫外線のケアを入念に行い、幹部に刺激を与えないように気をつけましょう。

5.シミ取りレーザー治療の種類と効果を得られるシミの種類


シミ取りレーザー治療が行える機械は6種類あります。

・YAGレーザー
・Qスイッチルビーレーザー
・フォトRF
・フォトフェイシャル
・レーザートーニング
・炭酸ガスレーザー

それぞれの機械の特徴や改善できるシミの種類などを紹介します。

5-1.YAGレーザー

平均価格

  • 1cm四方で30,000円前後
特徴

  • 2種類の波長で、表皮と真皮にあるメラニンに働きかけてシミを改善する
  • 基本的には1回の治療で終わる
  • 妊娠中や授乳中、光線過敏体質の人など体質によっては照射できない
改善できるシミの種類
  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • 脂漏性角化症
  • 雀卵斑(そばかす)

5-2.Qスイッチルビーレーザー


平均価格

  • 2mm以下3,000円~5mm以内5,000円など価格差がある
特徴

  • 皮膚の深いところまで照射できるため、濃いシミの改善におすすめ
  • 治療後は1日1~2回軟膏を塗り、ガーゼなどで保護する必要がある
  • 最終的にシミが取れるのは手術から1週間~10日ほど
改善できるシミの種類
  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 脂漏性角化症
  • 花弁状色素斑

5-3.フォトRF


平均価格

  • 光の強さやレーザーを打つ回数によって変わる
特徴

  • 光を利用してメラニンに働きかけるレーザー機
  • 正常な組織を傷つけにくいため、比較的肌への刺激が少ない
  • 2~3週間空けて数回照射するため治療期間は長くなることが多い
  • 保険が適用されない治療法
改善できるシミの種類
  • 炎症性色素沈着
  • 雀卵斑(そばかす)

5-4.フォトフェイシャル


平均価格

  • 1回約16,000円
特徴

  • 様々な周波の光を顔全体に当てていく治療法
  • ダウンタイムがほとんどない
  • 顔全体か両頬のみか価格が異なる
  • 繰り返し数回照射することで改善できる
改善できるシミの種類
  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • 雀卵斑(そばかす)

5-5.レーザートーニング


平均価格

  • 約16,000円~37,000円で、価格差が激しい
特徴

  • 非常に弱いパワーの光を当てる治療法
  • 今までレーザー治療が不可といわれていた肝斑にも使用可能
  • コラーゲン生成も促進するため、ハリやキメにも効果的
  • 施術直後からメイクが可能
改善できるシミの種類
  • 炎症性色素沈着
  • 肝斑
  • 雀卵斑(そばかす)

5-6.炭酸ガスレーザー

平均価格

  • 9mm以内で約4500円
特徴

  • 炭酸ガスレーザーでシミを除去していく治療法
  • 局所麻酔をかけてから治療を行うため、麻酔をする時の痛みしかない
  • ほぼ1回の施術で綺麗に改善することができる
  • 治療後1週間~10日は塗り薬と絆創膏を貼る必要がある
改善できるシミの種類
  • 炎症性色素沈着
  • 肝斑
  • 脂漏性角化症

6.シミ取りレーザーでシミを改善できるメカニズム


シミ取りレーザーで、シミを改善するメカニズムについて紹介します。

1.シミの原因である蓄積されたメラニンをレーザーの熱で破壊する

2.レーザーによって破壊されたメラニンは老廃物になる

3.老廃物はターンオーバーによって上に押し出され、やがてかさぶたができる

4.レーザー治療後、約1週間でかさぶたが自然と剥がれ落ちる

5.かさぶたが剥がれるとピンク色の新しい皮膚ができ、約1ヶ月経つと皮膚に馴染んで分からなくなる

上記の流れで、シミを改善することができます。

7.シミができるメカニズム


シミができるメカニズムについて紹介します。

シミができる主な原因は、紫外線です。

紫外線が肌に当たって、シミができるまでのメカニズムを図にまとめました。

1.紫外線が肌に当たると、活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与えてしまう

2.肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌される

3.情報伝達物質は、メラノサイトにメラニンを作るよう指示を出す

4.メラノサイトは、最初にチロシン(アミノ酸)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活性化させる

5.チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまう

上記の流れでシミの原因元であるメラニンが生成されるのです。

通常、ターンオーバーによってメラニンは排出されます。
しかし、加齢や不規則な生活習慣を送っていると、ターンオーバーが乱れ、メラニンの排出が困難になってしまいます。
すると、いずれ色素沈着を起こしてメラニンが黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

8.シミ取りレーザー治療に関するQ&A


シミ取りレーザー治療に関して、よくある疑問をまとめました。

8-1.シミ取りレーザー治療の痛みはどのくらい?

個人差がありますが、シミ取りレーザー治療の痛みは「輪ゴムではじかれたような痛み」という意見が多く見受けられます。

医院によっては、麻酔や鎮痛薬を用いて施術することが可能な場合もあるので、心配な人は一度医師に相談してみましょう。

8-2.シミ取りレーザー治療が適した季節はいつ?

紫外線が比較的少なくなる秋から冬にかけて、もっとも適しています。

8-3.シミ取りレーザー治療はどれくらい通えばいいの?

通う回数は医院によって異なります。

2週間という医院もあれば、2,3ヶ月と通う必要がある医院もあります。

8-4.シミ取りレーザー治療は保険適用なの?

シミ取りレーザー治療は美容目的で行われることが多いため、保険適用外である医院が多く見受けられます。

9.まとめ

今回は、シミ取りレーザー治療がおすすめの美容外科とその選び方、シミ取りレーザー治療のメリット・デメリットなどを紹介しました。

シミ取りレーザー治療の美容外科を選ぶ際は、通院しても経済的に無理のないクリニックを選びましょう。

また、シミ取りレーザー機の種類が多いと様々なシミに対応できるのでおすすめです。

シミ取りレーザー治療で、肌悩みを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美容外科一覧

クリニック 価格 レーザー機 アフターケア
湘南美容外科
品川美容外科
シロノクリニック
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ