医薬部外品

オルビスのホワイトニングシリーズは、厚生労働省認可の美白有効成分としてビタミンC誘導体を配合した医薬部外品です。
単なるビタミンC誘導体でなく、速攻性のものと継続性のもの、2種類を用いているのが特徴的です。

美白のどの段階に有効か

美白の作用過程のうち、以下の段階で働いてくれます。

  • 肌への刺激を防ぐ
  • メラノサイトの働きを阻害する
  • メラニンの排出を促進する

以下の段階には力は注がれていないようです。

  • メラノサイトへの情報伝達を阻害する
  • メラニンの移動を阻害する

肌への刺激を防ぐ

オルビスのホワイトニングシリーズの特徴としてはまず肌の保湿を重視していることがあげられます。
保水膜を作って肌の潤いを保つ仕組みになっています。
保湿によって肌のバリア機能を健康にし、肌への刺激を防ぐことによってまずはメラニン生成を抑えようとします。
また、ビタミンCには抗酸化作用がありますので活性酸素により刺激からも肌を守ってくれます。

メラノサイトの働きを阻害する

ビタミンC誘導体は、チロシンをメラニンに変えてしまう酵素であるチロシナーゼの働きを阻害してくれます。
また、できてしまったメラニンに対してもその成長を抑制するよう働きかけてくれます。

メラニンの排出を促進する

上記のように、保湿に非常に力を入れていますので、それによって肌のターンオーバーも促進され、メラニン排出が促されます。
また、ビタミンC誘導体自体にも、メラニン排出を促す作用があります。

対応できるシミ

ビタミンC誘導体を、速攻性と継続性の2種類用意することで、その効力を最大限引き出しています。
ですのでシミの予防にも改善にも役立てていくことができます。
・老人性色素斑
ダメージの積み重ねによって現れるもので、
普通、シミといえばこれのことです。対応できます。
・炎症性色素沈着
炎症がひどくて色素沈着を起こしてしまったものです。
対応できますが、皮膚の深いところまで傷ついてしまっている場合は
難しいでしょう。
・雀卵斑(ソバカス)
主に子供の頃現れるシミの一種で、
ダメージの積み重ねではなく遺伝が影響していると言われています。
対応できます。
・肝斑
女性ホルモンの変化にともなって現れると考えられているシミです。
対応できます。
・花弁状色素斑
ひどい日焼けをした後に、徐々に広がってくるシミです。
対応できますが、皮膚の深いところまで傷ついてしまっている場合は
難しいでしょう。
・脂漏性角化症
イボのように盛り上がってしまうシミです。
対応は困難です。

対応できるくすみ

ビタミンC誘導体は、メラニンに対応するだけでなく総合的に美肌のために役立つものですので、くすみ解消は得意分野と言えます。
・メラニンぐすみ
メラニンが蓄積して肌が黒くなってしまう現象です。
対応できます。
・古い角質による肌のくすみ
古い角質が積み重なって肌の透明感や明るさが失われる現象です。
対応できます。
・老化による肌のくすみ
肌細胞が衰えることで上記2つのことが同時に現れます。
対応できます。

おすすめの年代

保湿もしっかりしてくれる美白化粧品ということで乾燥が気になる30代以降の女性におすすめできます。

おすすめの肌質

保湿をしっかりしてくれる化粧品ですので、ノーマル肌、乾燥肌、混合肌の人に向いています。
脂性肌の人にはしつこすぎるのでは?と思われるかもしれませんが、オルビスの化粧品の特徴としてオイルフリーという点がありますので脂性の人にもおすすめできるものとなっています。
また、オイルフリーで刺激が少なく、保水膜で肌を守ってくれるということで敏感肌の人にもおすすめできます。

オルビスホワイトニングシリーズの特徴まとめ

まずはビタミンC誘導体の力を十分に引き出していることが挙げられます。
速攻性のものと継続性のものを組み合わせて、隙間なくビタミンCを作用させていきます。
また、美白にとって保湿は重要なことですが、肌を保水膜でおおうことで、保湿もしっかりしてくれることも大きな特徴です。

オルビスホワイトニングシリーズのトライアルセット

オルビスホワイトニングシリーズのトライアルは「ホワイトニングミニセット」という名前です。
その内容は以下のとおりです。

  • ウォッシュホワイト20g
  • ホワイトニングローション40ml
  • ホワイトニングモイスチャー14g
  • ミニポーチ

「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」から選ぶことができます。
量としては約3週間分となっています。
これだけの内容で価格は1,990円です。送料は無料です。
また、30日間の返品保証がついています。

美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ