あなたは、妊娠中や産後の美白化粧品に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • 妊娠中や産後に使用できるおすすめの美白化粧品はどれ?
  • 妊娠中や産後にシミやくすみが出来やすい原因は?
  • 妊娠中や産後にできたシミをケアする方法は?

このページでは、妊娠中・産後に使用できるおすすめの美白化粧品とその選び方、妊娠中や産後にシミができやすい理由、妊娠中や産後にできたシミをケアする方法など紹介します。

妊娠中や産後はホルモンバランスの変化により、肌が敏感になって刺激に弱くなっています。
刺激の少ない、敏感肌用の美白化粧品を選ぶようにしましょう。

1.妊娠中・産後に使用できるおすすめの美白化粧品


妊娠中・産後に使用できるおすすめの美白化粧品は、こちらです。

商品名 敏感肌専用 バリア機能 美白有効成分
おすすめ!ディセンシア サエル ◎ビタミンC誘導体、アルブチン
ノブ L&Wシリーズ ◎持続型ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2k
アスタリフトホワイト ◎ビタミンC誘導体、アルブチン

上記の商品の中で、最もおすすめなのはディセンシアのサエルです。

サエルは、特許技術のヴァイタサイクルヴェールで、妊娠や産後で敏感になった肌のバリア機能を高め、外部刺激や水分蒸発を防ぐ働きがあります。

また、美白有効成分として厚生労働省に認可されているビタミンC誘導体とアルブチンを含んでいるため、美白ケアの高い効果が期待できます。

さらに、コウエキスが配合されているので、赤みや痒みなどの肌内部の炎症を抑制するのに効果的です。

サエルは、美白ケアと肌内部の炎症を改善し、肌のバリア機能を高めたい方におすすめの商品です。

2.妊娠中・産後にシミができやすい理由

妊娠中や産後にシミができやすい共通の理由は、ホルモンバランスの変化です。

特に、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが関わっています。

それぞれのホルモンがどのように働きかけるかを紹介します。

2-1.妊娠中にシミができやすい理由

妊娠中にシミができやすい主な原因は、プロゲステロンの過剰分泌です。

プロゲステロンとは、排卵直後から卵巣で作られ、排卵時期から月経前まで分泌される黄体ホルモンです。

通常は、受精卵を着床させたり胎盤を完成させたりします。

妊娠すると、流産を防ぐためにプロゲステロンが過剰分泌されます。

しかし、プロゲステロンが増えると、皮脂量の増加によって肌荒れを起こしたり、メラニンの生成を促進したりしてしまう可能性があります。

そのため、肌が敏感になり、シミやくすみが生成されやすいといわれているのです。

2-2.産後にシミができやすい理由

産後にシミができやすい主な原因は、エストロゲンの分泌量の低下です。

エストロゲンとは、卵胞ホルモンとも呼ばれます。

通常は、肌に潤いを与えるコラーゲンやエラスチンを維持したり、活性酵素を抑制し紫外線などの外部刺激から肌を守ったりします。

しかし、出産すると母乳の分泌を促すプロラクチンというホルモンが増加してしまいます。

プロラクチンが増加すると、母乳の分泌を抑制する作用もあるエストロゲンの分泌が減少してしまうのです。

エストロゲンが減ってしまうと、肌のバリア機能が低下し、外部刺激を受けやすくなるため、メラニンを過剰生成してしまいます。

そのため、肌が敏感になってシミやくすみを多く生成してしまうのです。

3.妊娠中・産後に使用できる美白化粧品の選び方


妊娠中や産後は、ホルモンバランスの変化によって、肌がとても敏感になっています。

そのため、美白化粧品を選ぶ際は、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 敏感肌専用の美白化粧品を選ぶ
  • 妊娠や産後で敏感になっている肌のバリア機能を高める働きがある
  • 美白有効成分を配合している

それぞれのポイントについて、下記で詳しく紹介します。

1.敏感肌専用の美白化粧品を選ぶ

妊娠中や産後は、敏感肌専用の美白化粧品を使用しましょう。

妊娠中や産後の肌は、ホルモンバランスの変化で敏感になっています。

肌が敏感になると、今まで使用できた化粧品も刺激を感じてしまう可能性があります。

刺激を感じると、シミやくすみなどの色素沈着や肌荒れを悪化させてしまう危険性があるのです。

そのため、妊娠中や産後は敏感肌専用の美白化粧品を使用して、肌に刺激を与えないようにすることが大切です。

2.妊娠や産後で敏感になっている肌のバリア機能を高める働きがある

妊娠中や産後は、ホルモンバランスの変化で敏感肌になりやすく、バリア機能が低下してしまう可能性があります。

バリア機能が低下すると、紫外線などの外部刺激を受けやすく、新たなシミやくすみを生成してしまいます。

そのため、乱れた角層にバリア膜を形成して外部刺激をブロックし、肌のバリア機能を高める効果が期待できる美白化粧品を使用しましょう。

3.美白有効成分を配合している

厚生労働省に認可されている美白有効成分が配合されていると、より高い美白効果が期待できます。

現在、約20種類の美白有効成分があります。

その中でも、代表的な美白有効成分はこちらです。

  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス
  • リノール酸
  • 4MSK

上記の成分の中で最もおすすめなのは、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体には、メラニンの還元やチロシナーゼを抑制する働きがあります。

そのため、黒くなったメラニンを還元し、今あるシミを薄くするのに効果的です。

また、チロシナーゼの働きを抑制することで、新たなシミやくすみを予防する効果が期待できます。

上記のように複数の働きを持っているため、ビタミンC誘導体が配合されている美白化粧品がおすすめです。

4.妊娠中・産後に使用できるおすすめの美白化粧品


妊娠中や産後に使用できるおすすめの美白化粧品はこちらです。

商品名 敏感肌専用 バリア機能 美白有効成分
おすすめ!ディセンシア サエル ◎ビタミンC誘導体、アルブチン
ノブ L&Wシリーズ ◎持続型ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2k
アスタリフトホワイト ◎ビタミンC誘導体、アルブチン

それぞれの商品について、おすすめの順に紹介します。

1位 ディセンシア サエル

価格 1,480円
返金保証 30日間
美白有効成分 ビタミンC誘導体、アルブチン
特徴

  • ビタミンC誘導体を独自処方で配合しているので、シミを素早く改善できる
  • エスクレシドやアルブチンが配合されているので、新たなシミ生成を予防するのに効果的
  • 特許技術によって、肌のバリア機能を高めて角層を整え、肌の生まれ変わりをサポートする
  • ヒト型セラミドをナノ化しているため、浸透力が高く、角層の奥深くまで潤いを与えるのに効果的
こんな人におすすめ!
  • 敏感肌用で肌のバリア機能を高める美白化粧品を探している人
  • シミやくすみに対して高い美白効果を期待している人

2位 ノブ L&Wシリーズ

価格 1,404円
返金保証 ×
美白有効成分 持続型ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2k
特徴

  • 持続型ビタミンC誘導体の働きで、シミやくすみ、開き毛穴を改善する
  • ヒアルロン酸やアミノ酸、スクワランの保湿成分によって、外部刺激や乾燥から肌を守るのに効果的
  • 臨床皮膚医学に基づいて考えられた化粧品なので、安心して使用できる
こんな人におすすめ!
  • 敏感肌だけではなく、乾燥肌も改善したい人
  • 開き毛穴も気になる人

3位 アスタリフトホワイト

価格 1,080円
返金保証 ×
美白有効成分 ビタミンC誘導体、アルブチン
特徴

  • ナノオリザノールとナノAMAの働きで、今あるシミを改善することができる
  • 3種のコラーゲンとヒアルロン酸、海藻エキスが配合されているので、肌に潤いを与え、乾燥から肌を守るのに効果的
  • ナノアスタキサンチンが配合されているので、肌にハリを与え、若々しい肌へ導く
こんな人におすすめ!
  • 手軽な価格で美白化粧品をお試ししたい人
  • 美白だけではなく、肌のハリや潤いを取り戻したい人

5.妊娠中・産後のシミを予防する方法


妊娠中・産後のシミを予防する方法の中でおすすめなのは、以下の2つです。

  • 日焼け止めや化粧品は、紫外線吸収剤不使用のものを選ぶ
  • シミ対策に効果的なビタミンCを豊富に含む食材を摂る

それぞれの内容について、下記で紹介します。

5-1.日焼け止めや化粧品は、紫外線吸収剤不使用のものを選ぶ

シミを予防するためには、紫外線吸収剤を配合していない日焼け止めや美白化粧品を使用して、紫外線対策を行うこと大切です。

紫外線吸収剤とは、肌表面で化学反応を起して紫外線をカットする成分のことです。

紫外線をカットしてくれる反面、肌への刺激がとても強い成分といわれています。

そのため、肌が敏感になっている妊娠中や産後につけると、肌荒れや湿疹を発症し、色素沈着を起こしてしまう可能性があるのです。

色素沈着を起こさないためにも、日焼け止めや化粧品を選ぶ際は、紫外線吸収剤が配合されていないか確認しましょう。

5-2.ビタミンCが豊富な食材を摂る

妊娠中や産後のシミ対策には、ビタミンCを豊富に含む食材を摂ることがおすすめです。

ビタミンCは、メラニンの生成を抑制するだけではなく、コラーゲンの生成や副腎皮質ホルモンの合成を高めるのに効果的です。

これらの働きによって、シミの予防やハリを取り戻す効果が期待できます。

ビタミンCは、いちごやキウイ、レモンやパプリカなどに多く含まれています。

また、肌のターンオーバーを促進させる働きがあるビタミンAもおすすめです。

ビタミンCとビタミンAの食材をバランス良く摂取してシミを予防しましょう。

6.妊娠中・産後のシミをケアする方法

妊娠中や産後に増えたシミをケアする場合は、以下の3点に注意しましょう。

  • 妊娠中や産後のホルモンバランスを整える
  • しっかりと美白ケアを行う
  • 母乳をあげる

それぞれの内容について、下記で詳しく紹介します。

6-1.妊娠中や産後のホルモンバランスを整える

妊娠中や産後は、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

個人差はありますが、ホルモンバランスが正常になるためには、1年〜2年かかるといわれています。

ホルモンバランスを少しでも早く正常に戻すためには、毎日栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。

ホルモンバランスを整えるのに効果的な食品をまとめました。

  • 大豆イソフラボン…豆、味噌、大豆類
  • ビタミンB6…カツオ、大豆、バナナ、まぐろ
  • ビタミンE…かぼちゃ、うなぎ、いくら、ナッツ

上記の食品をバランスよく摂取することが大切です。

また、適度な運動を行うことも自律神経を活性化させ、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

無理はせず、軽いウォーキングを15分〜30分程度行うと良いでしょう。

6-2.しっかりと美白ケアを行う

妊娠中や産後はあまり外出をすることがないのでケアを怠りがちですが、ちょっとの外出や洗濯物を干す時でも日焼け止めなどを塗って紫外線対策を行いましょう。

また、紫外線対策と同時に、美白化粧品を使用することがおすすめです。

紫外線対策と美白化粧品を同時に行うことで、新たなシミやくすみを予防する効果が高まります。

6-3.母乳をあげる

こちらは、産後にできるケア方法です。

授乳することにより、妊娠中に増えたプロゲステロンの減少を速める効果が期待できます。

プロゲステロンとは、シミやくすみを濃くしてしまうホルモンなので、授乳することによってシミが薄くなるのです。

一方、母乳を作る際に多くのビタミンCが消費されます。

ビタミンCが不足すると、紫外線の影響を受けやすくなり、シミを薄くする効果が期待できません。

そのため、授乳をしながら食事でビタミンCを摂取することが大切です。

7.まとめ

今回は、妊娠中・産後に使用できるおすすめの美白化粧品とその選び方、妊娠中や産後にシミができやすい理由、妊娠中や産後にできたシミをケアする方法などを紹介しました。

妊娠中や産後は、ホルモンバランスの変化で肌が敏感になっているため、普段使っていた化粧品を使用すると肌に刺激を感じる可能性があります。

そのため、妊娠中や産後は敏感肌でも使用できる美白化粧品を使用することがおすすめです。

また、厚生労働省に認可されている美白有効成分も配合されているとより高い美白効果が期待できます。

肌に優しい美白化粧品を使用して、妊娠中や産後のシミやくすみを予防・改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

商品名 敏感肌専用 バリア機能 美白有効成分
おすすめ!ディセンシア サエル ◎ビタミンC誘導体、アルブチン
ノブ L&Wシリーズ ◎持続型ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2k
アスタリフトホワイト ◎ビタミンC誘導体、アルブチン
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ