あなたは、妊娠中の美白化粧品に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • 妊娠中におすすめの美白化粧品はどれ?
  • 妊娠中に使用できる美白化粧品の選び方は?

このページでは、妊娠中に使用できるおすすめの美白化粧品や選び方、産後のケア方法などを紹介します。

妊娠中のシミ予防・改善には、肌に刺激とならない成分やバリア機能を高める成分を配合している美白化粧品を使用しましょう。

1.妊娠中に使用できるおすすめの美白化粧品


妊娠中に使用できるおすすめの美白化粧品の価格や美白成分を表にまとめました。

商品名 価格 美白成分
ディセンシア サエル 1,480円 ビタミンC誘導体、エスクレシド、アルブチン、デイリリー花発酵液など
アンプルール ラグジュアリーホワイト 1,890円 新安定型ハイドロキノン、アルブチン、2種のビタミンC誘導体など
HANAオーガニック 1,480円 ビタミンC誘導体、朝鮮アザミ、オーガニック花精油など

※価格は、トライアルセットの税込の値段です。

それぞれの商品について詳しく紹介していきます。

上記の中で、最もおすすめなのはディセンシアのサエルです。

サエルは、ビタミンC誘導体の働きで、黒くなったメラニンを還元し、シミやくすみを改善することができます。

また、特許技術のヴァイタサイクルヴェールで肌表面をラップのように包み込み、外部刺激から肌を守る働きがあるので、乾燥や雑菌などを防ぐのに効果的です。

2.妊娠中・産後にシミができやすい理由


妊娠中や産後にシミができやすい理由は、主にホルモンバランスの変化によるものです。

特に、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が関わっています。

妊娠中は、メラノサイトの活動を活発化させるプロゲステロンの分泌量が多いため、メラニンを多く生成してしまう可能性があります。

そのため、妊娠中はシミが多くできたり、今あるシミが濃くなってしまったりするのです。

一方、産後はエストロゲンの分泌が急激に減ることで、肌のバリア機能が低下し、紫外線などの外部刺激を受けやすくなっています。

外部刺激を受けやすくなると、メラニンが過剰生成され、蓄積してシミになってしまう危険性があるのです。

3.妊娠中に使用できる美白化粧品の選び方


妊娠中に使用する美白化粧品を選ぶ際は、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 妊娠中の肌に、刺激となる成分を配合していない
  • 妊娠で敏感になっている肌のバリア機能を高める成分を配合している
  • 肌悩みに合った有効成分を配合している

それぞれの内容について、下記で詳しく紹介します。

3-1.妊娠中の肌に、刺激となる成分を配合していない

妊娠中は、ホルモンバランスの変化によって肌が敏感になっている時期といわれています。

そのため、今まで使用できた化粧品も刺激を感じてしまう可能性があるのです。

肌が刺激を感じると、肌荒れや色素沈着を悪化させてしまう危険性があります。

肌への刺激が少ない成分でも、妊娠中は避けた方が良いものを表にまとめました。

避けた方が良い成分 トレチノイン、ハイドロキノン、サリチル酸、アロマ精油、パラベン

それぞれの成分について、下記で紹介します。

トレチノイン

シワ対策のクリームなど、エイジングケアコスメに使われることが多い成分です。

経皮吸収での影響は極めて低いですが、内服の場合は催奇形性の危険性があります。

ハイドロキノン

皮膚の漂白剤といわれるほど、シミに対して効果の高い成分です。

美白効果が高い反面、肌への刺激は強くなっています。

また、遺伝子を傷つける危険性があるといわれています。

一方、独自技術でハイドロキノンをマイクロカプセル化している新安定型ハイドロキノンなどは、肌への刺激を低減しているので安心して使用することが可能です。

サリチル酸

抗菌・殺菌作用があり、角質を柔らかくするのに効果的です。

そのため、ニキビケア向けの洗顔料やピーリング剤に配合されている商品が多く見受けられます。

しかし、殺菌作用が強いため、敏感肌になっている妊娠中や産後に使用すると炎症や乾燥を引き起こす危険性があります。

アロマ精油

アロマ精油は、美肌以外にも腰痛やむくみなど妊婦さんならではの体の不調にも効果的です。

しかし、女性ホルモンを増加させる作用や通経作用(子宮の中のものを押し出す作用)のある精油もあります。

特に、以下の精油に気をつけてください。

  • 妊娠中の使用は避ける精油…グローブ、シナモン、タイム、フェンネル、ラバンジン、シダーウッド(アトラス)、ジャスミン、ローズマリー、ラベンダー、スピカ
  • 妊娠6ヵ月までは使用禁止の精油…ジュニパーベリー、マジョラム、ニアウリ、ゼラニウム、サイプレス、クラリーセージ

上記のように、避けるべきアロマ精油は、様々なものがあります。

パラベン

多くの化粧品に使われている防腐剤のことです。

パラベンは、経皮吸収され、胎児の成長を阻害するなど悪影響を及ぼす危険性があります。

エタノール

エタノールは、蒸発する時に水分を奪う性質があるため、肌の乾燥を悪化させてしまう危険性があります。

特に、妊娠中や産後は肌が弱いので、エタノール入りの化粧品を使うと、刺激を感じてしまう可能性が高くなってしまいます。

3-2.妊娠で敏感になっている肌のバリア機能を高める成分を配合している

妊娠中は、ホルモンバランスの変化で敏感肌になりやすく、バリア機能が低下してしまう危険性があります。

バリア機能が低下すると、紫外線などの外部刺激を受けやすく、新たなシミを生成してしまう可能性があるのです。

そのため、バリア機能を高めるのに効果的なセラミドを配合している美白化粧品を選びましょう。

セラミドの中でも、特におすすめなのはヒト型セラミドです。

ヒト型セラミドは、浸透性が最も高く、肌への刺激が少なくなっています。

化粧品の表示成分では、セラミド1,2,3のように、セラミドの後に番号がついた形で表示されています。

それぞれのセラミドの特徴を表にまとめました。

セラミドの種類 特徴
セラミド1 外部刺激や異物から肌を守る
セラミド2 保湿力が強い
セラミド3 保湿力が強い
セラミド4 バリア機能を構築する
セラミド5 ターンオーバーを促進する

上記の成分の中でも、セラミド1はバリア機能を守るための重要な成分といわれているので最もおすすめです。

3-3.肌悩みに合った有効成分を配合している

美白化粧品はシミやくすみに効果的な成分以外にも、シワやたるみなどの悩みを改善できる成分が配合されている商品があります。

肌悩みを改善するのに効果的な成分を表にまとめました。

悩み 効果的な成分
たるみ、シワ レチノール、ヒトオリゴペプチド、コラーゲン
ニキビ ビタミンC誘導体

上記のように、悩みによって効果的な成分は変わってきます。

シミやくすみ以外に、改善したい悩みがある場合は、上記の成分を参考にして選びましょう。

4.妊娠中に使用できるおすすめの美白化粧品

妊娠中に使用できるおすすめの美白化粧品の価格や美白成分を表にまとめました。

商品名 価格 美白成分
ディセンシア サエル 1,480円 ビタミンC誘導体、エスクレシド、アルブチン、デイリリー花発酵液など
アンプルール ラグジュアリーホワイト 1,890円 新安定型ハイドロキノン、アルブチン、2種のビタミンC誘導体など
HANAオーガニック 1,480円 ビタミンC誘導体、朝鮮アザミ、オーガニック花精油など

※価格は、トライアルセットの税込の値段です。

それぞれの商品について、下記で詳しく紹介します。

ディセンシア サエル

価格 1,480円
返金保証 30日間
美白成分 ビタミンC誘導体、エスクレシド、アルブチン、デイリリー花発酵液など
特徴

  • 特許技術で、バリア機能をサポートし、外部刺激から肌を守る効果が期待できる
  • ビタミンC誘導体を独自処方で配合しているので、シミを素早く改善することができる
  • エスクレシドやアルブチンによって、新たなシミ生成を予防する作用がある
  • ヒト型セラミドをナノ化し、浸透力を高めているため、角層の奥深くまで潤いを与えるのに効果的
  • コウエキスの働きで、赤みや痒みなどの肌内部の炎症を抑制する働きがある
こんな人におすすめ!
  • 素早くシミを改善したい人
  • 赤みや痒みなどの肌内部の炎症も改善したい人

アンプルール ラグジュアリーホワイト

価格 1,890円
返金保証 ×
美白成分 新安定型ハイドロキノン、アルブチン、2種のビタミンC誘導体など
特徴

  • 安全性の高い新安定型ハイドロキノンを配合しているので、妊娠中でも安心してシミやくすみの改善ができる
  • セレブロシドやヒアルロン酸などの保湿成分で、肌のバリア機能を高める
  • 3年連続モンドセレクション金賞を受賞した評価の高い美白化粧品
  • 皮膚の専門家が開発に関わっているため、有効成分をバランスよく配合している
こんな人におすすめ!
  • 美白効果の高い成分で、シミやくすみを改善したい人
  • 肌の乾燥も改善したい人

HANAオーガニック

価格 1,480円
返金保証 ×
美白成分 ビタミンC誘導体、朝鮮アザミ、オーガニック花精油など
特徴

  • ローズポリフェノールの配合で、妊娠で弱った肌の免疫力を高め、シミやくすみの原因である酸化を抑える効果が期待できる
  • 6種のオーガニック花精油により、ほうれい線などの肌トラブルを改善できる
  • 100%天然のオーガニック成分のみで作られている
こんな人におすすめ!
  • 天然100%のオーガニック成分で美白ケアしたい人
  • ほうれい線やシワなどのエイジングケアもしたい人

5.妊娠中にシミを予防する方法


妊娠中にシミを予防するおすすめの方法を2つ紹介します。

  • 日焼け止めや化粧品は、紫外線吸収剤不使用のものを選ぶ
  • 妊娠中のシミ対策に効果的な食材を摂る

それぞれの内容について、下記で紹介します。

5-1.日焼け止めや化粧品は、紫外線吸収剤不使用のものを選ぶ

紫外線吸収剤の特徴は、肌表面で化学反応を起して紫外線をカットすることです。

この働きは、肌に大きな負担をかけてしまいます。

紫外線をカットするために塗っていても、肌トラブルを引き起こす要因になり、色素沈着のリスクも高まります。

ですので、日焼け止めを選ぶ際は、肌に負担をかけないよう「紫外線吸収剤不使用」の商品を選ぶようにしましょう。

5-2.妊娠中のシミ対策に効果的な食材を摂る

妊娠中は、ビタミンCを豊富に含む食材を摂ってシミ対策を行いましょう。

ビタミンCは、メラニンの生成を抑制するだけではなく、コラーゲンの生成や副腎皮質ホルモンの合成を高めるのに効果的です。

これらの働きによって、シミの予防やハリを取り戻す効果が期待できます。

ビタミンCは、いちごやキウイ、レモンやパプリカなどに多く含まれています。

また、肌のターンオーバーを促進させる働きがあるビタミンAもおすすめです。

おすすめの食材は、プロセスチーズやのりです。

しかし、大量に摂取すると胎児に影響を与える可能性があるので、摂取には気をつけてください。

6.産後のシミをケアする方法

産後に増えたシミをケアする場合は、以下の3点に注意しましょう。

  • 母乳をあげる
  • 産後のホルモンバランスを整える
  • しっかりと美白のスキンケアをする

それぞれの内容について、詳しく紹介していきます。

6-1.母乳をあげる

授乳することにより、妊娠中に増えたエストロゲンの減少を速める効果が期待できます。

エストロゲンとは、シミやくすみを濃くしてしまうホルモンなので、必然的に授乳すると薄くなるのです。

しかし、母乳を作る時、多くのビタミンCが消費されます。

ビタミンCが不足すると、紫外線の影響を受けやすくなり、シミを薄くする効果が期待できません。

ですので、授乳をしながらビタミンCを摂取することが、産後のシミのケアにとても大切です。

6-2.産後のホルモンバランスを整える

出産により、ホルモンバランスが乱れてしまうリスクが高くなってしまいます。

個人差はありますが、ホルモンバランスが正常になるためには、1年~2年かかるといわれています。

ホルモンバランスを少しでも早く元に戻すためには、毎日の栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。

ホルモンバランスを整えるのに効果的な食品は、3種類あります。

  • 大豆イソフラボン…豆、味噌、大豆類
  • ビタミンB6…カツオ、大豆、バナナ、まぐろ
  • ビタミンE…かぼちゃ、うなぎ、いくら、ナッツ

上記の食品をバランスよく摂取しましょう。

また、適度な運動を行うことも自律神経を活性化させ、ホルモンバランスを整える働きがあります。

産後ですので無理はせず、軽いウォーキングを15分~30分程度行うと良いでしょう。

6-3.しっかりと美白のスキンケアをする

出産後は、あまり外出をすることがないので、ついケアを怠りがちになりますが、ちょっとの外出や、洗濯物を干す時でも紫外線対策をしましょう。

また、紫外線対策と同時に、美白化粧品を使用してください。

紫外線対策と美白化粧品を使うことによって、新たなシミを生成させない予防効果が高まります。

産後の肌は、とてもデリケートなので、油溶性甘草エキスやカモミラETを配合している美白化粧品がおすすめです。

油溶性甘草エキスやカモミラETは、美白効果だけではなく、抗炎症作用を持っています。

さらに、美白化粧品を使うことによって、しっかりと肌を保湿し、肌のバリア機能を促進させます。

カモミラETを配合しているおすすめの美白化粧品や効果については、こちらのページで詳しく紹介しています。
カモミラETが配合されているおすすめの美白化粧品

7.まとめ

今回は、妊娠中におすすめの美白化粧品や選び方、産後のシミをケアする方法など紹介しました。

妊娠中は、シミの改善と予防に効果的な安全性の高い美白化粧品を選ぶことが大切です。

また、産後は母乳をあげることによって、乱れたホルモンバランスを整える効果が期待できます。

妊娠中のシミを改善・予防して、美肌へ近づけましょう。

今回紹介した妊娠中におすすめの美白化粧品一覧

商品名 価格 美白成分
ディセンシア サエル 1,480円 ビタミンC誘導体、エスクレシド、アルブチン、デイリリー花発酵液など
アンプルール ラグジュアリーホワイト 1,890円 新安定型ハイドロキノン、アルブチン、2種のビタミンC誘導体など
HANAオーガニック 1,480円 ビタミンC誘導体、朝鮮アザミ、オーガニック花精油など

※価格は、トライアルセットの税込の値段です。

美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る