あなたは20代の美白化粧品に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • 20代におすすめの美白化粧品はどれ?
  • 20代はどうやって美白化粧品を選べばいいの?

このページでは、20代におすすめの美白化粧品とその選び方、20代のシミの特徴などを紹介していきます。

1.20代におすすめの美白化粧品ランキング


20代でも前半と後半では、肌質が異なります。

それぞれの肌質の特徴はこちらです。

  • 20代前半…皮脂分泌が多く、ニキビや吹き出物ができやすい
  • 20代後半…肌の水分や皮脂量が低下するため、乾燥しやすい

上記のように肌質が異なるため、20代前半と後半で美白化粧品を選ぶ際に抑えておきたいポイントも違います。

それぞれのポイントはこちらです。

年代 ポイント
20代前半 ・皮脂分泌を抑制する
・美白有効成分を配合
・継続できる価格
20代後半 ・保湿力が高い
・美白効果の高い成分を配合している

上記のポイントに当てはまるおすすめの美白化粧品を表にまとめました。

20代前半におすすめの美白化粧品

商品名 価格 皮脂分泌 美白有効成分
おすすめ!ETVOS 2,052円
アンプルール 1,480円
ノブ 1,620円

20代後半におすすめの美白化粧品

商品名 価格 美白効果 保湿力
おすすめ!サエル 1,480円
アスタリフトホワイト 1,080円
HANAオーガニック 1,480円

※価格は、トライアルセットの税込価格です。

年代別に、おすすめの美白化粧品を下記で詳しく紹介します。

1-1.20代前半におすすめの美白化粧品ランキング

最初に、20代前半におすすめの美白化粧品を詳しく紹介していきます。

1位 ETVOS バランシングライン

価格 1,900円
(税込2,052円)
皮脂分泌の抑制
美白有効成分 ・VCエチル
・グリチルリチン酸2K
特徴

  • 抗炎症効果の高いグリチルリチン酸2Kが含まれているため、ニキビや湿疹などの肌荒れを予防・改善することができる
  • VCエチル※が配合されているので、メラニンを還元し、今あるシミを改善する
  • ヒト型セラミドも配合されているため、角層の隅々まで潤いを与えるのに効果的

※進化型ビタミンC誘導体のこと

こんな人におすすめ!
  • シミやニキビを予防・改善したい人
  • 湿疹や皮膚炎も改善したい人

2位 アンプルール ラグジュアリーホワイト

価格 1,890円
皮脂分泌の抑制
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
特徴

  • ビタミンC誘導体の抗酸化作用で、ニキビの予防・改善に働きかける
  • アルブチンの働きで、メラニンの生成を抑制し、新たなシミを予防するのに効果的
  • スポット集中美容液には美白効果の高いハイドロキノンが配合されているため、素早くシミを改善することが可能
こんな人におすすめ!
  • 今あるシミを素早く改善したい人
  • シミの予防にも力を入れたい人

3位 ノブ ACアクティブ

価格 1,500円
(税込1,620円)
皮脂分泌の抑制
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
特徴

  • ビタミンC誘導体やビタミンE誘導体など多くのビタミン類の働きで、小鼻のテカリや黒ずみも改善することができる
  • AHAのマイルドピーリング効果で、くすみのない明るい肌へ導く
  • セラミドやヒアルロン酸など3種の保湿成分も配合されているので、潤いを与え、乾燥から肌を守るのに効果的
こんな人におすすめ!
  • 小鼻のテカリや黒ずみも改善したい人
  • 肌の潤いも取り戻したい人

1-2.20代後半におすすめの美白化粧品ランキング

次に、20代後半におすすめの美白化粧品を詳しく紹介していきます。

1位 ディセンシア サエル

価格 1,480円
保湿力
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
特徴

  • 保湿力の高いヒト型セラミドをナノ化して含まれているため、角層の奥深くまで潤いを与える
  • 特許技術で肌表面をラップのように包み込むため、外部刺激や水分蒸発を防ぐ
  • 美白効果の高いビタミンC誘導体が配合されているので、今あるシミを改善しながら新たなシミを予防するのに効果的
  • 独自成分のエスクレシドやアルブチンも含まれているため、シミの予防力が高まる
こんな人におすすめ!
  • 今あるシミを改善しながら、新たなシミも予防したい人
  • 保湿力の高い美白化粧品を使用したい人

2位 アスタリフトホワイト

価格 1,000円
(税込1,080円)
保湿力
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
特徴

  • 3種のコラーゲンやヒアルロン酸、海藻エキスで肌に潤いを与える
  • 有効成分をナノ化しているため、角層の奥まで成分を浸透させることができる
  • アスタキサンチンも含まれているので、肌のハリも取り戻すのに効果的
こんな人におすすめ!
  • 美白ケアだけではなく、肌のハリも取り戻したい人
  • 浸透力の高い美白化粧品を使用したい人

3位 HANAオーガニック

価格 1,480円
皮脂分泌の抑制
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
特徴

  • 馬鈴薯などの天然原料から作られたビタミンC誘導体で、今あるシミやこれからできるシミにアプローチする
  • オーガニック成分の香りで、副交感神経を高め、肌質から改善することができる
  • 天然100%のオーガニック成分で作られている
こんな人におすすめ!
  • オーガニック成分で美白ケアしたい人
  • 肌質から改善したい人

2.20代の美白化粧品の選び方


先ほど紹介した20代の美白化粧品の選び方について、詳しく紹介します。

2-1.20代前半の美白化粧品を選ぶ際のポイント

20代前半の美白化粧品を選ぶ際は、以下のポイントに注意して選びましょう。

皮脂分泌を抑制する

20代前半は、皮脂の分泌量が多く、他の年代に比べてニキビができやすいといわれています。

そのため、皮脂分泌の抑制に効果的な成分が配合された美白化粧品を選びましょう。

特におすすめの成分は、ビタミンC誘導体とグリチルリチン酸2Kです。

ビタミンC誘導体とグリチルリチン酸2Kは抗酸化作用を持っているため、肌荒れやニキビを改善するのにおすすめの成分です。

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている成分を比較してみました。

商品名 配合成分
ETVOS バランシングライン ・VCエチル※
・グリチルリチン酸2K
アンプルール ラグジュアリーホワイト ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
ノブ ACアクティブ ・ビタミンC誘導体

※進化型ビタミンC誘導体のことです。

ビタミンC誘導体とグリチルリチン酸2Kの両方を配合している美白化粧品は、ETVOSのバランシングラインのみです。

美白有効成分を配合している


美白有効成分とは、美白効果や安全性を厚生労働省が認可した成分のことです。

現在では、約20種類あります。

その中でも特におすすめの成分は、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体には、メラニンの生成抑制と還元作用があるため、今あるシミを改善しながら新たなシミも予防する効果が期待できます。

ビタミンC誘導体がシミにアプローチするメカニズムについては、こちらのページに詳しく紹介しています。


参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

継続しやすい価格

美白ケアする力が高くても、継続して使用できなければ効果を実感しにくいといわれています。

それは、肌のターンオーバーが関わっているためです。

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで、約28日周期で行われます。

しかし、シミの原因元である色素沈着を起こしたメラニンは肌の奥深くに溜まっているため、28日で改善することが困難です。

そのため、経済的に無理のない継続できる美白化粧品を選ぶこともポイントの一つです。

2-2.20代後半の美白化粧品を選ぶ際のポイント


20代後半の美白化粧品を選ぶ際は、以下のポイントに注意して選びましょう。

保湿力が高い

20代後半は、皮脂やセラミドの分泌量が低下するため、保湿力の高い成分が配合された美白化粧品を選びましょう。

高い保湿力が期待できる主な成分は3つあります。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

3つの中で特におすすめなのは、セラミドです。

セラミドは、人間の肌にもともとある保湿成分で、水分を強力に挟み込む特徴があります。

また、湿度が下がっても水分をキープする作用があるため、冬場などの乾燥も防ぐのに効果的です。

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている保湿成分を比較してみました。

商品名 保湿成分
ディセンシア サエル ・セラミドナノスフィア
アスタリフトホワイト ・ヒアルロン酸
・3種のコラーゲン
HANAオーガニック ・グリセリン

サエルに含まれているセラミドナノスフィアは、ヒト型セラミドをナノ化した成分のことです。

そのため、角層の奥まで潤いを与え、乾燥から肌を守る効果が期待できます。

美白効果の高い成分を配合している


20代後半は、シミが濃くなったり新たなシミができやすくなったりしやすい年代といわれています。

そのため、美白効果の高い化粧品を使用して今あるシミを改善しながら新たなシミも予防しましょう。

今あるシミを改善しながら新たなシミを予防することができる成分として、以下の4つがよく知られています。

成分名 表記名
ビタミンC誘導体 ・アスコルビルグルコシド
・VCエチル
・VC-IPなど
ビタミンC ・VCIP
・APPS
・VCIPなど
プラセンタエキス ・プラセンタ
・プラセンタエキス
4MSK ・4MSK

上記の成分の中で最もおすすめなのは、ビタミンC誘導体です。

それは、メラニン還元作用とメラニン生成を抑制する作用があるためです。

また、ビタミンC誘導体のメラニン還元作用は黒化したメラニンに直接働きかけて無色化するため、素早く今あるシミを改善することができます。

3.20代のシミの特徴


20代にできやすいといわれているシミは、主に3つあります。

  • 老人性色素斑
  • 省卵斑
  • 花弁状色素斑

それぞれのシミについて、以下で詳しく紹介します。

3-1.老人性色素斑

特徴

  • 頬骨の高い位置にできやすい
  • 数mm〜数十mm大の丸い色素斑
  • でき始めは薄い茶色で、次第に濃くはっきりとしてくる

老人性色素斑は、シミの中でもっとも多く見受けられます。
別名「日光性黒子」と呼ばれ、紫外線の影響でできるシミです。

ごく初期のうっすらとしたものには、美白化粧水で改善することができます。
しかし、定着したものは、皮膚自体が変化しているため美白化粧水では改善することが困難です。

3-2.雀卵斑(そばかす)

特徴

  • 小さく茶色いシミが鼻を中心に散らばるようにできる
  • シミの形は、三角や四角になっている

そばかすは、一般的に小さいシミのことをいいますが、厳密には遺伝的なもののことです。

遺伝的なそばかすは10代の頃からでき始め、色白の人に比較的多く見受けられます。

遺伝的な要素が強すぎると、美白化粧水で改善するのは困難です。

花弁状色素斑

特徴

  • 肩から背中にできる小さなシミ
  • 花びらのような形をしている

花弁状色素斑は、海などで急激に日焼けした際にできるシミです。

美白化粧水では改善することができないため、レーザー治療を行うと改善できるといわれています。

4.まとめ


今回は、20代におすすめの美白化粧品とその選び方、20代のシミの特徴などを紹介しました。

20代は前半と後半で肌質が変わるため、美白化粧品を選ぶ際のポイントが異なります。

年代に合った美白化粧品を使用して、キレイな肌へ改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

20代前半におすすめの美白化粧品

商品名 価格 皮脂分泌 美白有効成分
おすすめ!ETVOS バランシングライン 2,052円
アンプルール ラグジュアリーホワイト 1,480円
ノブ ACアクティブ 1,620円

20代後半におすすめの美白化粧品

商品名 価格 美白効果 保湿力
おすすめ!ディセンシア サエル 1,480円
アスタリフトホワイト 1,080円
HANAオーガニック 1,480円

※価格は、トライアルセットの税込価格です。

美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ