あなたは、30代の美白化粧品に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • 30代におすすめの美白化粧品はどれ?
  • 30代の美白化粧品を選ぶ際のポイントは?

このページでは、30代におすすめの美白化粧品とその選び方、30代にシミができやすい原因などを紹介します。

1.30代におすすめの美白化粧品ランキング


30代の美白化粧品を選ぶ際は、以下のポイントに注意して選びましょう。

  • 美白有効成分を配合している
  • 保湿力の高い成分を配合している

これらのポイントに当てはまるおすすめの美白化粧品はこちらです。

商品名 価格 美白有効成分 保湿成分
おすすめ!サエル 1,480円
アンプルール 1,890円
ファンケル 1,830円

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位 ディセンシア サエル

価格 1,480円
返金保証 30日間
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
保湿成分 ・セラミドナノスフィア
特徴

  • ビタミンC誘導体が配合されているので、黒化したメラニンを還元し、今あるシミを改善する
  • アルブチンやエスクレシドなどの働きによって、メラニンの生成と黒化を防止し、新たなシミを予防する
  • 高保湿成分のヒト型セラミドをナノ化して配合しているため、角層の隅々まで潤いを与える
  • コウエキスの働きで、肌内部の炎症を鎮め、赤みや痒みなども改善する
こんな人におすすめ!
  • 今あるシミを改善しながら、新たなシミも予防したい人
  • 高保湿成分が配合された美白化粧品を使用したい人
  • 赤みや痒みなども改善したい人

2位 アンプルール ラグジュアリーホワイト

価格 1,847円
返金保証
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
保湿成分 ・ヒアルロン酸
特徴

  • ハイドロキノンが配合されているため、気になるシミを集中的にケアすることができる
  • ハイドロキノンを安定化させて配合しているので、肌への負担を軽減している
  • ヒアルロン酸の作用で水分の蒸発を防ぎ、肌の潤いを保つのに効果的
こんな人におすすめ!
  • 気になるシミを集中的にケアしたい人
  • 安定化させたハイドロキノン配合の美白化粧品を使用したい人

3位 ファンケル 無添加ホワイトニング

価格 1,830円
返金保証 無期限
美白有効成分 ・ビタミンC
保湿成分 ・濃グリセリン
特徴

  • ビタミンCをアクティブビタミンCに変化させているため、劣化を防ぎ、肌トラブルの元まで成分を浸透させることができる
  • ヤグルマギクエキスの働きで紫外線のダメージを抑制するので、新たなシミを予防するのに効果的
  • 防腐剤や合成色素など5つの添加物を使用していない無添加の美白化粧品
こんな人におすすめ!
  • 無添加の美白化粧品を使用したい人
  • 新たなシミの予防に力を入れたい人

2.30代の美白化粧品の選び方


先ほど紹介した、30代の美白化粧品を選ぶ際のポイントについて詳しく紹介します。

2-1.美白有効成分を配合している

美白有効成分とは、厚生労働省が美白効果や安全性を認可した成分のことです。

現在では、約20種類の美白有効成分があります。

その中でおすすめの成分を表にまとめました。

美白有効成分 表示名
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
ビタミンC ・アスコルビン酸Na
アルブチン ・アルブチン
・α-アルブチン
・β-アルブチン
トラネキサム酸 ・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸
グリチルリチン酸2K ・グリチルリチン酸2K

上記の成分の中でも、特におすすめなのはビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、今あるシミを改善しながら新たなシミを予防することができます。

ビタミンC誘導体がシミに働きかけるメカニズムについては、こちらのページに詳しく紹介しています。


参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

今回紹介したおすすめの美白化粧品に含まれている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
おすすめ!サエル ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
アンプルール ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
ファンケル ・ビタミンC

商品を比較してみると、ビタミンC誘導体が配合されているのはサエルとアンプルールです。

また、サエルにはビタミンC誘導体以外にアルブチンやグリチルリチン酸2Kが配合されています。

それぞれの主な働きはこちらです。

  • アルブチン…新たなシミを予防する
  • グリチルリチン酸2K…ニキビや吹き出物などの肌荒れを改善する

これらの働きがあるため、サエルはシミを改善しながら新たなシミの予防力を高め、肌荒れも改善することができます。

2-2.保湿力の高い成分を配合している


30代は美白有効成分だけではなく、高保湿成分も配合された美白化粧品を選ぶことも大切です。

それは、30代になると皮脂量や水分量が急激に減少するからです。

皮脂量や水分量が減少すると肌が乾燥し、角層を厚くしてしまい、メラニンの排出を妨げてしまう可能性があります。

メラニンの排出が妨げられると、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

上記のことを防ぐためにも、高保湿成分を配合した美白化粧品を使用して、メラニンの色素沈着を防ぎましょう。

高保湿成分の中で、おすすめの成分はこちらです。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

この3つの中でも、特におすすめなのはセラミドです。

セラミドは、もともと人間の肌に存在する保湿成分で、水分を強力に挟み込む特徴があります。

また、湿度が下がっても水分を守る作用があるため、冬場の乾燥を防ぐのに効果的です。

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている保湿成分を比較してみました。

商品名 保湿成分
おすすめ!サエル ・セラミドナノスフィア
アンプルール ・ヒアルロン酸など
ファンケル ・濃グリセリン

これらの商品の中で、セラミドが配合されているのはサエルです。

サエルに配合されているセラミドナノスフィアは、セラミドの中でも特に浸透力の高いヒト型セラミドをナノ化した成分のことです。

そのため、サエルを使用すると角層の隅々まで潤いを与えることができます。

3.30代にシミができやすい3つの原因


30代にシミができやすくなる原因は、主に3つあります。

  • ターンオーバーの低下
  • 女性ホルモンの乱れ
  • 保湿力の低下

それぞれの原因について、下記で紹介します。

3-1.ターンオーバーの低下

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことです。

通常、ターンオーバーは約28日周期で行われます。

しかし、ターンオーバーは年齢を重ねるとともに働きが低下し、30代になると約40日かかるといわれています。

ターンオーバーの周期が遅くなると、メラニンの排出も遅くなり、肌内部にメラニンが溜まってしまいます。

肌内部にメラニンが溜まっていくと、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

3-2.女性ホルモンの乱れ


30代にシミができやすい理由は、妊娠も関わっています。

妊娠すると女性ホルモンが崩れやすく、メラノサイトが活発化するといわれています。

メラノサイトが活発化すると、メラニンを過剰生成してしまい、ターンオーバーで排出することが困難になってしまうのです。

排出されなかったメラニンは、色素沈着を起こし、シミとなってしまいます。

3-3.保湿力の低下

30代を過ぎると、肌のハリや潤いを保つコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分が減少してしまいます。

保湿成分が減少すると、肌の水分を保つことが困難になり、バリア機能を低下させてしまうのです。

バリア機能が低下すると、紫外線などの外部刺激を受けやすくなり、メラニンを生成する機会が増えてしまいます。

メラニンの生成が増えると、色素沈着を起こす可能性を高めてしまうため、シミができやすいといわれているのです。

4.まとめ


今回は、30代におすすめの美白化粧品とその選び方、30代にシミができやすくなる原因などを紹介しました。

30代は、美白有効成分だけではなく、高保湿成分が含まれた美白化粧品を選んで肌に潤いを与えることが大切です。

美白化粧品を使用して、肌悩みを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

商品名 価格 美白有効成分 保湿成分
おすすめ!サエル 1,480円
アンプルール 1,890円
ファンケル 1,830円
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ