あなたは、30代の美白化粧品に関して、以下のような疑問を持っていませんか?

  • 「30代におすすめの美白化粧品はどれ?」
  • 「30代の美白化粧品の選び方は?」
  • 「30代になるとシミやくすみが出来やすくなる原因は?」

このページでは、30代におすすめの美白化粧品とその選び方、30代にシミやくすみが出来やすい原因を紹介していきます。

30代の肌に合った美白化粧品を使用して、肌悩みの無いキレイ肌へ導きましょう。

1.30代におすすめの美白化粧品


30代の美白化粧品を選ぶ際は、以下のポイントを抑えて選びましょう。

  • 美白有効成分を配合している
  • 保湿力の高い成分を配合している

上記のポイントに当てはまるおすすめの美白化粧品はこちらです。

商品名 価格 美白有効成分 保湿成分
おすすめ!ディセンシア サエル 1,480円
アンプルール ラグジュアリーホワイト 1,890円
ファンケル 無添加ホワイトニング 1,830円

上記の商品の中でも、最もおすすめなのはディセンシアのサエルです。

サエルは、美白有効成分のビタミンC誘導体を配合しているため、黒くなったメラニンを還元し、今あるシミを改善することができます。

また、アルブチンと独自成分のエスクレシド、デイリリー花発酵液の働きで、メラニンの生成と黒化を抑制し、新たなシミを予防するのに効果的です。

さらに、高保湿成分のヒト型セラミドをナノ化したセラミドナノスフィアが配合されているので、角層の隅々まで潤いを与え、乾燥気味な肌を改善することができます。

サエルは、シミを改善・予防するだけではなく、乾燥した肌に潤いを与えたい人におすすめの商品です。

2.30代の美白化粧品の選び方


先ほど紹介した30代の美白化粧品を選ぶ際のポイントについて、下記で詳しく紹介します。

・美白有効成分を配合している

シミを改善するためには、厚生労働省に認可されている美白有効成分配合の商品を選びましょう。

代表的な美白有効成分を表にまとめました。

美白有効成分 表示名
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
ビタミンC ・アスコルビン酸Na
アルブチン ・アルブチン
・α-アルブチン
・β-アルブチン
トラネキサム酸 ・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸
プラセンタエキス ・プラセンタエキス
4MSK ・4MSK

上記の成分の中でも、特にビタミンC誘導体がおすすめです。

ビタミンC誘導体は、主に3つの効果が期待できます。

  • 活性酸素を除去する
  • チロシナーゼの働きを抑制する
  • メラニンを還元する

紫外線が肌に当たると、活性酸素が大量に発生し、肌細胞にダメージを与えてしまいます。

肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質を分泌し、メラノサイトにメラニンを作るように指示を出します。

指示を受けたメラノサイトは、最初にアミノ酸の一種であるチロシンを生成し、次に活性酵素のチロシナーゼを活性化させます。

すると、チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまうのです。

メラニンがターンオーバーで排出されなければ、色素沈着を起こして黒化し、シミとして肌表面に現れてしまいます。

ビタミンC誘導体には、活性酸素の除去とチロシナーゼの活性を抑える働きがあるので、メラニンの生成を阻害し、新たなシミを予防するのに効果的です。

また、メラニンの還元作用で、黒くなったメラニンを無色化し、今あるシミを改善することができます。

シミを予防・改善したい人は、ビタミンC誘導体を配合している美白化粧品がおすすめです。

今回紹介するおすすめの美白化粧品に配合されている美白有効成分を比較してみました。

ディセンシア サエル ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
アンプルール ラグジュアリーホワイト ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
ファンケル 無添加ホワイトニング ・ビタミンC

表を見てみると、サエルとアンプルールにはビタミンC誘導体が配合されています。

また、チロシナーゼの働きを阻害するアルブチンも含まれているため、シミを予防する効果が高まります。

・保湿力の高い成分を配合している

30代になると、皮脂量や水分量が急激に減少するといわれています。

皮脂量や水分量が減少することによって、肌が乾燥し、角層を厚くしてしまいます。

そうなると、ターンオーバーが遅くなり、メラニンの排出を妨げてしまう危険性があります。

メラニンが排出されなければ、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

メラニンの生成や色素沈着を防ぐためにも、保湿力の高い成分が配合された美白化粧品を選びましょう。

保湿力の高い成分は、主に3つあります。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

この3つの成分の中でも、最も高い保湿力が期待できる成分はセラミドです。

セラミドは、人間の細胞間脂質の約40%を占めている成分で、水分を強力に挟み込み、蒸発を防ぐ効果が期待できます。

また、湿度が下がっても水分が蒸発するのを防ぐため、冬場の乾燥に効果的です。

セラミドは、大きく4種類に分類されており、その中でもヒト型セラミドという成分は最も保湿力が高いといわれています。

それは、ヒト型セラミドの化学構造が人間の皮膚に含まれるセラミドとほぼ同じ構造をしているためです。

ヒト型セラミドは、保湿力や浸透力に優れており、肌に優しい成分なのでおすすめです。

今回紹介するおすすめの美白化粧品に配合されている保湿成分を比較してみました。

ディセンシア サエル ・セラミドナノスフィア
アンプルール ラグジュアリーホワイト ・ヒアルロン酸
ファンケル 無添加ホワイトニング ・濃グリセリン

今回紹介する美白化粧品の中で、最も保湿力が高い商品はディセンシアのサエルです。

ディセンシアのサエルに含まれているセラミドナノスフィアは、ヒト型セラミドをナノ化した成分なので、角層の奥まで潤いを与えることができます。

3.30代におすすめの美白化粧品ランキング

30代におすすめの美白化粧品はこちらです。

商品名 価格 美白有効成分 保湿成分
おすすめ!ディセンシア サエル 1,480円
アンプルール ラグジュアリーホワイト 1,890円
ファンケル 無添加ホワイトニング 1,830円

それぞれの商品について、おすすめ順に紹介します。

1位 ディセンシア サエル

価格 1,480円
返金保証 30日間
美白有効成分 ビタミンC誘導体、アルブチン
保湿成分 セラミドナノスフィア
特徴

  • ビタミンC誘導体のメラニン還元作用で、今あるシミを改善することができる
  • 独自成分のエスクレシドとアルブチン、デイリリー花発酵液によって、メラニンの生成や黒化を阻害するため、新たなシミを予防するのに効果的
  • 保湿力の高いヒト型セラミドをナノ化して配合されているため、角層の奥まで潤いを与え、乾燥から肌を守る
  • 抗炎症作用のあるコウエキスも含まれているため、赤みや痒みなど肌内部の炎症を抑制する
こんな人におすすめ!
  • シミを予防、改善したい人
  • 高い保湿力を期待している人
  • 赤みや痒みなどの肌トラブルも改善したい人

2位 アンプルール ラグジュアリーホワイト

価格 1,847円
返金保証 無し
美白有効成分 2種のビタミンC誘導体、アルブチン
保湿成分 ヒアルロン酸
特徴

  • ハイドロキノンを配合しているため、気になるシミに対して高い美白効果が期待できる
  • ハイドロキノンを安定化させ、マイクロカプセル化して配合しているため、肌への負担が軽減されている
  • ヒアルロン酸が配合されているので、水分の蒸発を防ぎ、肌の潤いを保つのに効果的
  • 17時間、有効成分を肌内部に留まらせる働きがあるため、日常的にシミにアプローチする
こんな人におすすめ!
  • シミを予防、改善したい人
  • 安定化させたハイドロキノン配合の美白化粧品を使用したい人

3位 ファンケル 無添加ホワイトニング

価格 1,830円
返金保証 無期限
美白有効成分 ビタミンC
保湿成分 濃グリセリン
特徴

  • ヤグルマギクエキスが配合されているため、紫外線のダメージを抑制し、新たなシミ生成を予防する効果が期待できる
  • ビタミンCをアクティブビタミンCに変化させているため、成分の劣化を防ぎ、肌トラブルの元まで浸透させることが可能
  • 防腐剤や石油系界面活性剤などが無添加なので、安全性が高い
こんな人におすすめ!
  • 無添加の美白化粧品を使用したい人
  • 新たなシミの予防に力を入れたい人

4.30代でシミやくすみができやすくなる原因


30代でシミやくすみができやすくなる原因は、主に3つあります。

  • ターンオーバーの低下
  • 女性ホルモンの乱れ
  • 保湿力の低下

それぞれの原因について、下記で紹介します。

4-1.ターンオーバーの低下

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことです。

通常、ターンオーバーは約28日周期で行われます。

しかし、ターンオーバーは年齢を重ねるとともに働きが低下し、30代になると約40日かかるといわれています。

ターンオーバーの周期が遅くなると、メラニンの排出も遅くなり、肌内部にメラニンが溜まってしまいます。

肌内部にメラニンが溜まっていくと、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

4-2.女性ホルモンの乱れ

30代にシミができやすい理由は、妊娠も関わっています。

妊娠すると女性ホルモンが崩れやすく、メラノサイトが活発化してしまいます。

メラノサイトが活発化すると、メラニンを過剰生成してしまい、ターンオーバーで排出することが困難になってしまうのです。

排出されなかったメラニンは、肌内部で色素沈着を起こしてしまいます。

4-3.保湿力の低下

30代を過ぎると、肌のハリや潤いを保つコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分が減少してしまいます。

保湿成分が減少すると、肌の水分を保つことが困難になり、バリア機能を低下させてしまうのです。

バリア機能が低下すると、紫外線などの外部刺激を受けやすくなり、メラニンを生成する機会が増えてしまいます。

メラニンの生成が増えると、色素沈着を起こす可能性を高めてしまうため、シミができやすいといわれているのです。

5.まとめ

今回は、30代におすすめの美白化粧品とその選び方、30代にシミができやすい原因を紹介しました。

30代に使用する美白化粧品を選ぶ際は、美白有効成分と保湿力の高い成分を配合している商品がおすすめです。

美白化粧品を使用して、肌悩みを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

商品名 価格 美白有効成分 保湿成分
おすすめ!ディセンシア サエル 1,480円
アンプルール ラグジュアリーホワイト 1,890円
ファンケル 無添加ホワイトニング 1,830円
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ