あなたは、40代の美白化粧品に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • 40代におすすめの美白化粧品はどれ?
  • 40代の美白化粧品を選ぶ際のポイントは?

このページでは、40代におすすめの美白化粧品とその選び方、40代にシミができやすい理由などを紹介していきます。

1.40代におすすめの美白化粧品ランキング


40代の美白化粧品を選ぶ際は、以下のポイントに注意して選びましょう。

  • 美白有効成分を配合している
  • 高保湿成分を配合している
  • 肌の負担となる添加物が含まれていない

上記のポイントに当てはまるおすすめの美白化粧品はこちらです。

商品名 美白有効成分 高保湿成分
おすすめ!サエル
ETVOS
エリクシールホワイト

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位 ディセンシア サエル

価格 1,480円
返金保証 30日間
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
高保湿成分 ・セラミドナノスフィア※

※ヒト型セラミドをナノ化した成分のことです。

特徴

  • ビタミンC誘導体で、今あるシミを改善しながら新たなシミを予防することができる
  • 高保湿成分のヒト型セラミドをナノ化しているので、角層の隅々まで潤いを与えるのに効果的
  • 特許技術で肌表面を包み込む作用があるため、水分蒸発や外部刺激から肌を守ることが可能
  • コウエキスも配合されているので、肌内部の炎症を鎮め、赤みや痒みを改善することもできる
こんな人におすすめ!
  • 今あるシミを改善しながら、新たなシミも予防したい人
  • 保湿力の高い美白化粧品を使用したい人
  • 赤みや痒みなどの肌内部の炎症も改善したい人

2位 ETVOS バイタライジングライン

価格 2,200円
(税込:2,376円)
返金保証 8日間※
美白有効成分 ・αアルブチン
高保湿成分 ・ヒト型セラミド1,2,3,5,6

※未開封のみ返品可能です。

特徴

  • αアルブチンの働きで、新たなシミを予防する
  • 保湿力の高いヒト型セラミドを5種類も配合しているため、肌の奥深くまで潤いを与える
  • リンゴ幹細胞も配合されているので、年齢線を改善することもできる
  • 合成香料や鉱物油、パラベンなど7つの添加物を配合していない無添加の美白化粧品
こんな人におすすめ!
  • 美白ケアだけではなく、年齢線などのエイジングケアも同時に行いたい人
  • 無添加の美白化粧品を使用したい人

3位 エリクシールホワイト

価格 1,188円
返金保証
美白有効成分 ・4MSK
高保湿成分 ・水溶性コラーゲン
・グリセリン
特徴

  • 4MSKの働きでチロシナーゼの活性を抑制するため、メラニンの生成を防ぎ、新たなシミを予防するのに効果的
  • ローズやイランイランも含まれているので、副交感神経を高め、肌の再生力を促進させ、肌質から改善する
  • 水溶性コラーゲンやグリセリンによって、肌に潤いを与える
  • 新テクノロジーで、肌の潤いをキープし、乾燥から肌を守る
こんな人におすすめ!
  • 肌質から変化させて、シミを改善したい人
  • 乾燥から肌を守りたい人

2.40代の美白化粧品の選び方


先ほど紹介した、40代の美白化粧品を選ぶ際の注意点について詳しく紹介します。

2-1.美白有効成分を配合している

美白有効成分とは、美白効果や安全性を厚生労働省が認可した成分のことです。
現在では、約20種類の美白有効成分があります。
その中でも、おすすめの成分はこちらです。

美白有効成分 表示名
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
アルブチン ・アルブチン
・α-アルブチン
・β-アルブチン
グリチルリチン酸2K ・グリチルリチン酸2K
4MSK ・4MSK

上記の成分の中でも特におすすめなのは、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、主に3つの効果が期待できます。

  • 新たなシミを予防…活性酸素の除去
  • 今あるシミを改善…メラニンの還元
  • シワやたるみの改善…コラーゲンの生成を促進

そのため、ビタミンC誘導体配合の美白化粧品を使用すると、美白ケアだけではなくシワやたるみを改善することができます。

ビタミンC誘導体がシミに働きかけるメカニズムについては、こちらのページに詳しく紹介しています。


参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
おすすめ!サエル ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
ETVOS ・アルブチン
エリクシールホワイト ・ビタミンC

成分を比較してみると、ビタミンC誘導体が配合されているのはサエルです。

サエルには、ビタミンC誘導体だけではなく、美白有効成分のアルブチンやグリチルリチン酸2Kも配合されています。

そのため、サエルを使用するとシミの予防力を高めながら肌荒れを改善することもできます。

2-2.高保湿成分を配合している


40代は、肌の乾燥が激しくなってしまう年齢といわれています。

肌が乾燥していると、くすみやシワの原因になったり、シミを悪化させてしまったりする可能性があります。

そのため、高保湿成分が配合された美白化粧品を使用して、乾燥から肌を守ることも大切です。

高保湿成分の中でおすすめの成分はこちらです。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン

これらの成分の中でも、特におすすめの成分はセラミドです。

セラミドは、もともと人間の肌に存在する保湿成分で水分を強力に挟み込む特徴があります。

また、湿度が下がっても水分を守る作用もあるため、冬場の乾燥を防ぐのにも効果的です。

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている保湿成分を表にまとめました。

商品名 保湿成分
おすすめ!サエル ・セラミドナノスフィア
ETVOS ・ヒト型セラミド1,2,3,5,6
エリクシールホワイト ・水溶性コラーゲン
・グリセリン

3つの商品の中でセラミドが配合されている美白化粧品は、サエルとETVOSです。

サエルに配合されているセラミドナノスフィアは、セラミドの中でも最も浸透力が高いヒト型セラミドをナノ化した成分のことです。

保湿成分をナノ化したことによって、角層の隅々まで潤いを与えることができます。

2-3.肌の負担となる添加物を含んでいない


40代は肌のバリア機能や新陳代謝が低下するため、紫外線や乾燥などの外部刺激を受けやすくなっています。

そのため、ちょっとした刺激も肌の負担となり、シミやくすみ、シワなどを作り出す危険性があります。

そのため、肌の負担となる添加物が含まれていない美白化粧品を選ぶことも大切です。

肌の負担となる一部の添加物を表にまとめました。

添加物 表示名
アルコール
(エタノール)
・エチルアルコール
・べヘニルアルコールなど
サリチル酸 ・サリチル酸Na
パラベン ・パラベン
・エチルパラベンなど
ホルムアルデヒド ・ホルムアルデヒド
・ホルマリンなど

美白化粧品を購入する際は、これらの添加物が含まれていないか確認しましょう。

一方、パラベンやエタノールの中でも、メチルパラベンやフェノキシエタノールという成分は肌への刺激が少ないため、安全性が高いといわれています。

3.40代の正しいスキンケア方法


美白化粧品を使用していても、正しいスキンケア方法を行わないと美白効果を実感しづらくなる可能性があります。

正しいスキンケア方法を行って、美白効果を実感しましょう。

正しいスキンケア方法と順番

  1. クレンジングを使って、メイクを優しく落とす
  2. 洗顔で毛穴の汚れを落すように、クルクルと円を描きながら優しく洗う
  3. 洗顔後、すぐに化粧水をつける。化粧水は手で軽く温め、肌に押し付けるように優しく浸透させる
  4. 化粧水が浸透したら、美容液をつける。手で顔全体を包み込むように優しくなじませる。
  5. 最後にクリームや乳液をつける。ハンドプレスやマッサージをしながら広げる

4.美白化粧品の効果を高める3つの方法


美白化粧品の効果を高めるおすすめの方法を3つ紹介します。

4-1.フェイスマッサージを行う

美白化粧品を使いながら、フェイスマッサージを行うとリフトアップの効果を高めることができます。

フェイスマッサージは、入浴後の皮膚が柔らかい状態で行うのがおすすめです。

フェイスマッサージの手順

  1. 滑りの良い美白クリームや乳液を手に伸ばし、軽く温める
  2. 指先を意識しながら、しわと垂直の方向にぐーっと滑らせる
  3. これを数回繰り返し、手に残ったクリームを顔全体に伸ばして完了

マッサージを行うときは、優しく肌に刺激を与えないように行いましょう。

4-2.ハンドプレスで浸透させる

美白化粧品を付けたあとは、ハンドプレスを10秒間行いましょう。

ハンドプレスを行うことで、美白有効成分の浸透力を高める効果が期待できます。

一方で、ハンドプレスを10秒間以上行うと水分が蒸発してしまう可能性があるので注意しましょう。

4-3.ビタミンCやビタミンAが含まれた食品を摂取する

美白化粧品を使用しながら、ビタミンCやビタミンAが豊富に含まれた食品を摂取するとシミを予防・改善する力を高めることができます。

それは、ビタミンCとビタミンAには以下の作用があるためです。

  • ビタミンC…メラニンの色素沈着を予防、メラニンの還元
  • ビタミンA…メラニンの排出を促進

これらの働きで、シミを改善・予防する力を高めることができます。

ビタミンCやビタミンAが豊富に含まれているおすすめの食品はこちらです。

  • ビタミンC…赤パプリカ、黄パプリカ、菜の花、ブロッコリー
  • ビタミンA…鶏レバー、うなぎ、モロヘイヤ、にんじん

また、ビタミンCは体内に蓄えておくことが困難なため、1日数回に分けて摂取しましょう。

5.40代にシミができやすい理由


40代にシミができやすい理由は、主に2つあります。

  • ホルモンバランスの変化
  • 肌の新陳代謝の低下

それぞれの理由とシミができるまでのメカニズムについて、下記で詳しく紹介します。

5-1.シミができるメカニズム

シミができる主な原因は、紫外線です。

紫外線が肌に当たって、シミができるまでのメカニズムを図にまとめました。

  1. 紫外線が肌に当たると、活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与えてしまう
  2. 肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌される
  3. 情報伝達物質は、メラノサイトにメラニンを作るよう指示を出す
  4. メラノサイトは、最初にチロシン(アミノ酸)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活性化させる
  5. チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまう

上記のメカニズムで、シミの原因元であるメラニンが生成されるのです。

通常、ターンオーバーによってメラニンは排出されます。
しかし、加齢や不規則な生活習慣を送っていると、ターンオーバーが乱れ、メラニンの排出が困難になってしまいます。
すると、いずれ色素沈着を起こしてメラニンが黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

5-2.40代にシミができやすい理由

40代にシミができやすい主な原因は、ホルモンバランスの変化です。

ホルモンバランスは、20代や30代でも乱れやすいといわれていますが40代は更年期に近づくため、より乱れやすくなってしまいます。

ホルモンバランスが乱れると、紫外線などの外部刺激を受けやすくなり、メラニンを過剰生成してしまい、シミができやすくなるのです。

また、40代になると肌の新陳代謝も低下していくため、ターンオーバーも遅くなり、メラニンの排出が困難になってしまいます。

メラニンが排出されず、肌内部に残っているといずれ色素沈着を起こして黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

6.まとめ


今回は、40代におすすめの美白化粧品とその選び方、40代にシミができやすい理由などを紹介しました。

40代の美白化粧品を選ぶ際は、美白有効成分だけではなく、高保湿成分が配合された商品を選ぶことがおすすめです。

40代に合った美白化粧品を使用して、肌悩みを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

商品名 美白有効成分 高保湿成分
おすすめ!サエル
ETVOS
エリクシールホワイト
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ