あなたは、くすみを予防・改善する美白化粧品に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • くすみの予防・改善におすすめの美白化粧品はどれ?
  • くすみを予防・改善する美白化粧品の選び方は?

このページでは、くすみの予防・改善におすすめの美白化粧品とその選び方、くすみができる原因などを紹介していきます。

1.くすみの予防・改善におすすめの美白化粧品ランキング


くすみを予防・改善する美白化粧品を選ぶ際は、以下のポイントを抑えて選びましょう。

  • くすみに効果的な美白有効成分が配合されている
  • 保湿力の高い成分が配合されている

上記のポイントに当てはまるおすすめの美白化粧品はこちらです。

商品名 美白有効成分※ 保湿力
おすすめ!サエル
アスタリフトホワイト
FANCL

※くすみに効果的な美白有効成分のことです。

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位 ディセンシア サエル

価格 1,480円
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
保湿力 ・セラミドナノスフィア
特徴

  • ビタミンC誘導体が配合されているため、くすみの予防・改善のどちらにも働きかける
  • アルブチンも含まれているので、くすみの予防力を高めることができる
  • 高保湿成分のヒト型セラミドをナノ化しているため、角層の隅々まで潤いを与えるのに効果的
  • コウエキスも配合されているので、肌内部の炎症を抑え、赤みや痒みなども改善する
こんな人におすすめ!
  • くすみの予防と改善のどちらにも働きかける美白化粧品を使用したい人
  • 高保湿成分の美白化粧品を使用したい人
  • 赤みや痒みなども改善したい人

2位 アスタリフトホワイト

価格 1,000円
(税込:1,080円)
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
保湿力 ・3種のコラーゲン
・ヒアルロン酸など
特徴

  • ビタミンC誘導体の働きで、くすみを予防・改善する
  • 有効成分をナノ化しているため、肌の奥深くまで成分を浸透させることができる
  • アスタキサンチンも配合されているので、肌にハリを与えるのに効果的
  • しっとりなのにべたつかないテクスチャー
こんな人におすすめ!
  • くすみを予防・改善しながら、肌のハリも取り戻したい人
  • べたつかないテクスチャーの美白化粧品を使用したい人

3位 FANCL 無添加ホワイトニング

価格 1,830円
美白有効成分 ・アクティブビタミンC
保湿力 ・濃グリセリン
特徴

  • 独自発想成分のアクティブビタミンCによって、くすみを改善することができる
  • ヤグルマギクエキスで紫外線をブロックし、新たなくすみを予防する効果が期待できる
  • 防腐剤や香料など5つの添加物を使用していない無添加の美白化粧品
こんな人におすすめ!
  • くすみを予防・改善する無添加の美白化粧品を使用したい人
  • 紫外線からできるくすみを予防したい人

2.くすみを予防・改善する美白美容液の選び方


先ほど紹介したくすみを予防・改善する美白美容液の選び方について、詳しく紹介します。

2-1.くすみに効果的な美白有効成分が配合されている

美白有効成分とは、美白効果や安全性を厚生労働省が認可した成分のことです。

現在では、約20種類あります。

その中で、くすみに効果的なおすすめの成分を表にまとめました。

美白有効成分 表示名
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
アルブチン ・アルブチン
・α-アルブチン
・β-アルブチン
トラネキサム酸 ・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸
ルシノール ・4-n-ブチルレゾルシノール

上記の成分の中でも、特におすすめの成分はビタミンC誘導です。

ビタミンC誘導には抗酸化作用とメラニンの還元作用があります。

抗酸化作用によって、紫外線や外部刺激で発生する活性酸素の働きを抑制するため、バリア機能の低下を防ぎ、くすみを予防することができます。

また、還元作用で色素沈着を起こしたメラニンを無色化し、くすみを改善することも可能です。

今回紹介したおすすめの美白化粧品に含まれている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
おすすめ!サエル ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
アスタリフトホワイト ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
FANCL ・ビタミンC

3つの商品を比較してみると、ビタミンC誘導体が含まれているのはサエルとアスタリフトホワイトです。

そのため、サエルやアスタリフトホワイトを使用すると、くすみを予防・改善することができます。

2-2.保湿力の高い成分が配合されている


くすみができる原因の一つに乾燥があります。

そのため、美白有効成分だけではなく、保湿力の高い成分を含んでいる美白化粧品を使用することも大切です。
保湿力の高いおすすめの成分はこちらです。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

これらの成分の中でも、特におすすめなのはセラミドです。

セラミドは、もともと人間の肌にある保湿成分で、水分を強力に挟み込む特徴があります。

また、湿度が下がっても水分を守る作用もあるため、冬場の乾燥を防ぐのに効果的です。

今回紹介したおすすめの美白化粧品に含まれている保湿成分を表にまとめました。

商品名 保湿成分
おすすめ!サエル ・セラミドナノスフィア
アスタリフトホワイト ・3種のコラーゲン
・ヒアルロン酸など
FANCL ・濃グリセリン

保湿成分を比較してみると、セラミドが配合されているのはサエルです。

サエルに含まれているセラミドナノスフィアは、セラミドの中でも特に浸透力が高いヒト型セラミドをナノ化した成分のことです。

そのため、サエルを使用すると、角層の隅々まで潤いを与え、乾燥を防ぐことができます。

3.くすみができる原因


くすみは主に5つのタイプに分かれます。

  • 角質肥厚型
  • 乾燥型
  • 血行不良型
  • 糖化型
  • メラニン型

それぞれのくすみの原因や見分け方、効果的な成分などを以下で詳しく紹介します。

3-1.角質肥厚型

原因

  • ターンオーバーの遅れで、角質肥厚が起こって肌がくすむ

見分け方

  • 灰色がかかったくすみになっている
  • ひじやかかとに多く見受けられる

お手入れ方法

  • ピーリングや酵素、スクラブ洗顔などで、余分な角質をとる

効果的な成分
  • ピーリング成分…AHA、乳酸、リンゴ酸など
  • 酵素…パパイン、プロテアーゼなど

3-2.乾燥型

原因

  • 加齢や乾燥でキメが乱れ、肌表面にデコボコができ、光が乱反射することで肌がくすむ

見分け方

  • 肌のキメが乱れている
  • 肌に透明感やツヤがない

お手入れ方法

  • 基本のケアに保湿美容液やパックなどを取り入れて、保湿ケアを行う

効果的な成分
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲンなど

3-3.血行不良型

原因

  • 加齢や疲労、睡眠不足などで血行が悪くなることで肌がくすむ

見分け方

  • 肌の血色が悪い
  • 肌が青黒い

お手入れ方法

  • マッサージやホットタオル、入浴で血行を良くする
  • 適度に運動をする

効果的な成分
  • カプサイシン
  • ビタミンE誘導体
  • 炭酸など

3-4.糖化型

原因

  • 肌内部でたんぱく質と糖が結びつき、褐色のAGEsを作り出すことで肌がくすむ

見分け方

  • 肌が茶色っぽい
  • 肌が黄褐色になっている

お手入れ方法

  • 抗糖化作用のあるカモミール、ドクダミなどを摂取し、血糖値を急増させない食事をとる
  • 糖化に注目した美白美容液を使う

効果的な成分
  • ビタミンC誘導体
  • ビタミンB1
  • ビタミンB6
  • クエン酸など

3-5.メラニン型

原因

  • 紫外線や肌の摩擦によってメラニン色素が作られ、色素沈着を起こして肌がくすむ

見分け方

  • 肌にむらがある
  • 肌に黄みがかっている

お手入れ方法

  • 紫外線を予防して、美白ケアを行う
  • ターンオーバーを促進させる美白ケアを行う

効果的な成分
  • ビタミンC誘導体
  • レチノールなど

4.まとめ


今回は、くすみの予防・改善におすすめの美白化粧品とその選び方、くすみができる原因などを紹介しました。

くすみを予防・改善するためには、くすみに効果的なビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白有効成分が含まれた商品を使用しましょう。

また、乾燥によってくすみができる可能性もあるため、保湿成分も含まれているか確認することが大切です。

美白化粧品を使用して、くすみを予防・改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

商品名 美白有効成分※ 保湿力
おすすめ!サエル
アスタリフトホワイト
FANCL

※くすみに効果的な美白有効成分のことです。

美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ