「くすみの予防や改善に効果的な美白化粧品はどれ?」
「くすみの予防と改善に効く美白化粧品の選び方は?」と思ったことはありませんか?

このページでは、くすみの予防と改善に効果的なおすすめの美白化粧品や選び方、くすみができる原因を詳しく紹介していきます。

1.くすみの予防と改善に効果的なおすすめの美白化粧品


くすみの予防と改善に効果的な美白化粧品を選びたいなら以下の2つのポイントに注意しましょう。

  • くすみに効果的な美白成分を配合している
  • 高保湿成分を配合している

上記の選び方に当てはまるおすすめの美白化粧品を3点紹介します。

商品名 価格 特徴
アスタリフトホワイト 1,080円 くすみとハリのケアを重視している
サエル 1,480円 くすみとシミのケアを重視している
FANCL 無添加ホワイトニング 1,830円 くすみやシミ、そばかすのケアを重視している

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位 アスタリフトホワイト

特徴

  • ナノAMA+の働きで、くすみやシミを改善させる
  • ナノアスタキサンチンによって、肌にハリを与えるのに効果的
  • 3種類の潤い成分が配合されているので、高い保湿効果が期待できる
  • 先行美容液からUV美容液まで、1,080円でお試しすることが可能

アスタリフトホワイトの特徴は、くすみの原因であるアルデヒドを抑制するのに効果的なナノAMA+を配合していることです。

ナノAMA+は、ナノAMAとフェルラ酸を組み合わせた成分のことで、メラニンの生成とアルデヒドを抑制し、くすみやシミの除去に働きかけます。

また、保湿効果の高いコラーゲンが3種類も配合されているので、潤いを持続させるのに効果的です。

公式サイトでは、トライアルセットを最安値の1,080円で購入できます。

さらに、化粧水や美容液だけではなく、肌の土台を作る先行美容液やUV美容液も付いているので、ラインでお試しすることが可能です。

こんな人におすすめ!
  • くすみの改善とハリを取り戻したい人

2位 ディセンシア サエル

価格:1,480円

特徴

  • ビタミンC誘導体の働きで、くすみやシミを改善することができる
  • ヒト型セラミドをナノ化しているため、浸透力が高まり、乾燥を感じさせない肌へ導くことができる
  • 特許技術で、乾燥やほこりなどの外部刺激から肌を守る効果が期待できる
  • 30日間の返金保証付きなので、初めての人でも安心して始められる

サエルの特徴は、特許技術のヴァイタサイクルヴェールで肌表面をラップのように包み込んでいることです。

包み込むことで、ほこりや乾燥などの外部刺激から肌を守り、くすみを予防する効果が期待できます。

また、ビタミンC誘導体のメラニン還元作用によって、今あるくすみを改善することができます。

サエルのトライアルセットを最安値で購入できるのは、公式サイトです。

通常価格2,160円のトライアルセットを1,480円で購入できます。

また、30日間の返金保証付きなので、初めての人でも気軽に始められます。

こんな人におすすめ!
  • くすみとシミを改善したい人

3位 FANCL 無添加ホワイトニング

価格:1,830円

特徴

  • 独自成分のアクティブビタミンCで、くすみやシミを改善することができる
  • ヤグルマギクエキスの働きによって、新たなシミを予防する効果が期待できる
  • 防腐剤や香料、紫外線吸収剤などを一切使用していないので、肌の弱い人でも使用することが可能
  • 無期限返品保証付きなので、万が一肌に合わなければ返金してもらえる

FANCLの無添加ホワイトニングは、劣化しやすいビタミンCをアクティブビタミンCへ変化させて配合しています。

アクティブビタミンCによって、肌トラブルの元までビタミンCが届き、くすみやシミを改善させます。

また、添加物を使用していないので、肌に優しいだけではなく、新たなくすみやシミの発生を低減するのに効果的です。

無添加ホワイトニングの公式サイトでは、トライアルセットを通常価格の半額の1,830円で購入できます。

さらに、無期限の返品保証付きなので、初めての人でも気軽に申し込むことが可能です。

こんな人におすすめ!
  • くすみやシミ、そばかすを改善したい人
  • 乾燥も改善したい人

2.くすみの予防と改善に効果的な美白化粧品の選び方


くすみの予防と改善に効果的な美白化粧品の選び方を詳しく紹介します。

2-1.くすみに効果的な美白成分を配合している

くすみに効果的な美白成分は、主に4つあります。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • ハイドロキノン
  • トラネキサム酸

上記の成分の中で、おすすめなのはビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、抗酸化作用の働きでくすみを予防する効果が期待できます。

また、黒化したメラニンを還元する働きもあるため、くすみの改善に効果的です。

一方、ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれるほど美白効果が高い反面、肌への刺激が強い成分です。

そのため、肌の弱い人が使用するとヒリヒリと刺激を感じる可能性があります。

ハイドロキノンを配合している美白化粧品を使用する際は、できるだけ成分をカプセル化して肌への刺激を低減している商品を選びましょう。

2-2.保湿力の高いものを選ぶ

くすみができてしまう原因は、乾燥の可能性があります。

そのため、美白成分だけではなく、高保湿成分を含んでいる商品を選ぶことが大切です。

保湿効果の高い主な成分は、以下の3つです。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

上記の成分で、1番保湿効果が高いといわれているのはセラミドです。

セラミドは、冬場などで温度が低下しても水分を保つ効果が期待できます。

また、セラミドの中でもヒト型セラミドは、浸透性が高いため、肌の奥まで保湿するのに効果的です。

3.美白化粧品の効果を高める2つの方法


美白化粧品の効果を高める方法は、2つあります。

  • コットンではなく、手でつける
  • 数回に分けてつける

それぞれの内容は、下記で紹介します。

3-1.コットンではなく、手でつける

美白化粧品は、コットンではなく、手で直接つけましょう。

どんな上質なコットンを使用しても、強くゴシゴシこすると、繊維の刺激で角層に小さな傷をつけてしまう可能性があります。

角層に傷が付くと、肌の保湿成分が蒸発し、外部刺激を受けやすくなってしまうのです。

外部刺激が肌に入り込むと、肌が乾燥して、老化を招く危険性があります。

そのため、美白化粧品は、手で優しく馴染ませることが大切です。

3-2.数回に分けてつける

肌が保持できる水分量は決まっているので、化粧品を多くつけても意味がありません。

メーカーごとの適量を数回に分けてつけることが大切です。

数回に分けることによって、肌馴染みが良くなり、浸透力を高める効果が期待できます。

4.くすみができてしまう5つの原因と対策


くすみができてしまう主な原因は、以下の5つです。

  • 血行不良によるくすみ
  • 乾燥によるくすみ
  • 紫外線によるくすみ
  • 糖化による黄くすみ
  • 毛穴汚れによるくすみ

それぞれの内容について、詳しく紹介します。

4-1.血行不良によるもの

人間の肌は、ターンオーバーによって古い角質やメラニンを排出し、シミやくすみの生成を防ぐ作用を持っています。

しかし、血行不良になるとターンオーバーが滞り、古い角質やメラニンが残されたままとなり、シミやくすみを作り出してしまうのです。

また、血流が悪くなると青い血管の静脈が目立ちやすくなるため、皮膚が薄い目の下の部分がくすんで見えるようになります。

これは、青くまができてしまう原因です。

同じように顔全体もくすむので、血行の悪い人は疲れているように見えてしまう可能性があります。

4-2.乾燥によるもの

肌が十分に潤っていれば、キメが整い、透明感のある肌に見えます。

しかし、乾燥によってキメが乱れると、肌表面にでこぼこができてしまい、影になって暗く見えてしまうのです。

特に、冬場だけくすんで見えてしまう場合は、乾燥が原因の可能性が高いといわれています。

一方、夏場はエアコンによって肌が乾燥し、夕方だけくすみが目立つ人もいます。

4-3.紫外線によるもの

紫外線を浴びると、肌を守ろうとしてメラニンが作り出されます。

通常はターンオーバーによって外へ排出されてしまうのですが、年齢を重ねるとこの働きが滞りがちになる可能性があります。

そのため、メラニンが肌内部に残って、顔がくすんでしまうのです。

また、紫外線は1年中降り注いでいるので、季節に関係なくUVケアを行いましょう。

曇りや雨の日も紫外線はあるので、日焼け止めや日傘などで対策することが大切です。

4-4.糖化による黄くすみ

糖化とは、食べ物から摂取した余分な糖分と、体内のたんぱく質が結びつき、AGEsという物質を生成することです。

糖化すると、肌の保湿成分であるコラーゲンやエラスチンを硬化させ、くすみやシワ、たるみなど様々な老化を起こす危険性があります。

また、AGEsは黄褐色を帯びているため、黄ぐすみや茶ぐすみの原因になってしまうのです。

糖化を防ぐには、毎日の食生活に気を付けることが大切です。

食事の際は、糖の吸収を緩やかにしてくれる、食物繊維を含む野菜から食べるようにしましょう。

糖化の原因となる白砂糖を使った甘いお菓子や飲み物は控えることが大切です。

4-5.毛穴汚れによるもの

肌の乾燥やたるみ、過剰な皮脂分泌などによって毛穴が開くと、皮脂や汚れが溜まってくすみが生じる可能性があります。

毎日洗顔やクレンジングで落としていても、毛穴汚れは意外と残っているのです。

そのため、蒸しタオルで毛穴を開かせてから顔を洗うなど工夫して、毛穴汚れを落としましょう。

また、洗顔後は必ず保湿してください。

洗顔後は、水分の蒸発が激しく肌が乾燥しやすいので、すぐに化粧水や乳液、クリームなどを塗って、角質層の水分を守ることが大切です。

5.まとめ

今回は、くすみの予防と改善に効果的なおすすめの美白化粧品や選び方、くすみの原因について紹介しました。

美白化粧品を購入するときは、くすみに有効な成分と保湿成分が含まれているか確認することが大切です。

また、くすみの原因である糖化や毛穴汚れを防ぐために、食生活の見直したり洗顔方法を工夫したりしましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

商品名 価格 特徴
アスタリフトホワイト 1,080円 くすみとハリのケアを重視している
サエル 1,480円 くすみとシミのケアを重視している
FANCL 無添加ホワイトニング 1,830円 くすみやシミ、そばかすのケアを重視している
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る