「シミの予防に効果的な美白化粧品はどれ?」
「シミの予防に効果的な美白化粧品の選び方は?」と思ったことはありませんか?

このページでは、シミ予防に効果的なおすすめの美白化粧品や選び方、美白化粧品の効果を高める方法などを紹介します。

1.シミ予防に効果的なおすすめの美白化粧品


シミ予防に効果的な美白化粧品の選び方は、3つあります。

  1. ビタミンC誘導体やアルブチンなどのシミ予防に効果的な美白成分を配合している
  2. 保湿成分を配合している
  3. 使い続けられる価格である

上記の選び方に当てはまるおすすめの美白化粧品は、以下の3つです。

商品名 価格 特徴
サエル 1,480円 肌質を改善し、シミを予防する
アスタリフトホワイト 1,080円 シミの予防とくすみを改善する
無添加ホワイトニング 1,830円 シミの予防と既にできたシミを改善する

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位ディセンシア サエル

価格 1,480円
こんな人におすすめ!
  • 肌質を改善し、シミを予防したい人
特徴

  • 3種類の美白成分で、メラニンの生成と黒化を阻害し、シミを予防する効果が期待できる
  • 独自の保湿成分であるセラミドナノスフィアによって、肌に潤いを与える
  • 抗炎症成分のコウエキスの働きで、赤みや痒みなどの肌トラブルも改善させる
  • 30日間の返金保証付きなので、初めての人でも安心して購入できる
サエルには、シミの予防に効果的な独自成分のエスクレシドやアルブチン、デイリリー花発酵液を配合しています。

エスクレシドとアルブチンは、チロシナーゼの働きを阻害する働きがあるので、シミの生成を阻害するのに効果的です。

また、デイリリー花発酵液は、すでに生成されたメラニンの黒化を防ぐ作用を持っています。

サエルの公式サイトでは、通常価格2,160円のトライアルセットを1,480円で買うことが可能です。

さらに、使用後も返品可能なので、初めての人でも安心して使い始められます。

2位 アスタリフトホワイト

価格 1,080円
こんな人におすすめ!
  • シミの予防とくすみを改善したい人
特徴

  • AMAの働きで、シミを予防する効果が期待できる
  • 配合成分をナノ化しているため、肌の奥まで美白成分を浸透させる作用がある
  • 5種類もの保湿成分が含まれているので、肌をしっとりと潤わせ、乾燥から守るのに効果的
  • 公式サイトでは、トライアルセットを最安値の1,080円で購入することが可能
アスタリフトホワイトの特徴は、一般的な美白成分のビタミンC誘導体やアルブチンだけではなく、ナノAMAを配合していることです。

ナノAMAとは、AMAという潤い成分をナノ化したものです。

AMAには、メラニンの生成元であるメラノサイトを眠らせて、シミを防ぐ効果が期待できます。

また、ナノ化したことで、肌の奥まで美白成分を浸透させるのに効果的です。

アスタリフトホワイトのトライアルセットを最安値で購入できるのは、公式サイトです。

公式サイトのトライアルセットには、先行美容液からUV美容液まで付いているのでラインでお試しすることができます。

3位 FANCL 無添加ホワイトニング

価格 1,830円
こんな人におすすめ!
  • シミを予防、改善したい人
特徴

  • ヤグルマギクエキスで、シミの生成を予防するのに効果的
  • 独自発想成分のアクティブビタミンCによって、今あるシミを改善させる
  • 防腐剤や香料、合成色素などを配合していないため、安心して使用できる
  • 無期限返品保証付きなので、気軽に申し込める
無添加ホワイトニングの特徴は、ヤグルマギクエキスを配合していることです。

ヤグルマギクエキスは、紫外線に当たってもMIF※を阻害する作用を持っているため、シミの生成を予防する効果が期待できます。

※MIFとは、ストレスたんぱく質のこと。シミの原因であるメラニンを生成する危険性がある。

公式サイトでは、通常価格3,672円のトライアルセットを半額の1,830円で購入することが可能です。

また、無期限返品保証付きなので、初めての人でも気軽に申し込めます。

2.シミの予防に効果的な美白化粧品の選び方


シミの予防に効果的な美白化粧品の選び方を詳しく紹介します。

2-1.ビタミンC誘導体やアルブチンなどのシミ予防に効果的な美白成分を配合している

シミの予防に効果的な美白成分は、主に5つあります。

成分 表記名
ビタミンC誘導体 APPS、APM
アルブチン アルブチン、α-アルブチン
トラネキサム酸 トラネキサム酸、m-トラネキサム酸
プラセンタエキス プラセンタエキス
コウジ酸 コウジ酸

上記の成分の中で、おすすめなのはビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変化させた成分のことです。

紫外線を浴びても、情報伝達物質がメラノサイトに届けるのを阻害する働きがあるため、新たなシミを予防する効果が期待できます。

美白化粧品を購入する際は、パッケージや公式サイトに掲載されている成分表示を確認しましょう。

2-2.保湿力が高い成分を配合している


美白成分だけではなく、保湿成分を配合している商品を選びましょう。

なぜなら、肌が乾燥していると、紫外線の影響を受けやすく、シミができやすい肌になってしまう危険性があるためです。

また、肌のキメが乱れていると、美白成分が浸透しにくい可能性があります。

主な保湿成分は、以下の3つです。

成分 表記名
セラミド セラミドEOP、セラミドNS、セラミドNPなど
ヒアルロン酸 ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸など
コラーゲン 水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン

セラミドは保湿するだけではなく、バリア機能を高める働きを持っているため、ほこりや雑菌などの外部刺激から肌を守る効果が期待できます。

新たなシミを生成させないためにも、保湿成分を配合している美白化粧品を選ぶことが大切です。

2-3.使い続けられる価格の化粧品である


紫外線は、夏場だけではなく、年中存在しています。

紫外線が年中降り注いでいるということは、シミの原因であるメラニンもずっと活動しているということです。

1年中美白ケアをしていないと、メラニンの活動が活発のままになってしまい、シミを改善させることが困難になってしまいます。

メラニンを活発にさせないためにも、美白化粧品を継続して使用することが大切です。

そのため、継続して使用できる価格の美白化粧品を選びましょう。

3.美白化粧水の正しい使い方


シミの予防に有効な化粧水を使用していても、正しく使わなければ美白効果を実感しにくい可能性があります。

そこで、美白化粧水の正しい使い方を紹介します。

[美白化粧水の正しい使い方]

  1. 適量の半分を出し、手で温める
  2. 優しく顔全体に馴染ませる
  3. もう半分を出し、目元や口元中心に重ね付けをする
  4. 手のひらが吸いつくほど肌に馴染んだら完了

正しいつけ方に加えて、化粧水をつける時のポイントが2つあります。

  • 洗顔後、すぐに付ける
  • 手で優しくつける

洗顔後は、肌の水分がとても蒸発しやすいため、すぐに化粧水をつけて乾燥を防ぐことが大切です。

また、化粧水はコットンではなく、手でつけましょう。

どんなに上質のコットンでも、強くゴシゴシこすると繊維の刺激で角層に小さな傷をつけてしまう可能性があるためです。

角層に傷が付くと、外部刺激を受けやすくなり、乾燥して老化を招く危険性があります。

このことを防ぐためにも、化粧水は手で優しくつけることが大切です。

4.普段から行えるシミの予防法


シミを予防するためには、美白化粧品を使用するだけではなく、普段の生活習慣を見直すことも大切です。

普段の生活で行えるシミの予防法を紹介します。

4-1.抗酸化作用のある食材を取り入れる


シミの予防には、抗酸化作用を持っているビタミンCが有効です。

ビタミンCの抗酸化作用で、メラニンの沈着を抑えるだけではなく、黒化したメラニンを還元する効果が期待できます。

ビタミンCを多く含んでいる食材を表にまとめました。

食材 ビタミンC含有量
赤パプリカ 170mg
黄パプリカ 150mg
菜の花 130mg
ブロッコリー 120mg
かぶの葉 82mg
カリフラワー 81mg
ピーマン 76mg

ビタミンCは、緑黄色野菜に多く含まれています。

一方、レモンやオレンジ、パセリなどは紫外線の吸収を高めるため、日差しが弱まる夕方以降に食べるのがおすすめです。

4-2.UV対策を行う


美白化粧品を使用しても、UV対策を行わなければ効果が期待できない可能性があります。

そこで、以下のような対策を行いましょう。

  • 毎日日焼け止めを使用する
  • 首元には、ストールを巻く
  • 日傘や帽子、サングラスを使う

2-3.でもお話ししたように、紫外線は年中降り注いでいます。

そのため、夏場だけではなく、冬場もUV対策を行うことが大切です。

5.シミができてしまう原因


シミができてしまう原因は、紫外線やニキビ跡、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因によるものです。

様々な要因の中で最も多いのは、紫外線です。

そこで、紫外線でシミができてしまうメカニズムを紹介します。

①肌に紫外線が当たると、表皮細胞からエンドセリンという情報伝達物質が分泌される。

②エンドセリンは、シミを生成する物質のメラノサイトに届き、メラニンを作れと指令を出す。

③メラノサイトに指示が届くと、チロシン(アミノ酸)がチロシナーゼ(酸化酵素)の働きで、メラニンに変化する。

④通常の肌の場合、メラニンは表皮細胞へ徐々に受け渡され、ターンオーバーによって古い角質とともに排出される。

⑤しかし、何らかの影響でメラノサイトの活動が収まらず、メラニンが過剰生成されると、ターンオーバーでの排出が追い付かなくなり、シミとなって残ってしまう。

上記のような状態にならないためにも、紫外線対策はもちろん、美白化粧品を継続的に使用して、メラニンの生成を抑制することが大切です。

6.まとめ

今回は、シミの予防に効果的なおすすめの美白化粧品や選び方、美白化粧水の正しい使い方を紹介しました。

シミの予防には、ビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白成分と保湿成分を配合している商品を選びましょう。

また、美白化粧品だけではなく、日々の紫外線対策も行うことが大切です。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

商品名 価格 特徴
サエル 1,480円 肌質を改善し、シミを予防する
アスタリフトホワイト 1,080円 シミの予防とくすみを改善する
無添加ホワイトニング 1,830円 シミの予防と既にできたシミを改善する
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る