あなたは、シミを改善する美白化粧品について以下の疑問を持っていませんか?

「シミの改善におすすめの美白化粧品はどれ?」
「シミを改善する美白化粧品の選び方は?」

このページでは、シミの改善におすすめの美白化粧品や選び方、スキンケア方法などを紹介します。

1.シミに効果的なおすすめの美白化粧品ランキング


シミを改善する美白化粧品の選び方で重要なのは次の3点です。

  • シミに有効な美白成分を配合している
  • 肌質に合っている
  • 1年中使い続けられる

上記の選び方に当てはまるおすすめの美白化粧品を3点紹介します。

商品名 価格 特徴
おすすめ!ディセンシア サエル 1,480円 肌質を改善しながら、シミをケアする
ビーグレン 1,944円 美白効果の高い成分で、シミを改善する
HANAオーガニック 1,480円 オーガニック成分で、シミを改善する

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位 ディセンシア サエル

価格:1,480円

特徴

  • ビタミンC誘導体の働きで、今あるシミやくすみを改善する
  • 3種類の美白成分で、新たなシミを予防するのに効果的
  • 敏感肌や乾燥肌向けに作られた美白化粧品なので、肌の弱い人でも使用することが可能
  • 30日間の返金保証付きなので、気軽に始められる

サエルの特徴は、特許技術のヴァイタサイクルヴェールで肌表面をラップのように包み込んでいることです。

包み込むことで、バリア機能を強化し、水分の蒸発を防ぎ、潤った肌に改善させます。

肌を改善することによって、ビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白成分が浸透しやすなり、シミの予防と除去の効果が期待できます。

サエルのトライアルセットを最安値で購入できるのは、公式サイトです。

通常価格2,160円のトライアルセットを1,480円で購入できます。

さらに、30日間の返金保証付きなので、初めての人でも安心して使い始められます。

こんな人におすすめ!
  • 肌質を改善しながら、シミをケアしたい人

2位 ビーグレン ホワイトケア

価格:1,944円

特徴

  • 肌の漂白剤といわれる強力な成分のハイドロキノンで、シミを改善できる
  • 独自技術によって、美白成分を肌トラブルの元まで浸透させるのに効果的
  • 長時間、有効成分が肌の中で留まる働きがあるため、美白効果を持続することが可能
  • 365日の返金保証付きなので、初めての人でも気軽に始められる

ビーグレンのホワイトケアの特徴は、ハイドロキノンを独自技術でQuSome化していることです。

ハイドロキノンは、肌の漂白剤といわれる強力な美白成分ですが、肌質によっては痒みや赤み、白斑ができる危険性があります。

副作用を起こさないために、ビーグレンはハイドロキノンをQuSomeという超微小のカプセルで包み込み、肌への刺激を低減させました。

また、カプセル化したことによって、肌トラブルの元まで美白成分を浸透させるのに効果的です。

ビーグレンの公式サイトでは、トライアルセットを通常価格の71%オフの1,944円で購入できます。

さらに、365日の返金保証付きなので、気軽に始められます。

こんな人におすすめ!
  • 美白効果の高い成分で、シミを改善したい人

3位 HANAオーガニック

価格:1,480円

特徴

  • ビタミンC誘導体と朝鮮アザミの働きで、シミの改善と予防効果が期待できる
  • 6種類のオーガニック花精油によって、くすみやほうれい線などのエイジングケアにも効果的
  • 天然100%のオーガニック成分のみで作られているので、安心して使用できる
  • 公式サイト限定で、56%オフで購入できる

HANAオーガニックは、馬鈴薯などの天然原材料から作られたビタミンC誘導体が配合されています。

ビタミンC誘導体のメラニン色素を無色化する働きによって、今あるシミを改善することができます。

また、抗酸化作用もあるので、メラニンの黒化を抑制し、シミの生成を予防するのに効果的です。

HANAオーガニックのトライアルセットは、公式サイト限定で販売されています。

通常価格3,438円の56%オフの1,480円で購入することが可能です。

トライアルセットには、極度な乾燥が気になる人用のモイスチャートライアルセットもあるので、自分の肌質に合わせて選べます。

こんな人におすすめ!
  • オーガニック成分で、シミを改善させたい人

2.シミを改善する美白化粧品の選び方


シミを改善する美白化粧品の選び方を詳しく紹介します。

2-1.シミの改善に有効な美白成分を配合している

シミの改善に有効な美白成分を2つ紹介します。

成分名 表記名
ビタミンC誘導体 リン酸アスコルビル、APPS、VCIPなど
ハイドロキノン ハイドロキノン

2つの成分のうちで、おすすめなのはビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に吸収しやすいように変化させた成分のことです。

シミの原因であるメラニンを抑制するだけではなく、黒くなったメラニンを還元する作用もあるので、シミの予防と改善のどちらにも有効な成分といわれています。

また、コラーゲンを生成する働きがあるので、ハリや弾力を与え、シワやたるみを改善することも可能です。

2-2.肌質によって選ぶ

美白成分は、肌質によって合う人と合わない人がいます。

そのため、顔につける前に、パッチテストを行って自分の肌に合うか確認しましょう。

パッチテストの方法

パッチテストとは、使用したい化粧品を二の腕や太ももなどの体の柔らかい部分につけて、副作用が起きないか確認する方法です。

  1. 使用したい化粧品を体の柔らかい部位に付ける。落ちてしまいやすい場合は、ガーゼに染み込ませて張り付けたり、絆創膏に含んでつけておいたりする。
  2. そのまま24時間放置する。お風呂で流れないように、入浴後に行うのがおすすめ。
  3. 24時間後、試した部位を確認する。

試した部位に、赤みや痒みなどが無ければ使用できます。

また、肌の弱い人は敏感肌や乾燥肌向けに作られた美白化粧品を使用して、肌への刺激を予防することが大切です。

2-3.1年中使い続けられるものを選ぶ

美白化粧品は、1年中使い続けることが大切です。

夏場だけ美白化粧品を使用する人をよく見かけますが、紫外線は季節を問わず年中降り注いでいます。

年中紫外線が降り注いでいるということは、シミの原因であるメラニンもずっと活動しているということです。

1年中美白ケアをしていないと、メラニンの活動が活発のままになってしまい、シミを改善させることが困難になってしまいます。

メラニンを活発にさせないためにも、美白化粧品を継続して使用することが大切です。

そのため、継続して使用できる価格の美白化粧品を選びましょう。

3.シミを改善するスキンケア方法


シミの改善に有効な化粧品を使用しても、スキンケア方法が間違っていれば美白効果を実感しにくい可能性があります。

そこで、シミ改善のためのスキンケア方法を紹介します。

  1. クレンジングと洗顔を使用して、メイクや毛穴汚れを優しく素早く落す。流すときは、ぬるま湯で肌に刺激を与えないようにする。
  2. 洗顔後、すぐに化粧水をつける。手で軽く温めて、肌に押し付けるように浸透させる。
  3. 化粧水が浸透したら、手に美容液を適量取って、肌全体に優しくつける。
  4. 最後に、乳液やクリームをつける。ハンドプレスをしながら広げていく。

洗顔やクレンジングの時にゴシゴシこすったり、化粧水や乳液をつける時にパタパタ叩いたりすると肌に刺激を与えてしまい、シミを生成させてしまう可能性があります。

そのため、手で優しく洗ったり、つけたりすることが大切です。

4.シミができる原因と種類


シミができてしまう原因と種類について紹介します。

4-1.シミができる原因とメカニズム

シミができてしまう原因は、紫外線やニキビ跡、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因によるものです。

最も多い原因は、紫外線です。

そこで、紫外線でシミができてしまうメカニズムを紹介します。

  1. 肌に紫外線が当たると、表皮細胞からエンドセリンという情報伝達物質が分泌される。
  2. エンドセリンは、シミを生成する物質のメラノサイトに届き、メラニンを作れと指令を出す。
  3. メラノサイトに指示が届くと、チロシン(アミノ酸)がチロシナーゼ(酸化酵素)の働きで、メラニンに変化する。
  4. 通常の肌の場合、メラニンは表皮細胞へ徐々に受け渡され、ターンオーバーによって古い角質とともに排出される。
  5. しかし、何らかの影響でメラノサイトの活動が収まらず、メラニンが過剰生成されると、ターンオーバーでの排出が追い付かなくなり、シミとなって残ってしまう。

上記のような状態にならないためにも、紫外線対策はもちろん、美白化粧品を継続的に使用して、メラニンの生成を抑制することが大切です。

4-2.シミの種類

シミは、6種類のタイプに分けられます。

それぞれの特徴を表にまとめました。

シミの種類 特徴 美白化粧品の効果
老人性色素斑 シミの中で最も多いタイプ。頬骨の高い部位にできやすく、数ミリ~数十ミリの丸い色素斑。薄茶色から次第に濃くなっていく。 △ ごく初期のうっすらとしたシミには効果的。
脂漏性角化症 シミからイボのように盛り上がってきたもの。イボの表面はボツボツとしている。 × 皮膚の形態が変化しているため、美白化粧品は効果が期待できない
雀卵斑(そばかす) 10代からでき始め、小さい茶色のシミが鼻を中心に散らばるようにできている。シミの形は、三角や四角。 △ 理論上、効果的だが、遺伝子的要素が強すぎると困難。
炎症性色素沈着 ニキビ跡や傷跡などが茶色くシミになって残ったもの。 〇 美白化粧品が有効なタイプ。ビタミンC誘導体がおすすめ。
肝斑 頬骨辺りに、モヤモヤと左右対称にできることが多い。茶色や灰色など様々なタイプがある。 〇 美白化粧品が有効なタイプ。ピーリングや内服薬と併用すると、より効果的。
花弁状色素斑 海などで急激に日焼けした後に、肩から背中にかけてできる小さなシミ。花びらのような形をしている。 × 美白化粧品ではほとんど効果が期待できない。

上記のように、美白化粧品が全てのシミに効果的とは限りません。

そのため、自分のシミはどれに当てはまるのか確認してから美白化粧品を使用することが大切です。

5.まとめ

今回は、シミの改善に有効なおすすめの美白化粧品や選び方、スキンケア方法などを紹介しました。

シミの改善には、ビタミンC誘導体やハイドロキノンを配合していて、1年中継続して使用できる商品を選ぶことが大切です。

また、肌質によって美白化粧品の相性が異なるため、トライアルセットで様々な商品をお試ししてみましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

商品名 価格 特徴
おすすめ!ディセンシア サエル 1,480円 肌質を改善しながら、シミをケアする
ビーグレン 1,944円 美白効果の高い成分で、シミを改善する
HANAオーガニック 1,480円 オーガニック成分で、シミを改善する
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ