あなたは、美白化粧水に関して以下のような疑問を持っていませんか?

・「シミを改善する美白化粧水はどれ?」
・「シミを改善する美白化粧水の選び方は?」

このページでは、シミの改善におすすめの美白化粧水とその選び方、美白化粧水がシミに効くメカニズムや特徴などを紹介します。

シミに効果的な美白化粧水を使用して、キレイな肌へ改善させましょう。

1.シミの改善におすすめの美白化粧品


美白化粧水でシミを改善したいなら以下の3つのポイントに注意して選びましょう。

・美白有効成分を配合している
・浸透力が高い
・使い続けられる価格

上記の選び方に該当するおすすめの美白化粧水はこちらです。

商品名 美白有効成分 浸透力 価格
ディセンシア サエル ビタミンC誘導体、アルブチン
アスタリフトホワイト アルブチン
ビーグレン ホワイトケア VCエチル

3つの商品の中で最もおすすめなのはディセンシアのサエルです。

サエルは、美白有効成分として認可されているビタミンC誘導体とアルブチンが含まれているため、シミを改善・予防することができます。

また、特許技術のヴァイタサイクルヴェールで、肌表面をラップのように包み込む働きがあります。

そのため、肌のバリア機能をサポートして紫外線のダメージを軽減し、新たなシミを予防するのに効果的です。

さらに、浸透性保湿成分であるウォータリーモイスチャーが配合されているため、角層の隅々まで美白化粧水を浸透させる効果が期待できます。

2.シミを改善する美白化粧水の選び方


先ほど紹介した次の3つのポイントについて以下で詳しく紹介します。

・美白有効成分を配合している
・浸透力が高い
・使い続けられる価格

2-1.美白有効成分を配合している

シミを改善するためには、美白有効成分を配合している化粧水を選びましょう。

代表的な美白有効成分を表にまとめました。

美白有効成分 表示名
アルブチン アルブチン、α-アルブチン、β-アルブチン
ビタミンC誘導体 VCエチル、APPS、APM
トラネキサム酸 トラネキサム酸、m-トラネキサム酸
プラセンタエキス プラセンタエキス
4MSK 4-メトキシサリチル酸カリウム塩

上記の成分の中でおすすめなのは、ビタミンC誘導体です。

シミができるきっかけは、紫外線が肌に当たって活性酸素を大量に生成することです。

元々、活性酸素は細菌など体に害のある物質から細胞を守る働きを担っています。

しかし、活性酸素は適量でなければ、細胞にダメージを与えてしまうのです。

細胞にダメージが加わると、緩和するために情報伝達物質を分泌し、メラノサイトにメラニンを生成するように指令を出します。

指令を受け取ったメラノサイトは、チロシン(アミノ酸の一種)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活発化させます。

すると、チロシナーゼとチロシンが結合し、メラニンに変化してしまうのです。

ビタミンC誘導体には、活性酸素の除去とチロシナーゼの活性を抑制する作用があるため、新たなシミを予防する効果が期待できます。

また、メラニンを還元する作用があるため、黒くなったメラニンを無色化し、今あるシミを改善させます。

2-2.浸透力が高い

化粧水の役割は、洗顔で失われた水分を補給することです。

そのため、浸透力の高い化粧水を選ぶこともポイントの一つです。

成分をナノ化していたり、独自の浸透技術で配合していたりすると高い浸透力が期待できます。

また、化粧水を角層の奥まで浸透させることによって、肌表面が整い、後に使う美容液や美白クリームの浸透力も高めることができます。

2-3.使い続けられる価格

美白化粧水でシミを改善させるためには使い続けることが大切です。

それは、ターンオーバーという肌の新陳代謝が関わっているためです。

ターンオーバーは、約28日周期で行われているので、1ヶ月程で肌表面が生まれ変わります。

一方、シミやくすみなどの頑固なメラニンは、肌の奥深い場所に溜まっているので、約3ヶ月間使用することが大切といわれています。

また、化粧品の中でも化粧水は使用量が多いため、経済的に無理のない商品を選びましょう。

3.シミの改善におすすめの美白化粧水ランキング

シミの改善におすすめの美白化粧水はこちらです。

それぞれの商品について、美白有効成分が多い順に紹介します。

1位 ディセンシア サエル

価格 1,480円
返金保証 30日間
浸透力
美白有効成分 ビタミンC誘導体、アルブチン
特徴

  • ビタミンC誘導体のメラニン還元作用で、今あるシミを改善することができる
  • 特許技術のヴァイタサイクルヴェールで、肌表面をラップのように包み込むため、乾燥やほこりなどの外部刺激から肌を守る効果が期待できる
  • 水にも油にもなじみやすい性質のウォータリーモイスチャーが配合されているため、美白成分を角層の隅々まで浸透させる
  • 敏感肌の人に向けて作られた美白化粧水なので、肌の弱い人でも安心して使用できる
こんな人におすすめ!
  • 肌が弱いけど、美白ケアしたい人
  • 肌のバリア機能を高めたい人

2位 アスタリフトホワイト

価格 1,080円
返金保証 ×
浸透力
美白有効成分 アルブチン
特徴

  • アルブチンの働きで、シミの生成を予防する効果が期待できる
  • アスタキサンチンやヒアルロン酸、3種のコラーゲンによって、ハリと潤いを与える
  • グリチルリチン酸ジカリウムの働きで、肌荒れを抑制する
  • 美白成分をナノ化しているため、シミの原因元まで浸透させる
こんな人におすすめ!
  • 美白ケアだけではなく、ハリや弾力も取り戻したい人
  • 肌荒れも改善したい人

3位 ビーグレン ホワイトケア

価格 1,944円
返金保証 365日
浸透力
美白有効成分 VCエチル
特徴

  • 最新型ビタミンC誘導体で肌環境を整え、シミの無い肌へ導く
  • EDP3が配合されているので、肌を活性化し、内側から弾力を与える
  • 美白成分を独自技術でQuSome化しているため、高い浸透力が期待できる
  • 17時間配合成分を留める作用があるため、継続的にシミにアプローチし、潤いを与え続ける
こんな人におすすめ!
  • 肌の内側から弾力を取り戻したい人
  • サラッとしたテクスチャーの化粧水を使用したい人

4.美白化粧水の美白効果と対応できるシミの種類

美白化粧水の美白効果と対応できるシミの種類について紹介します。

4-1.美白化粧水の美白効果

美白化粧水は、主に3つの方法でシミにアプローチします。

・メラニンの生成を抑制
・メラニンの還元
・メラニンの排出

アプローチの仕方は、美白化粧水によって異なります。

それぞれの方法について、下記で詳しく紹介します。

・メラニンの生成を抑制

紫外線が肌に当たると、活性酸素が大量に発生し、肌細胞にダメージを与えてしまいます。

肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌されます。

情報伝達物質は、メラノサイトにメラニンを生成するように指示を出します。

メラノサイトに指示が届くと、アミノ酸の一種であるチロシンを生成し、活性酵素のチロシナーゼを活発化させます。

すると、チロシンとチロシナーゼが結合しメラニンに変化してしまうのです。

美白化粧水には、活性酸素の除去やチロシナーゼの活性を抑制する働きがあるため、新たなメラニンの生成を予防することができます。

美白有効成分では、ビタミンC誘導体やフラーレンがこの働きを担っています。

・メラニンの還元

元々、メラニンは無色です。

しかし、ターンオーバーが乱れると、メラニンの排出が困難になり、色素沈着を起こして黒くなってしまうのです。

美白化粧水には、メラニンの還元作用があるため、黒くなったメラニンを無色化することができます。

美白有効成分では、ビタミンCとビタミンC誘導体がこの働きを担っています。

・メラニンの排出

メラニンが肌内部に溜まると、色素沈着を起こして黒くなってしまい、シミとして肌表面に現れてしまいます。

そのため、メラニンを排出することが大切です。

美白有効成分では、4MSKやプラセンタエキスがこの働きを担っています。

4-2.美白化粧水で改善できるシミの種類

シミの種類は、大きく6つに分けられます。
その中で、美白化粧品が効果的なシミは以下の2つです。

・炎症性色素沈着…ニキビ跡や傷跡などが茶色くシミとなって残ったもの。
・肝斑…頬骨のあたりにモヤモヤっと左右対称にできることが多い。色は茶色や灰色など様々なタイプがある。

上記のように、美白化粧水はニキビ跡や傷跡にできたシミにも効果的です。

シミといっても、様々な種類があるため、自分はどのシミに当てはまるか一度確認してみましょう。

5.まとめ

今回は、シミを改善するおすすめの美白化粧水とその選び方、美白化粧水がシミに効くメカニズムなどを紹介しました。

美白化粧水は、美白有効成分が配合されており、浸透力を高めている商品を選びましょう。

また、美白化粧品は使い続けることで美白効果を実感することができるので、経済的に無理のない商品を選ぶことが大切です。

美白化粧水を使用して、シミのないキレイな肌へ改善させましょう。

美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ