あなたは、美白化粧品のトライアルセットについて、以下のような疑問を持っていませんか?

  • おすすめのトライアルセットはどれ?
  • トライアルセットを選ぶ際のポイントは?

このページでは、おすすめのトライアルセットとその選び方、シミやくすみができる原因などを紹介していきます。

美白化粧品のトライアルセットを使用して、自分の肌に合った商品を見つけましょう。

1.美白化粧品でおすすめのトライアルセット

美白化粧品のトライアルセットを選ぶ際は、2つのポイントを抑えて選びましょう。

  • 美白有効成分を配合している
  • 目的別に選ぶ

上記のポイントを踏まえたおすすめのトライアルセットはこちらです。

商品名 美白有効成分
サエル おすすめ!
アスタリフトホワイト
アンプルール
HANA
ファンケル

それぞれの商品について、下記で詳しく紹介します。

1位 ディセンシア サエル

価格 1,480円
美白有効成分 ・アルブチン
・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
特徴

  • トライアルセットに30日間の返金保証が付いている
  • アルブチンやトラネキサム酸の働きで、シミを予防・改善する
  • シモツケソウエキスなどの有効成分で、黄ぐすみや青ぐすみなどもケアすることが可能
  • 高保湿成分のヒト型セラミドをナノ化して配合されているため、角層まで潤いを与えるのに効果的
  • 肌質が弱い人でも使用することができる敏感肌専用の美白化粧品
こんな人におすすめ!
  • 新たなシミを予防し、肌内部にあるメラニンのみを排出させ、今あるシミを改善したい人
  • シミをケアしながらくすみも改善したい人
  • 保湿力の高い美白化粧品を使用したい人
  • 肌質が弱いけど美白ケアをしたい人

2位 アスタリフトホワイト

価格 1,000円
(税込1,080円)
美白有効成分 ・アルブチン
・ビタミンC誘導体
・グリチルリチン酸ジカリウム
特徴

  • ビタミンC誘導体で黒化したメラニンを還元し、今あるシミを改善する
  • 有効成分をナノ化して配合しているため、肌の奥まで浸透させることができる
  • ナノAMA+がくすみの原因であるアルデヒドに働きかけるため、肌のトーンを明るくする効果が期待できる
  • アスタキサンチンが配合されているため、肌のハリを取り戻すのにも効果的
こんな人におすすめ!
  • シミをケアしながら肌のハリも取り戻したい人
  • 浸透力の高い美白化粧品を使用したい人

3位 アンプルール ラグジュアリーホワイト

価格 1,890円
美白有効成分 ・アルブチン
・ビタミンC誘導体
特徴

  • ハイドロキノンが配合されているため、素早くシミを改善することができる
  • ハイドロキノンを安定化させて配合しているので、肌への負担が軽減されている
  • ヒアルロン酸を含んでいるため、肌に潤いを与え、乾燥を防ぐ
こんな人におすすめ!
  • 素早くシミを改善したい人
  • 肌への刺激を軽減したハイドロキノンを使用したい人

4位 HANAオーガニック

価格 1,480円
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
特徴

  • 馬鈴薯などの天然原材料から作られたビタミンC誘導体で、今あるシミを改善する
  • ダマスクローズやネロリ、ラベンダーなどの香りで、肌の再生力を促進させるため、敏感肌などの肌質から改善することができる
  • 天然100%のオーガニック成分で作られているので、安全性が高い
こんな人におすすめ!
  • 肌質から改善したい人
  • オーガニック成分のみで作られた美白化粧品を使用したい人

5位 ファンケル 無添加ホワイトニング

価格 1,830円
美白有効成分 ・ビタミンC
特徴

  • ビタミンCをアクティブビタミンCに変化して配合しているため、成分の劣化を防ぐことができる
  • ヤグルマギクエキスの働きで紫外線を浴びると発生するMIFを抑制するため、新たなシミを防ぐのに効果的
  • 肌の負担となる防腐剤や石油系界面活性剤、紫外線吸収剤などを使用していない無添加の美白化粧品
こんな人におすすめ!
  • 無添加の美白化粧品を使用したい人
  • 新たなシミの予防に力を入れたい人

2.美白化粧品のトライアルセットを選ぶ際のポイント


先ほど紹介した美白化粧品のトライアルセットを選ぶ際のポイントを詳しく紹介します。

2-1.美白有効成分を配合している

美白有効成分とは、厚生労働省に安全性と美白効果を認可されている成分のことです。

現在では、約20種類あります。

その中で、おすすめの美白有効成分を表にまとめました。

成分 表記名
アルブチン ・アルブチン
・α-アルブチン
・β-アルブチン
トラネキサム酸 ・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
ビタミンC ・アスコルビン酸Na
プラセンタエキス ・プラセンタエキス
4MSK ・4MSK

上記の美白有効成分の中でも、特におすすめなのはアルブチンです。

アルブチンは、チロシナーゼの働きを抑制し、メラニンの生成を阻害する効果が期待できます。

メラニン生成を阻害することによって、肌内部にあるメラニンのみを排出させると今あるシミを改善することができるのです。

また、色素沈着を防ぐ作用もあるため、メラニンの黒化を阻害し、シミの増加を予防することもできます。

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
おすすめ!サエル ・アルブチン
・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
アスタリフトホワイト ・アルブチン
・ビタミンC誘導体
・グリチルリチン酸ジカリウム
アンプルール ・アルブチン
・ビタミンC誘導体
HANA ・ビタミンC誘導体
ファンケル ・ビタミンC

商品を比較してみると、おすすめの美白有効成分であるアルブチンが含まれているのはサエルとアスタリフトホワイト、アンプルールです。

また、サエルにはトラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kが含まれています。

それぞれの働きはこちらです。

  • トラネキサム酸:メラノサイトの働きを抑制し、新たなシミを予防する
  • グリチルリチン酸2K:抗炎症作用でニキビや吹き出物を改善する

これらの働きがあるため、サエルを使用するとシミを予防・改善しながらニキビや吹き出物をケアすることができます。

2-2.目的別に選ぶ


美白化粧品でも配合されている成分によって、改善方法やメリット・デメリットなどが異なります。

美白化粧品に配合されている主な成分は、美白有効成分やハイドロキノン、オーガニック成分です。

それぞれの改善方法やメリット・デメリット、おすすめの人について紹介します。

美白有効成分が配合された美白化粧品

ビタミンC誘導体などの美白有効成分が含まれた美白化粧品のメリット・デメリット、おすすめの人はこちらです。

メリット

  • シミの改善や予防に働きかける
  • 厚生労働省に安全性や美白効果があると確認されているため、安心して使用できる

デメリット

  • 商品によっては添加物が含まれている

こんな人におすすめ!
  • シミの改善や予防をする美白化粧品を使用したい人
  • 安全性も重視したい人
  • 妊娠や産後で敏感になった肌をサポートする美白化粧品を使用したい人
  • 高い保湿力も期待している人

美白有効成分配合の化粧品の特徴は、安全性が高いことです。

一方、商品によっては肌の負担となる添加物が含まれている可能性があるため、一度配合成分を確認してから購入しましょう。

ハイドロキノンが配合された美白化粧品


ハイドロキノンが配合された美白化粧品のメリット・デメリット、おすすめの人はこちらです。

メリット

  • メラニンの還元作用でシミを改善する
  • 気になるシミを集中的にケアできる

デメリット

  • 成分自体が不安定なため、紫外線に当たるとシミを悪化させてしまう危険性がある
  • 漂白剤といわれるほど強力な成分なので、人によっては刺激を感じる可能性がある

こんな人におすすめ!
  • 気になるシミを集中的にケアしたい人
  • ニキビや吹き出物などの肌荒れを起こしていない人

ハイドロキノンはスポットクリームに配合されている商品が多いため、気になるシミを集中的にケアすることができます。

その反面、成分自体が不安定なので、紫外線に当たるとシミを悪化させてしまう危険性があります。

これらを防ぐためにも、ハイドロキノン配合の化粧品を使う際はタイミングや使用量を確認しましょう。

また、肌への負担が大きいため、ハイドロキノンを安定化させたりマイクロカプセル化したりしている商品を選ぶこともポイントです。

オーガニック成分が配合された美白化粧品


オーガニック成分が配合された美白化粧品のメリット・デメリット、おすすめの人はこちらです。

メリット

  • 肌質から変化させるため、敏感肌や乾燥肌などを改善することができる
  • じっくりと時間をかけてシミを改善する

デメリット

  • 肌質から変化させるため、シミを改善するのに時間がかかる
  • オーガニック成分が含まれているため、香りの好みが分かれやすい

こんな人におすすめ!
  • 肌質から改善したい人
  • じっくりと時間をかけてシミを改善したい人

オーガニック成分が配合された美白化粧品の特徴は、肌質から改善することです。

それは、オーガニック成分の香りで副交感神経を高め、肌の再生力を促進させることができるためです。

上記のように、美白化粧品によってメリットやデメリット、おすすめの人が異なります。

今回紹介したおすすめの美白化粧品の種類はこちらです。

商品名 配合成分
サエル 美白有効成分
アスタリフトホワイト 美白有効成分
アンプルール ハイドロキノン
HANA オーガニック成分
ファンケル 美白有効成分

このように、美白化粧品でも配合成分が異なるため、シミの改善方法が違います。

そのため、どのようにシミを改善したいか考えて美白化粧品を選ぶことも大切です。

3.トライアルセットのメリット


トライアルセットのメリットは、主に4つあります。

  • じっくりお試しができる
  • ラインで揃えることができる
  • 高価な化粧品も安く試すことができる
  • 返金保証が付いていると、肌に合わなければ返金してもらえる

トライアルセットの金額は約1,000円~3,000円以内なので、高額な化粧品でも気軽にお試しすることができます。
また、返品保証が付いていると、万が一肌に合わなければ返金してもらえるので安心して使用することができます。

4.シミやくすみができる原因


シミやくすみができる原因をそれぞれ紹介します。

4-1.シミができる原因

シミができる主な原因は、紫外線です。

紫外線が肌に当たって、シミができるまでのメカニズを図にまとめました。

1.紫外線が肌に当たると、活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与えてしまう

2.肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌される

3.情報伝達物質は、メラノサイトにメラニンを作るよう指示を出す

4.メラノサイトは、最初にチロシン(アミノ酸)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活性化させる

5.チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまう

上記の流れでシミの原因元であるメラニンが生成されるのです。

通常、ターンオーバーによってメラニンは排出されます。
しかし、加齢や不規則な生活習慣を送っていると、ターンオーバーが乱れ、メラニンの排出が困難になってしまいます。
すると、いずれ色素沈着を起こしてメラニンが黒くなり、肌表面にシミとして現れてしまうのです。

4-2.くすみができる原因


くすみは、大きく5つのタイプに分けることができます。

くすみの種類 美白化粧品の効果
メラニン型
乾燥型
糖化型
角質肥厚型
血行不良型

表を見てみると、メラニン型と乾燥型、糖化型のくすみは美白化粧品で予防・改善することができます。

それぞれのくすみの原因を以下で詳しく紹介します。

メラニン型のくすみ

原因

  • 紫外線や肌の摩擦によってメラニン色素が作られ、色素沈着を起こして肌がくすむ

見分け方

  • 紫外線を予防して、美白ケアを行う
  • ターンオーバーを促進させる美白ケアを行う

乾燥型のくすみ

原因

  • 加齢や乾燥でキメが乱れ、肌表面にデコボコができ、光が乱反射することで肌がくすむ

見分け方

  • 肌のキメが乱れている
  • 肌に透明感やツヤがない

糖化型

原因

  • 肌内部でたんぱく質と糖が結びつき、褐色のAGEsを作り出すことで肌がくすむ

見分け方

  • 肌が茶色っぽい
  • 肌が黄褐色になっている

角質肥厚型のくすみ

原因

  • ターンオーバーの遅れで、角質肥厚が起こって肌がくすむ

見分け方

  • 灰色がかかったくすみになっている
  • ひじやかかとに多く見受けられる

血行不良型

原因

  • 加齢や疲労、睡眠不足などで血行が悪くなることで肌がくすむ

見分け方

  • 肌の血色が悪い
  • 肌が青黒い

5.まとめ


今回は、美白化粧品でおすすめのトライアルセットとその選び方などを紹介しました。

美白化粧品のトライアルセットを選ぶ際は、美白有効成分が配合されている商品を選びましょう。

また、商品によって気になるシミを集中的に改善したり、肌質から改善したり働きが異なるので配合成分も確認して選ぶことも大切です。

美白化粧品のトライアルセットを使用して、自分の肌に合った商品を見つけ、本商品でじっくりとシミやくすみを改善させましょう。

今回紹介したおすすめのトライアルセット一覧

商品名 美白有効成分
サエル おすすめ!
アスタリフトホワイト
アンプルール
HANA
ファンケル
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ