あなたは、VIOの黒ずみに効果的な美白クリームに関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • VIOの黒ずみに効果的なおすすめの美白クリームはどれ?
  • VIOの黒ずみに効果的な美白クリームの選び方は?

このページでは、VIOの黒ずみに効果的なおすすめの美白クリームとその選び方、VIOが黒ずんでしまう原因などを紹介していきます。

1.VIOの黒ずみに効果的なおすすめの美白クリームランキング


VIOの黒ずみに効果的な美白クリームを選ぶ際は、以下の3点に注意して選びましょう。

  • VIOの黒ずみに有効な美白有効成分を配合している
  • 保湿成分を含んでいる
  • 返金保証が付いている

上記のポイントに該当するおすすめの美白クリームはこちらです。

商品名 美白有効成分 保湿力 返金保証
おすすめ!イビサクリーム
アットベリー
ホスピピュア

それぞれの商品の詳細をおすすめ順に紹介します。

1位 イビサクリーム

定期価格 ・コンビニ後払い:4,970円
(税込:5,368円)
・クレジット決済:4,470円
(税込:4,828円)
単品価格 7,000円
(税込:7,560円)
契約回数 2回
返金保証 28日間
美白有効成分 ・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
保湿力(成分) ・ヒアルロン酸Na
・グリセリン
・ローズ水など
特徴

  • トラネキサム酸と4種類の植物成分の相乗効果で、黒ずみを改善する力が高まる
  • グリチルリチン酸2Kが配合されているため、下着やショーツなどの摩擦から肌を守るのに効果的
  • 8種類の保湿成分も含まれているので、VIOに潤いを与え、肌ダメージを改善する
  • 合成着色料やアルコールなどを配合していない無添加の美白クリームなので、安心して使用することができる
おすすめの人!
  • 黒ずみに対して高い美白効果を期待している人
  • 無添加の美白クリームを使用したい人
  • 保湿力の高い美白クリームを使用したい人

2位 アットベリー

定期価格 ・初回:2,980円
(税込:3,219円)
・2回目以降:5,540円
(税込:5,875円)
単品価格 6,800円
(税込:7,344円)
契約回数 2回
返金保証 180日間
美白有効成分 ・プラセンタ
・グリチルリチン2K
保湿力(成分) ・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲンなど
特徴

  • プラセンタや天然ビタミンEの働きで、メラニンの排出を促し、黒ずみを改善する
  • 保湿力の高いセラミドやコラーゲンが配合されているため、VIOを外部刺激から守るのに効果的
  • ニオイケアをする桑エキスも含まれているため、VIOの気になるニオイも改善することができる
おすすめの人!
  • VIOの黒ずみだけではなく、気になるニオイも改善したい人
  • メラニンの排出を促して、シミを改善したい人

3位 ホスピピュア

定期価格 5,500円
(税込:5,940円)
単品価格 9,000円
(税込:9,720円)
契約回数 3回
返金保証 90日間
美白有効成分 ・トラネキサム酸
保湿力(成分) ・スクワラン
・シアバター
特徴

  • ルナホワイトの働きで、黒化したメラニンを無色化し、VIOの黒ずみを改善することができる
  • 天然由来成分で作られているため、敏感肌でも使用することができる
  • 湘南美容外科が全監修した商品なので、各成分をバランス良く配合している

2.VIOの黒ずみに効果的な美白クリームの選び方


先ほど紹介したVIOの黒ずみに効果的な美白クリームの選び方について、詳しく紹介します。

2-1.黒ずみに有効な美白有効成分を配合している

美白有効成分とは、厚生労働省が美白効果や安全性が確認された成分のことです。

現在では、約20種類の美白有効成分があります。

その中でも、特におすすめの成分はこちらです。

美白有効成分 表記名
トラネキサム酸 ・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸
プラセンタエキス ・プラセンタ
・プラセンタエキス
ビタミンC誘導体 ・アスコルビルグルコシド
・VCエチル
・VC-IPなど
グリチルリチン酸2K ・グリチルリチン酸2K

トラネキサム酸は、シミの原因元であるメラニンの生成を担っているメラノサイトの働きを抑制する作用があります。

メラノサイトを抑制することで、新たなシミの生成を防ぐため、今あるメラニンのみを排出すると黒ずみを改善することができるのです。

グリチルリチン酸2Kは、炎症を起こした肌を正常に戻す働きがあるので、下着などの摩擦で敏感になった肌を改善することができます。

そのため、VIOの黒ずみを改善するためにはトラネキサム酸やグリチルリチン酸2Kがおすすめです。

今回紹介しているおすすめの美白クリームに配合されている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
イビサクリーム ・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
アットベリー ・プラセンタ
・グリチルリチン酸2K
ホスピピュア ・トラネキサム酸

3つの商品を比較してみると、イビサクリームとアットベリーには美白有効成分のトラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kが配合されています。

そのため、黒ずみとダメージを受けた肌を改善することができます。

2-2.保湿成分を含んでいる


デリケートゾーンはまぶたよりも皮膚が薄いため、乾燥しやすいといわれています。

乾燥しやすいと、角質肥厚※になりメラニンの排出が困難になってしまいます。

※角層が厚くなってしまうこと

メラニンの排出が滞ると、色素沈着を起こして黒くなってしまうのです。

そのため、美白有効成分だけではなく、保湿成分が含まれている美白クリームを使用しましょう。

今回紹介するおすすめの美白クリームに配合されている保湿成分を表にまとめました。

商品名 保湿成分
イビサクリーム ・ヒアルロン酸Na
・グリセリン
・ローズ水など
アットベリー ・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲンなど
ホスピピュア ・スクワラン
・シアバター

イビサクリームとアットベリーには、保湿力の高いヒアルロン酸が含まれています。

ヒアルロン酸は、水分を蓄える力があるため、水分蒸発を防ぎ、乾燥から肌を守るのに効果的です。

2-3.返金保証が付いている

美白クリームは、トライアルなどお試しできる商品があまり見受けられません。

そのため、美白クリームを購入する際に返金保証が付いていると、万が一肌に合わない場合に返金してもらえるので安心して使い始められることができます。

3.デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因


デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因は、主に3つあります。

  • 下着やショーツによる摩擦や刺激
  • 母体の防御反応
  • 加齢による代謝の低下

それぞれの内容について以下で詳しく紹介します。

3-1.下着やショーツによる摩擦や刺激

デリケートゾーンが黒ずんでしまう多くの原因は、下着やショーツによる摩擦や刺激によるものです。

ショーツや下着を脱いだ時に、肌が赤くなっていることはありませんか?

肌が赤いのは、メラニンの生成が活発になっているためです。

ショーツや下着のゴムで圧迫された皮膚は、外部から過度な刺激を受けていると思い、メラニンを生成して肌を守ろうとします。

この状態が続くと、自然とメラニンが活発になり、肌のターンオーバーが乱れ、徐々に黒ずみとなってしまいます。

そのため、きついショーツや下着は着ないようにしましょう。

3-2.母体の防御反応


妊娠や出産を機に、デリケートゾーンやバストトップなどの黒ずみが悪化した人は、母体の防御反応によるものです。

妊娠時は、母体が出産に備えて肌を守ろうとメラニン生成が活発化します。

そのため、皮膚全体のターンオーバーも乱れ、デリケートゾーンも黒くなってしまうのです。

産後は、ターンオーバーが元の状態に戻るため、黒ずみが徐々に薄くなっていきます。

しかし、デリケートゾーンは出産で多くのダメージを受けているため、軽度の色素沈着が残る可能性があります。

ダメージを緩和するために、美白クリームを塗って、色素沈着を改善させましょう。

3-3.加齢による代謝の低下

年をとると、血行や代謝が衰えてしまうためターンオーバーが低下してしまいます。

その影響でメラニンの排出が滞り、デリケートゾーンや顔、バストトップなど様々な部位に黒ずみができやすくなります。

黒ずみを予防するためには、新陳代謝の周期を整えることも大切です。

4.デリケートゾーンの黒ずみを予防する方法


デリケートゾーンの黒ずみを予防するおすすめの方法を3つ紹介します。

  • 下着はコットン素材で、締め付けない程度のサイズを選ぶ
  • たんぱく質やビタミンCが豊富な食材を摂取する
  • デリケートゾーンの洗い方に注意する

それぞれの内容について、以下で詳しく紹介します。

4-1.下着はコットン素材で、締め付けない程度のサイズを選ぶ

下着を選ぶ際は、3つのポイントを抑えて選びましょう。

  1. コットンやシルクの素材を選ぶ
  2. ウエストゴムは締め付けないものを選ぶ
  3. サイズは少しゆとりをもたせて選ぶ

下着の素材は、綿100%やオーガニックコットンを選んで、肌に摩擦を与えないようにすることが大切です。

また、サイドをひもで結ぶタイプやゴムなどで締付けないショーツを履いて圧迫感を無くす方法もあります。

4-2.たんぱく質やビタミンCが豊富な食品を摂取する


たんぱく質とビタミンCが豊富な食品を摂取して、体の内側からも美白ケアしましょう。

たんぱく質とビタミンCの主な働きはこちらです。

  • たんぱく質…代謝の速度を調整するホルモンの材料になり、新しい細胞の生まれかわりサポートする
  • ビタミンC…メラニンの色素沈着を抑える働きがあるため、黒化を防ぐことができる

上記のように、メラニンの色素沈着を抑制したり、ターンオーバーを促進させたりすることで新たなシミを予防する効果が期待できます。

たんぱく質とビタミンCが多く含まれている食品をまとめました。

たんぱく質が多い食品…肉類、魚介類、卵、チーズ、牛乳など
ビタミンCが多い食品…ブロッコリー・みかん・イチゴ・キウイ・ほうれん草・さつまいもなど

上記の食材をバランスよく摂取して、デリケートゾーンの黒ずみを予防しましょう。

4-3.デリケートゾーンの洗い方に注意する

デリケートゾーンの皮膚は薄く、ダメージを受けやすいため、体を洗う際は優しく洗いましょう。

デリケートゾーンを強く洗うと黒ずみの原因になるだけではなく、肌に必要な常在菌まで落としてしまう可能性があります。

常在菌を落としてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなり、臭いやかぶれ、かゆみが起きるリスクがあるといわれています。

かぶれやかゆみなどを起こさないためにも、デリケートゾーンは優しく洗うことが大切です。

5.まとめ


今回は、VIOの黒ずみに効果的なおすすめの美白クリームとその選び方、VIOに黒ずみができる原因などについて紹介しました。

VIOの黒ずみには、美白有効成分と保湿力のある成分が含まれている商品を選びましょう。

また、美白クリームに返金保証が付いていると万が一肌に合わなければ返金してもらえるので、気軽に始められます。

美白クリームを使用して、VIOの黒ずみを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白クリーム一覧

商品名 美白有効成分 保湿力 返金保証
おすすめ!イビサクリーム
アットベリー
ホスピピュア
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ