あなたは、手の甲や腕のシミを改善する美白クリームに関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • 手の甲や腕のシミを改善するおすすめの美白クリームはどれ?
  • 手の甲や腕のシミを改善する美白クリームの選び方は?

このページでは、手の甲や腕のシミを改善するおすすめの美白クリームとその選び方、美白クリームの効果を高める方法などを紹介していきます。

1.手の甲や腕のシミを改善するおすすめの美白クリームランキング


手の甲や腕のシミの改善する美白クリームを選ぶ際は、以下のポイントを抑えて選びましょう。

  • 美白有効成分を配合している
  • 手荒れをケアする成分を配合している
  • 紫外線のダメージを軽減する成分を配合している

上記のポイントに当てはまるおすすめの美白クリームはこちらです。

商品名 美白有効成分 手荒れケア ダメージ軽減※
おすすめ!サエル
アスタリフトホワイト
ビーグレン

※紫外線のダメージを軽減する成分のことです

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位 ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム

価格 1,480円
返金保証 30日間
美白有効成分 ・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
手荒れケア ・ヒト型セラミド
ダメージ軽減 ・グリチルリチン酸2K
特徴

  • アルブチンの働きで、新たなシミを予防する
  • ヒト型セラミドも配合されているため、手荒れをケアするのに効果的
  • グリチルリチン酸2Kで、紫外線ダメージを軽減する
  • 敏感肌専用に作られた美白化粧品なので、肌の弱い人でも安心して使用することができる
こんな人におすすめ!
  • 新たなシミも予防し、肌内部にあるメラニンのみを排出させて今あるシミを改善したい人
  • 手荒れもケアする美白クリームを使用したい人
  • 肌が弱くても使える美白クリームを探している人

2位 アスタリフトホワイト 美白クリーム

価格 1,000円
(税込:1,080円)
返金保証
美白有効成分 ・アルブチン
手荒れケア ・3種のコラーゲン
ダメージ軽減 ・グリチルリチン酸ジカリウム
特徴

  • アルブチンが配合されているため、チロシナーゼの働きを抑制し、新たなシミを予防する
  • 有効成分をナノ化して配合しているため、角層の奥まで浸透させるのに効果的
  • べたつかないテクスチャーなので、季節を問わず使用することができる
こんな人におすすめ!
  • 新たなシミの予防に力を入れたい人
  • べたつかないテクスチャーの美白クリームを使用したい人

3位 ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

価格 1,800円
(税込:1,944円)
返金保証 365日
美白有効成分 ・アスコルビン酸
(ビタミンC)
手荒れケア ・グリセリン
ダメージ軽減 ・アスコルビン酸
(ビタミンC)
特徴

  • ハイドロキノンが配合されているので、気になるシミに集中的に働きかける
  • 独自技術でハイドロキノンを包み込んで配合しているため、肌への負担を軽減している
  • ビタミンCの働きで、紫外線のダメージを軽減し、新たなシミを予防する
こんな人におすすめ!
  • 肌への負担を軽減しているハイドロキノン配合の美白クリームを使用したい人
  • 気になるシミだけを集中的にケアしたい人

2.手の甲や腕のシミを改善する美白クリームの選び方


先ほど紹介した、手の甲や腕のシミを改善する美白クリームの選び方を詳しく紹介します。

2-1.美白有効成分を含んでいる

手の甲は、日焼け止めを塗っていても手洗いなどで落ちやすく、紫外線が当たりやすい部位の一つです。

また、腕も夏場は露出する機会が多かったり、体を洗う時にゴシゴシとこすって摩擦を与えたりしてメラニンを生成してしまいがちです。

そのため、顔のシミを改善することができる美白効果の高い成分(美白有効成分)が含まれた美白クリームを使用しましょう。

美白有効成分とは、厚生労働省に美白効果や安全性が認可されている成分のことです。

現在では、約20種類の美白有効成分があります。

その中でも、おすすめの美白有効成分はこちらです。

美白有効成分 表示名
アルブチン ・アルブチン
・α-アルブチン
・β-アルブチン
トラネキサム酸 ・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
グリチルリチン酸2K ・グリチルリチン酸2K

上記の美白有効成分の中でも特におすすめなのは、アルブチンです。

アルブチンはチロシナーゼの働きを抑制する作用があるため、メラニンの生成を予防する効果が期待できます。

メラニンの生成を阻害することによって、新たなシミを予防し、肌内部にあるメラニンのみを排出させると今あるシミを改善することができるのです。

アルブチンがシミに働きかけるメカニズムについては、こちらのページに詳しく紹介しています。

参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

今回紹介したおすすめの美白クリームに含まれている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
おすすめ!サエル ・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
アスタリフトホワイト ・アルブチン
ビーグレン ・アスコルビン酸(ビタミンC)

商品を比較してみると、アルブチンが含まれているのはサエルとアスタリフトホワイトです。

そのため、サエルやアスタリフトホワイトを使用すると、新たなシミを予防して肌内部にあるメラニンのみを排出させ、今あるシミを改善することができます。

2-2.手荒れをケアする成分を配合している


手の甲のシミを改善したい人は、手荒れをケアする成分も含まれた美白クリームを選びましょう。

手荒れの状態が続くと、皮膚が炎症を起こし、茶色くなってシミに変化してしまう可能性があるためです。

手荒れをケアするおすすめの成分はこちらです。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

これらの成分の中で、特におすすめなのはセラミドです。

セラミドは、もともと人間の肌に存在する保湿成分で、水分を強力に挟み込む特徴があります。

また、湿度が下がっても水分の蒸発を防ぐ作用があるため、冬場に起こりがちな手荒れを防ぐのに効果的です。

今回紹介したおすすめの美白クリームに含まれている成分を比較してみました。

商品名 手荒れケア成分
おすすめ!サエル ・ヒト型セラミド
アスタリフトホワイト ・3種のコラーゲン
ビーグレン ・グリセリン

3つの商品を比較してみると、セラミドが配合された美白クリームはサエルです。

サエルに含まれているヒト型セラミドは、セラミドを人間の肌に浸透しやすいように変化させた成分のことです。

そのため、サエルを使用すると角層の隅々まで潤いを与え、手荒れをケアすることができます。

2-3.紫外線のダメージを軽減する成分を配合している


シミができる主な原因は紫外線です。

紫外線が肌に当たると、活性酸素が発生します。

活性酸素が発生すると、シミの原因元であるメラニンの生成を指示する物質が分泌されてしまいます。

そのため、活性酸素の働きを抑制・除去したり、紫外線の炎症を抑制する成分が配合された美白クリームを使用して、メラニン生成を予防しましょう。

おすすめの成分はこちらです。

  • グリチルリチン酸2K
  • ビタミンC誘導体
  • ビタミンC

これらの成分の中でも、特におすすめなのはグリチルリチン酸2Kです。

グリチルリチン酸2Kは、抗炎症作用があるため、紫外線の炎症を抑制し、メラニンの生成を阻害する効果が期待できます。

今回紹介したおすすめの美白クリームに含まれている成分を表にまとめました。

商品名 成分
おすすめ!サエル ・グリチルリチン酸2K
アスタリフトホワイト ・グリチルリチン酸ジカリウム
ビーグレン ・ビタミンC

商品を比較してみると、グリチルリチン酸2Kが含まれているのはサエルです。

また、アスタリフトホワイトに含まれているグリチルリチン酸ジカリウムも抗炎症作用があるため、紫外線のダメージを軽減し、メラニン生成を抑制する効果が期待できます。

3.手の甲や腕にシミができやすい原因


手の甲や腕にシミができやすい原因はこちらです。

  • 紫外線に当たりやすい
  • 摩擦を受けやすい
  • 火傷や怪我による皮膚の炎症

それぞれの原因について、以下で詳しく紹介します。

3-1.紫外線に当たりやすい

手の甲や腕は露出する機会が多く、シミができやすい部位の一つです。

特に手の甲は、日焼け止めを塗っても手洗いなどで落ちやすいため、紫外線を浴びやすくなっています。

手の甲や腕に紫外線が当たると、メラノサイトが活性化し、シミの原因であるメラニンを過剰生成してしまうのです。

メラニンは通常、ターンオーバーによって排出されます。

しかし、メラニンが過剰に生成されるとターンオーバーでの排出が追い付かなくなり、肌内部に残ってしまいます。

メラニンが肌内部に残っていると、いずれ色素沈着を起こし黒くなり、肌表面にシミとして現れてしまうのです。

3-2.摩擦を受けやすい


お風呂で体を洗うときに、ゴシゴシと力を入れてこすっていませんか?

毎日ゴシゴシと力を入れて体をこすると、摩擦のダメージが大きくなり、メラニンを過剰生成してしまいます。

また、ゴシゴシと洗うことによって、角質層の水分が不足し、ターンオーバーが乱れてしまう可能性があるのです。

メラニンの過剰生成やターンオーバーの乱れによって、シミを作り出してしまいます。

3-3.火傷や怪我による皮膚の炎症

手の甲や腕にシミができるもう一つの原因は、火傷や怪我などによるものです。

火傷や怪我をしてしまうと、皮膚が炎症を起こしてしまい、その炎症が茶色くシミとなって残ってしまう可能性があります。

4.美白クリームの美白効果を高める3つの方法


美白クリームを効果的に使用する方法を3つ紹介します。

  • 夜寝る前に塗る
  • マッサージしながら浸透させる
  • 手荒れが気になるときは手袋を併用

それぞれの内容について、下記で紹介します

4-1.夜寝る前に塗る

日中は、手洗いや食器洗いなど、水に触れる機会が多いですよね。

そのため、夜寝る前に美白クリーム塗ると、長時間、手の甲や腕に美白成分を浸透させることができます。

また、寝ている間の水分蒸発を防ぐのに効果的です。

4-2.マッサージをしながら浸透させる


美白クリームを表面にサッと塗るだけではなく、マッサージをしながら塗ると、美白成分をしっかりと手の甲や腕に浸透させる効果が期待できます。

また、マッサージをすることで、血行やリンパの流れも改善できるため、新陳代謝を上げるのに効果的です。

指先から手のひら、手のひらから肩の方に向かって軽く指圧しながらマッサージしましょう。

4-3.手荒れが気になるときは手袋を併用

手荒れがひどい時は、ハンドクリームを塗った後に、手袋をすることで浸透力を高め、効果を持続できます。

夜寝る前やテレビを見るときなど、しばらく水を使わないでいいときに実践するのがおすすめです。

手袋を選ぶ際は、肌への刺激を少なくするために、綿素材でできた薄手のものを使用しましょう。

5.手の甲や腕のシミを予防する3つの方法


手の甲や腕のシミを予防する方法を3つ紹介します。

  • ハンドクリームを塗る
  • アームカバーを付ける
  • 体の洗い方に気をつける

それぞれの内容について、下記で紹介します

5-1.ハンドクリームを塗る

ハンドクリームは、UVカットや保温力に特化した様々な商品が販売されています。

外出の際は、UVカットに特化したハンドクリームを使用して紫外線対策をしっかりと行いましょう。

SPF値は30程度で、PAはPA+++がおすすめです。

また、家や屋内にいる時は、保湿力の高いハンドクリームを使用して、紫外線などの外部刺激を受けた手の甲に潤いを与えて、バリア機能を高めましょう。

5-2.アームカバーを付ける


車や自転車の運転中、野外での活動時は、手の甲に紫外線を直接浴びる時間が長くなってしまいます。

その際は、ハンドクリームや日焼け止めを塗り、その上からアームカバーをつけると、より高い美白効果が期待できます。

普通の布で出来たものではなく、UVカット加工がされている布で作られたアームカバーを選びましょう。

最も紫外線を予防する効果が高いのは、「UVカット繊維ポリエステル」という生地です。

紫外線散乱剤と呼ばれる繊維が練りこまれているので、紫外線を防止する力が高いといわれています。

5-3.体の洗い方に気をつける

お風呂で身体を洗う時に力を入れてゴシゴシこすると、摩擦でメラニンを生成してしまいます。

また、ごしごし洗うことで、角質層の水分が不足し、ターンオーバーが乱れてしまう危険性があります。

そのため、手のひらでなでるように優しく洗いましょう。

優しく洗うことで、肌に必要な皮脂や善玉菌が流れるのを防ぐため、体臭や乾燥を予防する効果も期待できます。

6.まとめ


今回は、手の甲や腕のシミを改善する美白クリームとその選び方、美白クリームの効果を高める方法などを紹介しました。

手の甲や腕のシミを改善する美白クリームを選ぶ際は、美白有効成分や紫外線のダメージを軽減する成分が含まれた商品を選びましょう。

また、手の甲のシミを改善したい人は、手荒れをケアする成分も配合された美白クリームを選ぶこともおすすめです。

美白クリームを使用して、手の甲や腕のシミを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白クリーム一覧

商品名 美白有効成分 手荒れケア ダメージ軽減※
おすすめ!サエル
アスタリフトホワイト
ビーグレン

※紫外線のダメージを軽減する成分のことです

美白クリームに戻る
美白クリームの関連記事
美白化粧品のおすすめ
おすすめのシミ対策
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を成分で選ぶ