あなたは、背中のシミを改善する美白クリームに関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • 背中のシミを改善するおすすめの美白クリームはどれ?
  • 背中のシミを改善する美白クリームを選ぶ際のポイントは?
  • 背中にシミができてしまう原因は?

このページでは、背中のシミを改善するおすすめの美白クリームとその選び方、背中にシミができてしまう原因などを紹介していきます。

1.背中のシミを改善するおすすめの美白クリームランキング


背中のシミを改善する美白クリームを選ぶ際は、以下のポイントに注意して選びましょう。

  • 背中のシミを改善する美白有効成分が含まれている
  • 高保湿成分が含まれている
  • 肌の負担となる添加物が含まれていない

これらのポイントに当てはまるおすすめの美白クリームはこちらです。

商品名 美白有効成分 高保湿成分
おすすめ!ジッテプラス
ミューラグジャス
ミネラルボディ

それぞれの美白クリームについて、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位 ジッテプラス

価格 定期価格:980円
(2回目以降:4,980円)
美白有効成分 ・3-O-エチルアスコルビン酸※
・プラセンタエキス
保湿成分 ・ヒアルロン酸
・スーパーヒアルロン酸
・加水分解ヒアルロン酸
・ナノセラミド
ナノセラミド

※3-O-エチルアスコルビン酸は、ビタミンC誘導体の一種です。

特徴

  • プラセンタエキスとビタミンC誘導体が配合されているので、シミの改善力が高い
  • 高保湿成分のセラミドと3種のヒアルロン酸が含まれているため、角層の隅々まで潤いを与えるのに効果的
  • 洗浄効果が期待できるグリチルリチン酸2の働きで、背中ニキビも予防することができる
  • 90日間の返金保証付き
こんな人におすすめ!
  • 高いシミの改善力を期待している人
  • 高保湿成分が配合された美白化粧品を使用したい人
  • 背中ニキビも予防したい人
  • 返金保証付きの美白クリームを使用したい人

2位 ミューラグジャスボディクリーム

価格 単品価格:2,480円
(税込:2,679円)
2本セット価格:4,960円
(税込:5,357円)
美白有効成分 ・プラセンタエキス
・アルブチン
保湿成分 ・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
特徴

  • プラセンタエキスとアルブチンの働きで、シミを改善・予防する
  • 3種の高保湿成分と天然保湿成分によって、肌に潤いを与え、乾燥を防ぐ効果が期待できる
  • 肌に馴染みやすく、べたつきの少ないテクスチャー
こんな人におすすめ!
  • シミの予防にも力を入れたい人
  • べたつきが少ないテクスチャーの美白クリームを使用したい人

3位 ミネラルボディシャインジェル

価格 5,500円
(税込:5,940円)
美白有効成分 ・プラセンタエキス
・アルブチン
(・新安定型ハイドロキノン)
保湿成分 ・ヒアルロン酸
・コラーゲン
特徴

  • プラセンタエキスの働きでメラニンの排出を促進し、透明感のある肌へ導く
  • 漂白作用が強い新安定ハイドロキノンも配合されているため、シミや黒ずみを素早く改善する
  • ゲンチアナ根エキスやローマカミツレ花エキスなどの作用によって、日焼けによる炎症もケアすることができる
こんな人におすすめ!
  • シミや黒ずみを改善しながら、予防もしたい人
  • シミや黒ずみなどを素早く改善したい人
  • 日焼けによる炎症も改善したい人

2.背中のシミを改善する美白クリームの選び方


先ほど紹介した、シミを改善する美白クリームを選ぶ際のポイントについて詳しく紹介します。

2-1.背中のシミを改善する美白有効成分が含まれている

美白有効成分とは、厚生労働省が美白効果や安全性を認可した成分のことです。

現在では、約20種類の美白有効成分があります。

その中でも、背中のシミを改善するのにおすすめの成分はこちらです。

美白有効成分 表示名
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
プラセンタエキス ・プラセンタエキス
アルブチン ・アルブチン
・α-アルブチン
・β-アルブチン
グリチルリチン酸2K ・グリチルリチン酸2K

この成分の中でも、特におすすめなのはビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、今あるシミを改善するだけでなく、新たなシミを予防することもできます。

ビタミンC誘導体がシミに働きかけるメカニズムについては、こちらのページに詳しく紹介しています。


参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

今回紹介したおすすめの美白クリームに含まれている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
おすすめ!ジッテプラス ・3-O-エチルアスコルビン酸※
・プラセンタエキス
ミューラグジャス ・プラセンタエキス
・アルブチン
ミネラルボディ ・プラセンタエキス
・アルブチン
(・新安定型ハイドロキノン)

商品を比較してみると、ビタミンC誘導体が配合されているのはジッテプラスです。

また、プラセンタエキスも含まれているためシミの改善力を高めることができます。

2-2.高保湿成分が含まれている


美白有効成分だけではなく、高保湿成分が含まれている美白クリームを配合している商品を選びましょう。

その理由は、肌が保湿されていないと紫外線や下着などの摩擦で外部刺激を受けやすくなり、メラニンを過剰生成してしまう可能性があるためです。

おすすめの高保湿成分はこちらです。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

上記の高保湿成分の中でも、特におすすめなのはセラミドです。

セラミドは、もともと人間の肌に存在する保湿成分で、水分を強力に挟み込む特徴があります。

今回紹介したおすすめの美白クリームに含まれている保湿成分を表にまとめました。

商品名 保湿成分
おすすめ!ジッテプラス ・ナノセラミド
・ヒアルロン酸
・スーパーヒアルロン酸
・加水分解ヒアルロン酸
ミューラグジャス ・セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
ミネラルボディ ・ヒアルロン酸
・コラーゲン

3つの商品を比較してみると、セラミドが含まれているのはジッテプラスとミューラグジャスボディクリームです。

また、ジッテプラスには3種類のヒアルロン酸が含まれているためより高い保湿力が期待できます。

2-3.肌の負担となる添加物が含まれていない


紫外線や衣類などの摩擦によって、肌が敏感になっている可能性があります。

肌が敏感な状態で、アルコールやパラベンなどの添加物が配合された美白クリームを使用すると、刺激を感じる場合があります。

刺激を防ぐためにも、肌の負担となる添加物が含まれていない美白クリームを使用しましょう。

肌の負担となる一部の添加物を表にまとめました。

添加物 表示名
アルコール
(エタノール)
・エチルアルコール
・べヘニルアルコール
・フェノキシエタノールなど
パラベン ・パラベン
・エチルパラベンなど
鉱物油 ・鉱物油
・ミネラルオイル
・セレシンなど
ホルムアルデヒド ・ホルムアルデヒド
・ホルマリンなど

これらの成分が配合されていると、肌の刺激となったり乾燥を悪化させたりしてしまう危険性があります。

今回紹介したおすすめの美白クリームに含まれている添加物を比較してみました。

商品名 添加物
おすすめ!ジッテプラス
ミューラグジャス ・エタノール
ミネラルボディ ・香料

比較してみると、肌の負担となる添加物が含まれていないのはジッテプラスです。

また、ジッテプラスに含まれているフェノキシエタノールは緑茶などにも存在する天然成分なので安全性が高いといわれています。

3.背中にシミができる原因


背中にシミができる主な原因は、炎症後の色素沈着です。

また、炎症にも2つの種類があります。

  • ニキビやかぶれなどによる炎症
  • 日焼けによる炎症

それぞれの炎症について、以下で詳しく紹介します。

3-1.ニキビやかぶれなどによる炎症

背中は皮脂分泌の量が少ない反面、顔と違って洗いづらく、汚れが残りやすいのでニキビができやすくなっています。

その他にも、下記のような要因で背中にニキビができてしまいます。

  • 洗いすぎでバリア機能が低下
  • 洗い残し
  • シャンプーやボディーソープなどのすすぎ残し
  • 不潔な寝間着や寝具
  • 睡眠不足やストレス

これらの要因でニキビができ、ターンオーバーで排出されなかったメラニンはいずれ色素沈着を起こし、肌表面にシミとして現れてしまうのです。

3-2.日焼けによる炎症

紫外線を浴びると、肌細胞を守るためにメラニンが生成されます。

通常、メラニンはターンオーバーによって排出されますが、大量に紫外線を浴びるとメラニンを過剰生成してしまい、ターンオーバーでの排出が困難になってしまいます。

メラニンが排出されなければ、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

4.美白クリームで改善できるシミの種類


シミは、大きく6種類に分けることができます。

シミの種類 美白クリームの効果
老人性色素斑
脂漏性角化症
雀卵斑(そばかす)
炎症性色素沈着
肝斑
花弁状色素斑

上記のように、美白クリームで改善できるシミとできないシミがあります。

美白クリームで改善できるシミの特徴や見分け方については、以下で詳しく紹介します。

4-1.老人性色素斑

老人性色素斑

特徴

  • シミの中で最も多い種類
  • 紫外線の影響でできやすい
  • ごく初期のうっすらとしたシミには美白化粧品でも改善できる
見分け方

  • 頬骨の高い位置にできている
  • 数mm〜数十mm大の丸い色素斑
  • でき始めは薄い茶色だが、次第に濃くはっきりとしくる

4-2.雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(そばかす)

特徴

  • 一般的に小さいシミのことだが、厳密には遺伝的なシミのこと
  • 10代の頃からでき始め、色白の人に比較的多く見受けられる
  • 遺伝的な要素が強すぎると、美白化粧品で改善するのは困難
見分け方

  • 小さな茶色いシミが鼻を中心に散らばるようにできる
  • シミの形は、三角や四角になっている

4-3.炎症性色素沈着

炎症性色素沈着

特徴

  • 黒化したメラニンが正常に排出されず、肌内部に残ってシミになったもの
  • 洗顔やクレンジングの際に強い力でこすると炎症を起こしてシミができる可能性もある
  • シミの中でも最も美白化粧品が効果的
見分け方

  • ニキビ跡や傷跡が茶色くなってシミとして残っている
  • 毛を毛抜きで抜いた後に毛穴が黒く跡に残る

4-4.肝斑

肝斑

特徴

  • 女性ホルモンのバランスが崩れた時にできやすい
  • 妊娠中やピルを使用した際に見受けられる
  • 美白化粧品が効果的なシミ
見分け方

  • 頬骨のあたりにモヤモヤッと左右対称にできることが多い
  • 色は茶色や灰色など様々なタイプがある

5.まとめ


今回は、背中のシミを改善するおすすめの美白クリームとその選び方、背中にシミができる原因などを紹介しました。

美白クリームを選ぶ際は、背中のシミを改善する美白有効成分と高保湿成分が含まれた商品を選びましょう。

また、肌の負担となる添加物が含まれていないか確認することも大切です。

美白クリームを使用して、背中のシミを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白クリーム一覧

商品名 美白有効成分 高保湿成分
おすすめ!ジッテプラス
ミューラグジャス
ミネラルボディ
美白に戻る
美白の関連記事
美白のおすすめ
美白化粧品を配合・成分で選ぶ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を詳しく知る
美白化粧品を肌質、症状別に選ぶ