あなたは、ハイドロキノン配合の美白化粧品に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • ハイドロキノンを配合しているおすすめの美白化粧品はどれ?
  • ハイドロキノン配合の美白化粧品を選ぶ際のポイントは?

このページでは、ハイドロキノンを配合しているおすすめの美白化粧品とその選び方、ハイドロキノンの特徴や効果などを紹介していきます。

1.ハイドロキノンを配合しているおすすめの美白化粧品


ハイドロキノン配合の美白化粧品を選ぶ際は、以下のポイントに注意して選びましょう。

  • 配合濃度が4%未満
  • 美白有効成分も配合している
  • トライアルセットでお試しができる

上記のポイントに当てはまるおすすめの美白化粧品はこちらです。

商品名 価格 配合濃度※1
おすすめ!アンプルール 1,890円 2.5%
ビーグレン 1,944円 1.9%

※1,ハイドロキノンの配合濃度
※価格は、トライアルセットの税込価格です。

それぞれの商品について、下記で詳しく紹介します。

アンプルール ラグジュアリーホワイトシリーズ

価格 1,890円
配合濃度※ 2.50%
美白成分 ・新安定型ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体
・アルブチン

※ハイドロキノンの濃度のことです。

特徴

  • 美容液と化粧水にハイドロキノンが配合されているので、高い美白効果が期待できる
  • ハイドロキノンをマイクロカプセル化しているため、肌の負担を軽減している
  • メラニンの生成を抑制するアルブチンも含まれているので、新たなシミの予防力を高めることができる
  • 保湿力の高いヒアルロン酸の働きで、肌に潤いを与え、乾燥を防ぐ
おすすめの人!
  • 今あるシミを改善しながら、新たなシミも予防したい人
  • 保湿力の高いハイドロキノン配合の化粧品を使用したい人

ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9

価格 1,800円
(税込1,944円)
配合濃度※ 1.9%
美白成分 ・ハイドロキノン

※ハイドロキノンの濃度のことです。

特徴

  • ハイドロキノンを独自技術で包み込んでいるため、肌トラブルの元まで成分を浸透させることができる
  • 17時間有効成分を肌の中に留まらせる作用があるので、日常的にシミにアプローチする
  • 気になるシミを集中的に美白ケアすることができるスポットタイプ
おすすめの人!
  • 気になるシミを集中的にケアしたい人
  • 浸透性の高いハイドロキノン配合の化粧品を使用したい人

2.ハイドロキノン配合の美白化粧品を選ぶ際のポイント


先ほど紹介した、ハイドロキノン配合の美白化粧品を選ぶ際のポイントについて詳しく紹介します。

2-1.ハイドロキノンの配合濃度が4%未満

ハイドロキノンは、濃度が4%以下なら発がん性や白斑の危険性が無いと確認されています。

しかし、ハイドロキノンの配合濃度に規制がないため商品によって濃度が異なります。

また、市販と病院で処方しているものも以下のように平均の濃度が違います。

市販の化粧品…1%〜4%
皮膚科で処方される商品…5%〜

市販の化粧品で2,000円や3,000円など価格が安い化粧品はハイドロキノンの濃度が1%未満の商品が多く見受けられます。

また、通販サイトなどで販売されている海外製品は、ハイドロキノンを4%以上配合している商品があります。

高濃度過ぎても肌への負担が大きくなるので、ハイドロキノンの濃度が1%〜4%程の商品を選ぶことがおすすめです。

2-2.美白有効成分も配合している

美白有効成分とは、厚生労働省が美白効果や安全性を認可した成分のことです。

ハイドロキノンだけではなく、美白有効成分も配合されていると美白ケアする力を高めることができます。

現在では、約20種類の美白有効成分があります。

その中でも、おすすめの成分はこちらです。

成分名 表示名
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
ビタミンC ・L-アスコルビン酸
・アスコルビン酸
・V.C
プラセンタエキス ・プラセンタエキス
4MSK ・4MSK

上記の成分の中でも、特におすすめなのはビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、3つの美白効果が期待できます。

  • 活性酵素の除去
  • チロシナーゼの働きを抑制
  • メラニンの還元

これらの3つの美白効果によって、新たなシミを予防するだけではなく、今あるシミを改善することができます。

ビタミンC誘導体が働きかけるメカニズムについては、こちらのページで詳しく紹介しています。


参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

今回紹介したおすすめの美白化粧品に含まれている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
おすすめ!アンプルール ・ビタミンC誘導体
ビーグレン ・ビタミンC

商品を比較してみると、ビタミンC誘導体が配合されているのはアンプルールです。

そのため、アンプルールを使用するとシミの改善力を高めることができます。

2-3.トライアルセットでお試しができる

ハイドロキノンは、美白効果が高い反面、肌への負担が大きいといわれています。

そのため、トライアルセットでお試しして自分の肌に合うか確認しましょう。

また、返金保証が付いていると万が一肌に合わない時に返金できるのでおすすめです。

3.ハイドロキノンの特徴


ハイドロキノンの特徴や効果について紹介します。
ハイドロキノンは還元作用があるため、昔は写真の現像や酸化防止剤として使用されていました。

ある時、写真を現像していた人の手が白くなったことから、ハイドロキノンは漂白作用もあると判明したのです。

昔は安全性が確立されていなかったため、医師のみが処方できる成分でした。

しかし、ハイドロキノンの濃度が4%以下なら発がん性や白斑の危険性が無いと確認され、2002年に薬事法が改定されました。

それから、市販の化粧品にもハイドロキノンを配合できるようになったのです。

4.ハイドロキノンの美白効果とシミができるメカニズム


ハイドロキノンの美白効果とシミができるメカニズムについて紹介します。

4-1.シミができるメカニズム

シミができる主な原因は、紫外線です。

紫外線が肌に当たってシミができるまでのメカニズムを図にまとめました。

  1. 紫外線が肌に当たると、活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与えてしまう
  2. 肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌される
  3. 情報伝達物質は、メラノサイトにメラニンを作るよう指示を出す
  4. メラノサイトは、最初にチロシン(アミノ酸)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活性化させる
  5. チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまう

上記のメカニズムによって、シミの原因元であるメラニンが生成されるのです。

メラニンは通常、ターンオーバーによって排出されます。

しかし、加齢や不規則な生活習慣を送っていると、ターンオーバーが乱れ、メラニンの排出が困難になってしまいます。

肌内部にメラニンが残ると、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、肌表面にシミとして現れてしまうのです。

4-2.ハイドロキノンの美白効果

ハイドロキノは、2つの美白効果が期待できます。

  • 新たなシミを予防する
  • 今あるシミを改善する

それぞれの美白効果については以下で詳しく紹介します。

新たなシミを予防する

ハイドロキノンは、主に以下の作用で新たなシミを予防する効果が期待できます。

4-1.でも紹介したように、シミの原因元であるメラニンはメラノサイトで生成されます。

ハイドロキノンには、メラノサイトの働きを抑制する作用があるためメラニンの生成を防ぎ、新たなシミを予防することができるのです。

また、チロシナーゼの働きを阻害する作用もあるため、チロシンとチロシナーゼが結合するのを防ぎ、メラニン生成を防ぐ効果も期待できます。

今あるシミを改善する

ハイドロキノンは、メラニンを還元する作用もあります。

そのため、ターンオーバーで排出されず、黒くなったメラニンを無色化し、今あるシミを改善することができます。

5.ハイドロキノンの安全性


ハイドロキノンは安全性が確認されていますが、高濃度の商品を使用すると以下のような症状が起きる可能性があります。

  • 皮膚の赤み
  • かゆみやかぶれ
  • 白斑※
  • ヒリヒリとした熱感

※白斑とは、皮膚に白い斑点が生じること。

上記のような症状を起こさないためにも、市販では高濃度のハイドロキノンを使用することは避けましょう。

また、パッチテストを行ったりトライアルセットで自分の肌に合うかお試ししたりすることもおすすめです。

6.ハイドロキノンを使用する際の注意点


ハイドロキノン配合の美白化粧品を使用する際は、以下の点に注意して使用しましょう。

・酸化した化粧品は使用しない
・紫外線対策を行う
・長期間の使用は避ける
・気になる部分にのみ使用する
・妊婦中や授乳中は使用を控える

それぞれの詳しい内容は、以下で詳しく紹介します。

6-1.酸化した化粧品は使用しない

ハイドロキノンは、成分自体が不安定なため、保管状態が悪いと酸化してしまいベンゾキノンに変化してしまいます。

ベンゾキノンとは、キノンと呼ばれる刺激の強い化合物のことです。

そのため、酸化したハイドロキノンを肌に塗ってしまうと、赤みや痒みなどの刺激を感じる可能性があります。

酸化が進んでいる化粧品は、茶色に変色しています。

酸化を防ぐためには、ハイドロキノン配合の化粧品は高温多湿を避け、冷蔵庫などの冷暗所で保管するようにしましょう。

6-2.紫外線対策を行う


ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

メラニン本来の働きは、紫外線から肌を守ることです。

そのため、ハイドロキノンを使用中に紫外線を浴びてしまうと、紫外線を直に受けてしまうため、肌細胞を傷つけてしまう可能性があります。

このことを防ぐために、ハイドロキノン配合の化粧品を使用後に外出する際は、日焼け止めクリームなどで日焼け対策を行いましょう。

6-3.長期間の使用は避ける

ハイドロキノン配合の化粧品は、配合濃度に関わらず、2〜3ヶ月使用したら約1ヶ月間使用を控えるようにしましょう。

3ヶ月を超えて使用した場合、メラニンを形成する細胞が低下してしまい、肌の色素合成が阻害され、白斑が生じる可能性があります。

そのため、一旦クールダウンをする期間を持つことが大切です。

6-4.気になる部分にのみ使用する


スポットタイプやクリームタイプの美白化粧品を使用する際は、気になるシミの部分だけに塗りましょう。

シミのない部分に塗ってしまうと、ハイドロキノンの漂白作用によって、他の皮膚よりも色が白くなってしまう可能性があるためです。

また、細かい部分は綿棒を使うとキレイに塗ることができます。

6-5.妊娠中や授乳中は使用を控える

妊娠中や授乳中にハイドロキノンを使用するとシミが増えたり、皮膚がただれたりする可能性があります。

その理由は、妊娠中や授乳中はホルモンバランスが乱れやすく、肌が敏感になっているためです。

また、授乳中にハイドロキノンの化粧品を塗ってしまうと、万が一赤ちゃんが肌に触れた時にアレルギー反応を起こす危険性があります。

ハイドロキノン配合の化粧品がある場合は、必ず子どもの手が届かないところに保管するようにして下さい。

7.まとめ


今回は、ハイドロキノンを配合しているおすすめの美白化粧品とその選び方、ハイドロキノンの効果や特徴などを紹介しました。

ハイドロキノンは、黒化したメラニンに直接働きかけるため、素早くシミを改善することができます。

また、チロシナーゼの働きを阻害する作用があるので、新たなシミを予防するのに効果的です。

ハイドロキノン配合の美白化粧品を使用して、肌悩みを改善しましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

商品名 価格 配合濃度※1
おすすめ!アンプルール 1,890円 2.5%
ビーグレン 1,944円 1.9%

※1,ハイドロキノンの配合濃度
※価格は、トライアルセットの税込価格です。

美白に戻る
美白の関連記事
美白化粧品のおすすめ
美白化粧品を成分で選ぶ
おすすめのシミ対策
美白を目的別に選ぶ