あなたは、美白化粧水に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • シミの改善におすすめの美白化粧水はどれ?
  • シミを改善する美白化粧水の選び方は?

このページでは、シミの改善におすすめの美白化粧水とその選び方、美白化粧水で改善できるシミの種類などを紹介していきます。

1.シミの改善におすすめの美白化粧水ランキング


シミを改善する美白化粧水を選ぶ際は、以下のポイントを抑えて選びましょう。

  • 美白有効成分を配合している
  • 浸透力が高い

上記のポイントに当てはまるおすすめの美白化粧水はこちらです。

商品名 価格 美白有効成分 浸透力
おすすめ!サエル 1,480円
アスタリフトホワイト 1,890円
ビーグレン 1,944円

※価格はトライアルセットの税込価格です。

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位 ディセンシア サエル

お試し価格 1,480円
返金保証 30日間
美白有効成分 ・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
浸透力
特徴

  • アルブチンの働きで、チロシナーゼの働きを抑制し、新たなシミを予防する
  • 高保湿成分のヒト型セラミドをナノ化して含まれているため、肌をしっかりと保湿し、乾燥や外部刺激から守る
  • 高浸透グリセリンが配合されているので、美白成分や保湿成分を角層の隅々まで浸透させるのに効果的
おすすめの人!
  • 新たなシミを予防し、肌内部にあるメラニンのみを排出させ今あるシミを改善したい人
  • 浸透力の高い美白化粧品を使用したい人
  • 高保湿成分配合の美白化粧品を使用したい人

2位 アスタリフトホワイト

お試し価格 1,000円
(税込:1,080円)
返金保証
美白有効成分 ・アルブチン
・グリチルリチン酸ジカリウム
浸透力
特徴

  • アルブチンが配合されているので、チロシナーゼの働きを阻害し、新たなシミを予防するのに効果的
  • グリチルリチン酸ジカリウムの働きで、肌荒れも改善することができる
  • 有効成分をナノ化しているため、角層の奥まで浸透させることが可能
  • アスタキサンチンも配合されているので、肌のハリを取り戻す効果も期待できる
おすすめの人!
  • シミの予防に力を入れたい人
  • 肌のハリも取り戻したい人

3位 ビーグレン ホワイトケア

お試し価格 1,800円
(税込:1,944円)
返金保証 365日
美白有効成分 ・VCエチル
(ビタミンC誘導体)
浸透力
特徴

  • VCエチルによって肌環境を整え、シミの改善に導く
  • 有効成分を独自技術で包み込んでいるため、肌トラブルの元まで有効成分を浸透させるのに効果的
  • 17時間成分を肌の中に留める作用で、継続的にシミに対してアプローチする
  • アッケシソウエキスの働きで、肌のバリア機能をサポートする
おすすめの人!
  • 日常的にシミにアプローチする美白化粧水を使用したい人
  • 浸透力の高い美白化粧水を使用したい人

2.シミを改善する美白化粧水の選び方


先ほど紹介した、シミを改善する美白化粧水を選ぶ際のポイントについて詳しく紹介します。

2-1.美白有効成分を配合している

美白有効成分とは、美白効果や安全性を厚生労働省が認可した成分のことです。

現在では、約20種類あります。
その中で、おすすめの美白有効成分を表にまとめました。

美白有効成分 表記名
アルブチン ・αアルブチン
・βアルブチン
トラネキサム酸 ・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸
ビタミンC誘導体 ・アスコルビルグルコシド
・VCエチル
・VC-IPなど
アルブチン ・αアルブチン
・βアルブチン
プラセンタエキス ・プラセンタ
・プラセンタエキス

上記の美白有効成分の中でも、特におすすめなのはアルブチンです。

アルブチンは、チロシナーゼの働きを抑制し、メラニンの生成を防ぐ作用があります。

メラニンの生成を抑制することで、肌内部にあるメラニンのみを排出させると今あるシミを改善することができるのです。

また、アルブチンには色素沈着を阻害する作用もあるため、メラニンの黒化を抑制し、シミの増加を防ぐ効果も期待できます。

アルブチンがメラニンに働きかけるメカニズムについては、こちらのページに詳しく紹介しています。

参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
おすすめ!サエル ・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
アスタリフトホワイト ・アルブチン
ビーグレン ・VCエチル
(ビタミンC誘導体)

商品を比較してみると、おすすめの美白有効成分であるアルブチンが配合されているのはサエルとアスタリフトホワイトです。

また、サエルにはアルブチンだけではなく、グリチルリチン酸2Kも含まれています。

グリチルリチン酸2Kは、抗炎症作用があるため、ニキビや吹き出物などの肌荒れを改善することができます。

そのため、サエルはシミを予防・改善しながら、肌荒れをケアすることができる美白化粧品です。

2-2.浸透力が高い


化粧水の役割は、洗顔で失われた水分を補給することです。

そのため、浸透力の高い美白化粧水を選びましょう。

成分をナノ化していたり、独自の浸透技術で配合していたりすると高い浸透力が期待できます。

今回紹介したおすすめの美白化粧品の浸透力を比較してみました。

商品名 浸透力
おすすめ!サエル
ビーグレン
アスタリフトホワイト

3つの商品を比較してみると、全て有効成分をナノ化したり独自技術で包み込んだりして配合されているため、高い浸透力が期待できます。

3.シミができるメカニズと美白化粧水の効果


シミができるメカニズと美白化粧水の効果について紹介します。

3-1.シミができるメカニズム

シミができる主な原因は、紫外線です。

紫外線が肌に当たってシミができるまでのメカニズムを図にまとめました。

  1. 紫外線が肌に当たると、活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与える
  2. 肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌される
  3. 情報伝達物質は、メラノサイトにメラニンを作るよう指示を出す
  4. メラノサイトは、最初にチロシン(アミノ酸)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活性化させる
  5. チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまう

上記のメカニズムでシミの原因元であるメラニンが生成されるのです。

メラニンは通常、ターンオーバーによって排出されます。
しかし、加齢や不規則な生活習慣を送っているとターンオーバーが乱れ、メラニンの排出が困難になってしまいます。
メラニンが排出されず、肌内部に残っていると、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

3-2.美白化粧水の効果

美白化粧水は、主に3つの美白効果でシミを改善・予防することができます。

  • メラニンの生成を抑制…新たなシミを予防する
  • メラニンの還元…今あるシミを改善する
  • メラニンの排出…今あるシミを改善する

美白化粧水に配合されている成分によって、美白効果が異なります。

それぞれの効果について、以下で詳しく紹介します。

メラニンの生成を抑制

メラニンの生成を抑制する方法は主に4つあります。

方法 美白有効成分
活性酵素の除去 ・ビタミンC誘導体
・フラーレン
情報伝達物質の抑制 ・カモミラET
・T-AMCHA
メラノサイトの抑制 ・トラネキサム酸
・ピュールブラン
チロシナーゼの活性と合成を抑制 ・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・ルシノール
・プラセンタエキス

上記のように、成分によってどのようにメラニン生成を抑制するかが異なります。

働きについては、こちらのページに詳しく紹介しています。


参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

メラニンの還元


3-1.でも紹介したように、メラニンはもともと無色です。

しかし、加齢や不規則な生活習慣によってターンオーバーが乱れ、メラニンの排出が困難になってしまいます。

メラニンが排出されないと、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、肌表面にシミとして現れるのです。

美白化粧水に以下の成分が含まれていると、黒化したメラニンを無色化し、今あるシミを改善することができます。

おすすめの成分

  • ビタミンC
  • ビタミンC誘導体

メラニンの排出

通常、メラニンはターンオーバーによって排出されます。

しかし、ターンオーバーが乱れるとメラニンの排出が困難になってしまいます。

美白化粧水に以下の美白有効成分が含まれているとメラニンの排出を促進することができます。

おすすめの美白有効成分

  • プラセンタエキス
  • 4MSK
  • エナジーシグナルAMP

4.美白化粧水で改善できるシミの種類


美白化粧水で改善できるシミの種類について紹介します。

シミは、主に6種類あります。

シミの種類 美白化粧水の効果
老人性色素斑
脂漏性角化症
雀卵斑(そばかす)
炎症性色素沈着
肝斑
花弁状色素斑

美白化粧水で改善できるシミについて、下記で詳しく紹介します。

4-1.老人性色素斑

特徴

  • シミの中で最も多い種類
  • 紫外線の影響でできやすい
  • ごく初期のうっすらとしたシミには美白化粧品でも改善できる
見分け方

  • 頬骨の高い位置にできている
  • 数mm?数十mm大の丸い色素斑
  • でき始めは薄い茶色だが、次第に濃くはっきりとしくる

4-2.炎症性色素沈着

特徴

  • 黒化したメラニンが正常に排出されず、肌内部に残ってシミになったもの
  • 洗顔やクレンジングの際に強い力でこすると炎症を起こしてシミができる可能性もある
  • シミの中でも最も美白化粧品が効果的
見分け方

  • ニキビ跡や傷跡が茶色くなってシミとして残っている
  • 毛を毛抜きで抜いた後に毛穴が黒く跡に残る

4-3.肝斑

特徴

  • 女性ホルモンのバランスが崩れた時にできやすい
  • 妊娠中やピルを使用した際に見受けられる
  • 美白化粧品が効果的なシミ
見分け方

  • 頬骨のあたりにモヤモヤッと左右対称にできることが多い
  • 色は茶色や灰色など様々なタイプがある

5.まとめ


今回は、シミを改善するおすすめの美白化粧水とその選び方、美白化粧水が効果的なシミの種類などを紹介しました。

美白化粧水は、配合されている成分によって今あるシミを改善したり、新たなシミを予防することができます。

美白化粧水を使用して、肌悩みを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧水一覧

商品名 価格 美白有効成分 浸透力
おすすめ!サエル 1,480円
アスタリフトホワイト 1,890円
ビーグレン 1,944円

※価格は、トライアルセットの税込価格です。

美白の記事一覧
美白の関連記事
美白化粧品のおすすめ
美白化粧品を成分で選ぶ
おすすめのシミ対策
美白を目的別に選ぶ