あなたは、30代の美白化粧品に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • 30代におすすめの美白化粧品はどれ?
  • 30代の美白化粧品を選ぶ際のポイントは?

このページでは、30代におすすめの美白化粧品とその選び方、30代にシミができやすい原因などを紹介します。

1.30代におすすめの美白化粧品ランキング


30代の美白化粧品を選ぶ際は、以下のポイントに注意して選びましょう。

  • 美白有効成分を配合している
  • 保湿力の高い成分を配合している

これらのポイントに当てはまるおすすめの美白化粧品はこちらです。

商品名 価格 美白有効成分 保湿成分
おすすめ!サエル 1,480円
アンプルール 1,890円
ファンケル 1,830円

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位 ディセンシア サエル

価格 1,480円
返金保証 30日間
美白有効成分 ・アルブチン
・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
保湿成分 ・セラミドナノスフィア
特徴

  • アルブチンが配合されているため、チロシナーゼの働きを抑制し、新たなシミを予防する
  • トラネキサム酸も含まれているので、新たなシミの予防力を高める効果が期待できる
  • シモツケソウエキスなどの有効成分で黄ぐすみや赤ぐすみ、青ぐすみなどのくすみもケアできる
  • 高保湿成分のヒト型セラミドをナノ化して配合しているため、角層の隅々まで潤いを与える
こんな人におすすめ!
  • 新たなシミを予防し、肌内部にあるメラニンのみを排出させ今あるシミを改善したい人
  • 新たなシミの予防力も高めたい人
  • くすみもケアできる美白化粧品を使用したい人
  • 高保湿成分が配合された美白化粧品を使用したい人

2位 アンプルール ラグジュアリーホワイト

価格 1,847円
返金保証
美白有効成分 ・アルブチン
・ビタミンC誘導体
保湿成分 ・ヒアルロン酸
特徴

  • ハイドロキノンが配合されているため、気になるシミを集中的にケアすることができる
  • ハイドロキノンを安定化させて配合しているので、肌への負担を軽減している
  • ヒアルロン酸の作用で水分の蒸発を防ぎ、肌の潤いを保つのに効果的
こんな人におすすめ!
  • 気になるシミを集中的にケアしたい人
  • 安定化させたハイドロキノン配合の美白化粧品を使用したい人

3位 ファンケル 無添加ホワイトニング

価格 1,830円
返金保証 無期限
美白有効成分 ・ビタミンC
保湿成分 ・濃グリセリン
特徴

  • ビタミンCをアクティブビタミンCに変化させているため、劣化を防ぎ、肌トラブルの元まで成分を浸透させることができる
  • ヤグルマギクエキスの働きで紫外線のダメージを抑制するので、新たなシミを予防するのに効果的
  • 防腐剤や合成色素など5つの添加物を使用していない無添加の美白化粧品
こんな人におすすめ!
  • 無添加の美白化粧品を使用したい人
  • 浸透力の高い美白化粧品を使用したい人

2.30代の美白化粧品の選び方


先ほど紹介した、30代の美白化粧品を選ぶ際のポイントについて詳しく紹介します。

2-1.美白有効成分を配合している

美白有効成分とは、厚生労働省が美白効果や安全性を認可した成分のことです。

現在では、約20種類の美白有効成分があります。

その中でおすすめの美白有効成分を表にまとめました。

美白有効成分 表示名
アルブチン ・アルブチン
・α-アルブチン
・β-アルブチン
トラネキサム酸 ・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
ビタミンC ・アスコルビン酸Na

上記の美白有効成分の中でも、特におすすめなのはアルブチンです。

アルブチンは、チロシナーゼの働きを抑制する作用があるため、メラニンの生成を阻害する効果が期待できます。

メラニン生成を阻害することによって、新たなシミを予防し、肌内部にあるメラニンのみを排出させると今あるシミを改善することができるのです。

また、色素沈着を防ぐ作用もあるため、メラニンの黒化を阻害し、シミの増加を抑えるのに効果的です。

アルブチンがメラニンに働きかけるメカニズムについては、こちらのページに詳しく紹介しています。

参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

今回紹介したおすすめの美白化粧品に含まれている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
おすすめ!サエル ・アルブチン
・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
アンプルール ・アルブチン
・ビタミンC誘導体
ファンケル ・ビタミンC

商品を比較してみると、おすすめの美白有効成分であるアルブチンが配合されているのはサエルとアンプルールです。

また、サエルにはアルブチン以外にトラネキサム酸やグリチルリチン酸2Kが配合されています。

それぞれの主な働きはこちらです。

  • トラネキサム酸…メラノサイトの働きを抑制し、新たなシミを予防する
  • グリチルリチン酸2K…抗炎症作用でニキビや吹き出物などの肌荒れを改善する

これらの働きがあるため、サエルはシミを予防・改善しながら、肌荒れもケアすることができます。

2-2.保湿力の高い成分を配合している


30代は美白有効成分だけではなく、高保湿成分も配合された美白化粧品を選ぶことも大切です。

それは、30代になると皮脂量や水分量が急激に減少するからです。

皮脂量や水分量が減少すると肌が乾燥し、角層を厚くしてしまい、メラニンの排出を妨げてしまう可能性があります。

メラニンの排出が妨げられると、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

上記のことを防ぐためにも、高保湿成分を配合した美白化粧品を使用して、メラニンの色素沈着を防ぎましょう。

高保湿成分の中で、おすすめの成分はこちらです。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

この3つの中でも、特におすすめなのはセラミドです。

セラミドは、もともと人間の肌に存在する保湿成分で、水分を強力に挟み込む特徴があります。

また、湿度が下がっても水分を守る作用があるため、冬場の乾燥を防ぐのに効果的です。

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている保湿成分を比較してみました。

商品名 保湿成分
おすすめ!サエル ・セラミドナノスフィアなど
アンプルール ・ヒアルロン酸など
ファンケル ・濃グリセリン

これらの商品の中で、セラミドが配合されているのはサエルです。

サエルに配合されているセラミドナノスフィアは、セラミドの中でも特に浸透力の高いヒト型セラミドをナノ化した成分のことです。

そのため、サエルを使用すると角層の隅々まで潤いを与えることができます。

3.シミができるメカニズム

シミができる主な原因は、紫外線です。

紫外線が肌に当たって、シミができるまでのメカニズムを図にまとめました。

  1. 紫外線が肌に当たると、活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与えてしまう
  2. 肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌される
  3. 情報伝達物質は、メラノサイトにメラニンを作るよう指示を出す
  4. メラノサイトは、最初にチロシン(アミノ酸)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活性化させる
  5. チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまう

上記の流れでシミの原因元であるメラニンが生成されるのです。

通常、ターンオーバーによってメラニンは排出されます。
しかし、加齢や不規則な生活習慣を送っていると、ターンオーバーが乱れ、メラニンの排出が困難になってしまいます。
すると、いずれ色素沈着を起こしてメラニンが黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

4.30代にシミができやすい3つの原因


30代にシミができやすくなる原因は、主に3つあります。

  • ターンオーバーの低下
  • 女性ホルモンの乱れ
  • 保湿力の低下

それぞれの原因について、下記で紹介します。

4-1.ターンオーバーの低下

3.でもお話ししたように、メラニンは通常、ターンオーバー(約28日周期)によって排出されます。

しかし、ターンオーバーは年齢を重ねるとともに働きが低下し、30代になると約40日かかるといわれています。

ターンオーバーの周期が遅くなると、メラニンの排出も遅くなり、肌内部にメラニンが溜まってしまいます。

肌内部にメラニンが溜まっていくと、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

4-2.女性ホルモンの乱れ


30代にシミができやすい理由は、妊娠も関わっています。

妊娠すると女性ホルモンが崩れやすく、その影響でメラノサイトが活発化するといわれています。

メラノサイトが活発化すると、メラニンを過剰生成してしまい、ターンオーバーでの排出が追い付かなくなってしまうのです。

ターンオーバーで排出されなかったメラニンは、色素沈着を起こし、肌表面にシミとして現れてしまいます。

4-3.保湿力の低下

30代を過ぎると、肌のハリや潤いを保つコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分が減少してしまいます。

保湿成分が減少すると、肌の水分を保つことが困難になり、バリア機能を低下させてしまうのです。

バリア機能が低下すると、紫外線などの外部刺激を受けやすくなり、メラニンを過剰生成してしまいます。

メラニンが過剰生成されると、ターンオーバーでの排出が困難となり、色素沈着を起こす機会を増やしてしまうのです。

5.美白効果を高める2つの方法


美白化粧品を使用するだけではなく、以下の方法を取り入れるとより高い美白効果が期待できます。

  • 質の良い睡眠をとる
  • 肌の潤いを補給する食品を取り入れる

それぞれの方法について、以下で詳しく紹介します。

5-1.質の良い睡眠をとる

美白化粧品を使用するだけではなく、睡眠の質を上げましょう。

その理由は、肌細胞の生まれ変わりが活発になる時間帯が睡眠開始の約3時間なためです。

この時間に質の良い睡眠ができていると、新しい肌細胞の生まれ変わりが積極的に行われます。

睡眠の質を上げるおすすめの方法はこちらです。

  • 就寝1時間前から照明をダウンする
  • きつい下着やインナーを着て寝ない
  • 枕の高さを7㎝前後にする
  • ストレッチやヨガなどの軽い運動をする

30代は仕事や育児などで睡眠時間を確保することが難しいですよね。

そこで、上記の方法を取り入れて、少しでも睡眠の質を上げて美白効果を高めましょう。

5-2.肌の潤いを補給する食品を取り入れる


2-2.でも紹介したように、30代になると皮脂量や水分量が急激に減少する傾向があります。

皮脂量や水分量が減少すると肌が乾燥するだけでなく、角層を厚くしてしまい、メラニン排出を妨げてしまう可能性があります。

そのため、肌の潤いを補給する食品を取り入れると保湿力をより高めることができます。

肌の潤いの補給におすすめの栄養素はビタミンAと鉄分です。

それぞれの働きはこちらです。

  • ビタミンA…ターンオーバーを調整し、潤った肌に導く
  • 鉄分…血行を促進させ、ターンオーバーを正常化する

上記の働きでターンオーバーを正常化することによって、肌本来のみずみずしい肌へ導きます。

ビタミンAと鉄分が多く含まれたおすすめの食品はこちらです。

  • ビタミンA…鶏レバー、うなぎ、モロヘイヤ、にんじん
  • 鉄分…レンズ豆、鶏レバー、高野豆腐、ひじき

上記の食品をバランス良く摂取しましょう。

6.まとめ


今回は、30代におすすめの美白化粧品とその選び方、30代にシミができやすくなる原因などを紹介しました。

30代は、美白有効成分だけではなく、高保湿成分が含まれた美白化粧品を選んで肌に潤いを与えることが大切です。

美白化粧品を使用して、肌悩みを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

商品名 価格 美白有効成分 保湿成分
おすすめ!サエル 1,480円
アンプルール 1,890円
ファンケル 1,830円
美白の記事一覧
美白の関連記事
美白化粧品のおすすめ
美白化粧品を成分で選ぶ
おすすめのシミ対策
美白を目的別に選ぶ