あなたは、敏感肌の美白化粧品に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • 敏感肌でも使用できるおすすめの美白化粧品はどれ?
  • 敏感肌で美白化粧品を選ぶ際のポイントは?

このページでは、敏感肌におすすめの美白化粧品とその選び方、敏感肌の特徴や原因について紹介していきます。

1.敏感肌におすすめの美白化粧品ランキング


敏感肌で美白化粧品を選ぶ際は、以下のポイントに注意して選びましょう。

  • 美白有効成分を配合している
  • 保湿成分を配合している
  • 肌の刺激となる成分を含んでいない

上記のポイントに当てはまるおすすめの美白化粧品はこちらです。

商品名 美白有効成分 保湿成分
おすすめ!サエル
ETVOS
HANA

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位 ディセンシア サエル

価格 1,480円
返金保証 30日間
美白有効成分 ・アルブチン
・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
保湿成分 ・セラミドナノスフィア
特徴

  • 肌への負担が少ないアルブチンやトラネキサム酸で、シミを予防・改善する
  • 敏感肌に不足しがちなヒト型セラミドをナノ化して含んでいるため、角層の隅々まで潤いを与える
  • 敏感肌特有の黄ぐすみや青ぐすみなどの3色くすみもケアすることが可能
  • 特許技術で肌表面をラップのように包み込み、外部刺激や水分蒸発を防ぐため、低下したバリア機能をサポートする
  • 肌の負担となるアルコールや合成香料などを配合していない
こんな人におすすめ!
  • 新たなシミを予防し、肌内部にあるメラニンのみを排出させ今あるシミを改善したい人
  • 敏感になった肌のバリア機能をサポートする美白化粧品を使用したい人
  • 敏感肌特有の3色くすみもケアしたい人
  • 保湿力の高い美白化粧品を使用したい人

2位 ETVOS バイタライジングライン

価格 2,200円
(税込:2,376円)
返金保証 8日間※
美白有効成分 ・アルブチン
保湿成分 ・ヒト型セラミド1,2,3,5,6

※未開封のみ返品可能です。

特徴

  • アルブチンの作用で、チロシナーゼの働きを抑制し、新たなシミを予防する
  • 保湿力の高いヒト型セラミドを5種類も配合しているため、バリア機能をサポートし、敏感肌の改善に導く
  • 肌の負担となるシリコンやパラベン、着色料など7つの添加物を含んでいない
  • リンゴ幹細胞によって、角質細胞を活性化させ、年齢線を改善することもできる
こんな人におすすめ!
  • シミの予防力が高い美白化粧品を使用したい人
  • シミをケアしながら年齢線も改善したい人

3位 HANAオーガニック

価格 1,480円
返金保証
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
保湿成分 ・ダマスク花水
・ツバキ油
・ハチミツなど
特徴

  • 天然原料で作られたビタミンC誘導体によって、メラニンを還元し、今あるシミの改善に働きかける
  • 香料や着色料、パラベンなど肌の負担となる添加物が含まれていない天然100%のオーガニック成分で作られている
  • ダマスクローズやネロリの香りで、副交感神経を高め、肌の再生力を促進させ、肌質から改善することができる
こんな人におすすめ!
  • オーガニック成分のみで作られた美白化粧品を使用したい人
  • 肌質から変化させてシミを改善したい人

2.敏感肌の美白化粧品を選ぶ際のポイント


先ほど紹介した敏感肌の美白化粧品を選ぶ際のポイントについて詳しく紹介します。

2-1.美白有効成分を配合している

美白有効成分とは、美白効果や安全性を厚生労働省が認可した成分のことです。

現在では、約20種類あります。
その中でおすすめの美白有効成分はこちらです。

美白有効成分 表記名
アルブチン ・アルブチン
・α-アルブチン
・β-アルブチン
トラネキサム酸 ・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
グリチルリチン酸2K ・グリチルリチン酸2K

上記の成分の中でも特におすすめなのは、アルブチンです。

アルブチは、チロシナーゼの働きを抑制する作用し、メラニン生成を阻害する効果が期待できます。

メラニン生成を防ぐことで、肌内部にあるメラニンのみを排出すると今あるシミを改善することができるのです。

アルブチがメラニンに働きかけるメカニズムについては、こちらのページで詳しく紹介しています。

参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
おすすめ!サエル ・アルブチン
・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
ETVOS ・アルブチン
HANA ・ビタミンC誘導体

3つの商品を比較してみると、おすすめの美白有効成分であるアルブチンが含まれているのはサエルとETVOSです。

また、サエルはアルブチン以外にトラネキサム酸やグリチルリチン酸2Kが含まれています。

それぞれの働きはこちらです。

  • トラネキサム酸:メラノサイトの働きを抑制し、新たなシミを予防する
  • グリチルリチン酸2K:抗炎症作用でニキビや吹き出物などの肌荒れを改善する

これらの働きがあるため、サエルを使用するとシミをケアしながら肌荒れを改善することができます。

2-2.保湿成分を配合している


敏感肌は、通常の肌より皮脂量や水分量が減少しているため、肌のバリア機能が低下しています。

そのため、保湿成分が配合された美白化粧品を使用して、肌に潤いを与え、バリア機能を促進させることも大切です。

おすすめの高保湿成分は3つあります。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

上記の成分の中でも、特におすすめの成分はセラミドです。

セラミドは、もともと人間の肌に存在しており、細胞間脂質の約40%を占めています。

セラミドの特徴は、水分を強力に挟み込んで肌の潤いをキープすることです。

また、バリア機能を高める作用もあるため、敏感肌の改善をサポートします。

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている保湿成分を表にまとめました。

商品名 保湿成分
おすすめ!サエル ・セラミドナノスフィア
ETVOS ・ヒト型セラミド1,2,3,5,6
HANA ・ダマスク花水
・ツバキ油
・ハチミツなど

セラミドが配合されているのは、サエルとETVOSです。

サエルに含まれているセラミドナノスフィアは、セラミドの中でも特に浸透性が高いヒト型セラミドから作られている成分です。
さらに、ヒト型セラミドをナノ化しているため、肌への浸透力が高まり、角層の隅々まで潤いを与えることができます。

2-3.肌の刺激となる成分を含んでいない

肌の刺激となる成分が含まれていないか確認しましょう。

敏感肌の人が特に気をつけていただきたい成分は4つあります。

成分 表示名
アルコール
(エタノール)
・エチルアルコール
・べヘニルアルコール
・フェノキシエタノールなど
サリチル酸 ・サリチル酸Na
パラベン ・パラベン
・エチルパラベンなど
ホルムアルデヒド ・ホルムアルデヒド
・ホルマリンなど

これらの成分が配合されていると、肌が乾燥したり湿疹や蕁麻疹を発症したりする危険性があります。

一方、パラベンの中でもメチルパラベンという成分は肌への刺激が少ないため、防腐剤として使用されていることが多く見受けられます。

そのため、美白化粧品を購入する際は、一度成分表を確認してから買うことが大切です。

3.敏感肌の特徴や原因


敏感肌の特徴や原因について詳しく紹介します。

3-1.敏感肌の特徴

健康な肌は、紫外線やほこり、細菌などの外部刺激から肌を守るバリア機能が備わっています。

しかし、日常的に紫外線に浴びたり間違ったスキンケアをしたりしているとバリア機能が弱まり、以下のような症状が起こってしまいます。

  • 痒み
  • 痛み
  • かぶれなど

上記のような症状を起こすと敏感肌に該当するといわれています。

3-2.敏感肌の原因

敏感肌になる原因は、主に4つあります。

  • 乾燥
  • 加齢
  • 間違ったスキンケア
  • ホルモンバランスの変化

それぞれの原因について、下記で詳しく紹介します。

乾燥

敏感肌の原因で、最も多いのは肌の乾燥といわれています。

肌が乾燥すると、角層が厚くなってしまい、バリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が低下すると、外部刺激を受けやすい肌に変化してしまうのです。

加齢


年を重ねていくと、表皮・真皮は薄くなっていきます。

表皮や真皮が薄くなると、水分が蒸発しやすくなり、肌の潤いを減少させてしまいます。

すると、肌が乾燥した状態になり、紫外線や乾燥などの外部刺激を受けやすくなってしまうのです。

また、加齢によってコラーゲンやヒアルロン酸なども減少し、肌の弾力が衰えてしまう可能性があります。

これらを防ぐためにも、保湿力の高いセラミドやヒアルロン酸などが配合された美白化粧品を使用しましょう。

間違ったスキンケアをしている

あなたは以下のようなスキンケア方法を行っていませんか?

・オイルやシートタイプのクレンジングで化粧を落とす
・洗顔はゴシゴシと力を入れて洗う
・化粧水を強い力で肌にパッティングする

これらは全て間違ったスキンケア方法です。

間違ったスキンケアをすると、肌内部の水分を減少させ、敏感肌になってしまう可能性があります。

そのため、洗顔やクレンジングをする際は、ゴシゴシ洗うのではなく、優しく撫でるように洗うことが大切です。

また、化粧水を付ける際は、肌に優しく馴染ませるようにしましょう。

ホルモンバランスの変化

女性は、月経前後や妊娠中など時期によってホルモンバランスが変化します。

それに伴って、肌が敏感になってしまうこともあるといわれています。

しかし、このホルモンバランスの変化は一時的なものです。

そのため、なるべくストレスフリーな生活を心がけたり、一時的に化粧品を敏感肌用を使ったりして対策を行いましょう。

4.まとめ


今回は、敏感肌におすすめの美白化粧品とその選び方、敏感肌の特徴や原因について紹介しました。

敏感肌の人は、美白有効成分だけではなく、保湿力の高い化粧品を使用して肌に潤いを与えましょう。

また、肌への刺激となる成分が含まれていないか成分表を一度確認してから購入することが大切です。

敏感肌に合った美白化粧品を使用して、肌悩みを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

商品名 美白有効成分 保湿成分
おすすめ!サエル
ETVOS
HANA
美白の記事一覧
美白の関連記事
美白化粧品のおすすめ
美白化粧品を成分で選ぶ
おすすめのシミ対策
美白を目的別に選ぶ