あなたは、シミを改善する美白化粧品に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • シミの改善におすすめの美白化粧品はどれ?
  • シミを改善する美白化粧品を選ぶ際のポイントは?

このページでは、シミの改善におすすめの美白化粧品とその選び方、美白化粧品が効果的なシミの種類などを紹介していきます。

1.シミの改善におすすめの美白化粧品ランキング


シミを改善する美白化粧品を選ぶ際は、以下のポイントを抑えて選びましょう。

  • シミを改善する美白有効成分を配合している
  • 肌質に合っている
  • 1年中使い続けられる

上記のポイントに当てはまるおすすめの美白化粧品はこちらです。

商品名 価格 美白有効成分
おすすめ!サエル 1,480円
HANA 1,480円
ビーグレン 1,944円

※価格は、トライアルセットの税込価格です。

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位 ディセンシア サエル

価格 1,480円
返金保証 30日間
美白有効成分 ・アルブチン
・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
特徴

  • アルブチンやトラネキサムの働きで新たなシミを予防し、肌内部にあるメラニンのみを排出させて今あるシミを改善する
  • ムラサキシキブエキスの作用で活性酸素を除去やメラニンの黒化を阻害し、シミの増加を防ぐ効果も期待できる
  • ローズヒップエキスも含まれているため、赤ぐすみや黄ぐすみなどのくすみもケアすることが可能
  • 高保湿成分のヒト型セラミドで、角層の隅々まで潤いを与え乾燥から肌を守る
こんな人におすすめ!
  • 新たなシミを予防し、肌内部にあるメラニンのみを排出させ、今あるシミを改善したい人
  • 新たなシミの予防力も高い美白化粧品を使用したい人
  • くすみもケアしたい人
  • 乾燥から肌を守りたい人

2位 HANAオーガニック

価格 1,480円
返金保証
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
特徴

  • 天然原料で作られたビタミンC誘導体で、今あるシミを改善する
  • ダマスクローズやネロリなどのオーガニック成分で、副交感神経を高め、肌の再生力を促進させ、肌質から改善する
  • 天然100%のオーガニック成分のみで作られた美白化粧品
こんな人におすすめ!
  • 肌質から変化させて、シミを改善したい人
  • オーガニック成分で作られた美白化粧品を使用したい人
  • 天然原料で作られた成分でシミを改善したい人

3位 ビーグレン ホワイトケア

価格 1,800円
(税込:1,944円)
返金保証
美白有効成分 ・ビタミンC誘導体
特徴

  • ハイドロキノンが配合されているので、素早くシミの改善に働きかける
  • 独自技術でハイドロキノンを包み込んでいるため、肌への負担が軽減されている
  • 17時間肌の中で有効成分が留まる作用があるので、継続的にシミにアプローチする
こんな人におすすめ!
  • 肌への負担を軽減したハイドロキノン配合の美白化粧品を使用したい人
  • 今あるシミだけに素早くアプローチする美白化粧品を使用したい人

2.シミを改善する美白化粧品の選び方


先ほど紹介した、シミを改善する美白化粧品を選ぶ際のポイントについて詳しく紹介します。

2-1.シミを改善する美白有効成分を含んでいる

美白有効成分とは、美白効果や安全性を厚生労働省が認可した成分のことです。

現在では、約20種類の美白有効成分があります。

その中でも、シミの改善におすすめの美白有効成分はこちらです。

美白有効成分 表示名
アルブチン ・アルブチン
・α-アルブチン
・β-アルブチン
トラネキサム酸 ・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
グリチルリチン酸2K

・グリチルリチン酸2K

上記の成分の中でも特におすすめなのは、アルブチンです。

アルブチンは、チロシナーゼの働きを抑制し、メラニンの生成を阻害する作用があります。

メラニンの生成を阻害することによって、新たなシミを予防し、肌内部にあるメラニンのみを排出させると今あるシミを改善することができるのです。

また、シミを改善する美白有効成分として有名なビタミンC誘導体は皮脂分泌を抑制する働きもあるため、敏感肌など肌質の弱い人が使用すると刺激を感じる可能性があります。

一方、アルブチンは敏感肌や乾燥肌など肌質が弱い人でも使用することができるといわれている安全性の高い美白有効成分です。

アルブチンがメラニンに働きかけるメカニズムについては、こちらのページに詳しく紹介しています。

参考記事
美白化粧品・化粧水・美容液の代表的な有効成分とその効果について
「美白有効成分は、どんな成分があるの?」「美白有効成分は、どんな効果が期待できるの?」・・・

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
おすすめ!サエル ・アルブチン
・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
HANA ・ビタミンC誘導体
ビーグレン ・ビタミンC誘導体

商品を比較してみると、おすすめの美白有効成分であるアルブチンが含まれているのはサエルです。

サエルは、アルブチン以外にトラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kが含まれています。

それぞれの成分の働きはこちらです。

  • トラネキサム酸…メラノサイトの働きを抑制し、新たなシミを予防する
  • グリチルリチン酸2K…抗炎症作用で、ニキビや湿疹などの肌荒れを改善する

これらの働きがあるため、サエルを使用するとシミの予防力を高めながら肌荒れを改善することもできます。

2-2.肌質に合っている


人によって肌質が異なるため、自分の肌に合った美白化粧品を使用することも大切です。

主に肌質は4つのタイプに分けられます。

それぞれの肌質の原因や特徴、おすすめの成分について以下で詳しく紹介します。

乾燥肌

原因

  • 皮膚のバリア機能が衰え、水分バランスが保たれていない
  • 冬場などの乾燥した空気による影響や生活習慣の乱れによって起こる
  • 見分け方

  • 肌がカサカサしている
  • 肌につっぱりを感じる
  • 特に目や口の周りが乾燥している
  • 皮がむけたりかゆみや痛みを感じたりする
  • Tゾーンも潤いを感じない
  • おすすめの成分
    • セラミド
    • ヒアルロン酸
    • コラーゲンなど

    混合肌

    原因

  • 皮脂のバランスが崩れている状態
  • ストレスやホルモンバランスの乱れで起こる
  • 見分け方

  • Tゾーンはべたつく
  • Uゾーンは乾燥している
  • おすすめの成分
    • ビタミンC誘導体
    • セラミド
    • ヒアルロン酸など

    敏感肌

    原因

  • 各層が乱れることでバリア機能が低下し、外部刺激に敏感になってしまう
  • 肌の保湿成分が減少している
  • 見分け方

  • 肌がメイク用品や化粧品で荒れてしまう
  • 肌に髪の毛や衣類が触れると、赤みや湿疹などを起こす
  • おすすめの成分
    • セラミド
    • ヒアルロン酸
    • エラスチンなど

    脂性肌

    原因

  • 皮脂が過剰分泌している
  • ホルモンバランスの乱れやその時々のストレスによって起こる
  • 見分け方

  • 全体的に肌にべたつきを感じる
  • Tゾーンがテカテカしている
  • ニキビや吹き出物ができやすい
  • 毛穴の目が大きい
  • 化粧が崩れやすい
  • おすすめの成分
    • ビタミンC誘導体
    • ビタミンC

    今回紹介したおすすめの美白化粧品が、どの肌質に合うかを表にまとめました。

    商品名 使用可能な肌質
    おすすめ!サエル ・敏感肌
    ・乾燥肌
    HANA ・乾燥肌
    ・混合肌
    ・敏感肌
    ・脂性肌
    ビーグレン ・脂性肌

    表を見てみると、HANAオーガニックはどんな肌質の人でも使用することができます。

    2-3.1年中使い続けられる

    美白化粧品は、1年中使い続けることが大切です。

    夏場だけ美白化粧品を使用する人をよく見かけますが、紫外線は季節を問わず年中降り注いでいます。

    年中紫外線が降り注いでいるということは、シミの原因元であるメラニンもずっと生成されています。

    そのため、1年中美白ケアを行って、メラニンの生成を抑制し、シミを予防することが大切です。

    3.美白化粧品が効果的なシミの種類


    シミは主に6種類に分けることができます。

    シミの種類と美白化粧品の効果を表にまとめました。

    シミの種類 美白化粧品の効果
    老人性色素斑
    脂漏性角化症
    雀卵斑(そばかす)
    炎症性色素沈着
    肝斑
    花弁状色素斑

    それぞれのシミの特徴や見分け方について、下記で詳しく紹介します。

    3-1.老人性色素斑

    特徴

  • シミの中で最も多い種類
  • 紫外線の影響でできやすい
  • ごく初期のうっすらとしたシミには美白化粧品でも改善できる
  • 見分け方

  • 頬骨の高い位置にできている
  • 数mm~数十mm大の丸い色素斑
  • でき始めは薄い茶色だが、次第に濃くはっきりとしくる
  • 3-2.脂漏性角化症

    特徴

  • 手の甲などにできる茶色いシミが脂漏性角化症になりやすい
  • 皮膚の形態そのものが変化しているため、美白化粧品での改善は困難
  • 見分け方

  • シミからイボのように盛り上がったもの
  • よく見ると、イボの表面はボツボツとしている
  • 3-3.雀卵斑(そばかす)

    特徴

  • 一般的に小さいシミのことだが、厳密には遺伝的なシミのこと
  • 10代の頃からでき始め、色白の人に比較的多く見受けられる
  • 遺伝的な要素が強すぎると、美白化粧品で改善するのは困難
  • 見分け方

  • 小さな茶色いシミが鼻を中心に散らばるようにできる
  • シミの形は、三角や四角になっている
  • 3-4.炎症性色素沈着

    特徴

  • 黒化したメラニンが正常に排出されず、肌内部に残ってシミになったもの
  • 洗顔やクレンジングの際に強い力でこすると炎症を起こしてシミができる可能性もある
  • シミの中でも最も美白化粧品が効果的
  • 見分け方

  • ニキビ跡や傷跡が茶色くなってシミとして残っている
  • 毛を毛抜きで抜いた後に毛穴が黒く跡に残る
  • 3-5.肝斑

    特徴

  • 女性ホルモンのバランスが崩れた時にできやすい
  • 妊娠中やピルを使用した際に見受けられる
  • 美白化粧品が効果的なシミ
  • 見分け方

  • 頬骨のあたりにモヤモヤッと左右対称にできることが多い
  • 色は茶色や灰色など様々なタイプがある
  • 3-6.花弁状色素斑

    特徴

  • 海などで急激に日焼けした際にできるシミ
  • 美白化粧品では改善が困難なため、レーザー治療を行うことがおすすめ
  • 見分け方

  • 肩から背中にできる小さなシミ
  • 花びらのような形をしている
  • 4.シミができるメカニズム


    シミができる主な原因は、紫外線です。

    紫外線が肌に当たって、シミができるメカニズムを図にまとめました。

    1. 紫外線が肌に当たると、活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与えてしまう
    2. 肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌される
    3. 情報伝達物質は、メラノサイトにメラニンを作るよう指示を出す
    4. メラノサイトは、最初にチロシン(アミノ酸)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活性化させる
    5. チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまう

    これらのメカニズムによって、シミが生成されてしまうのです。

    5.まとめ


    今回は、シミの改善におすすめの美白化粧品とその選び方、美白化粧品が効果的なシミの種類などを紹介しました。

    美白化粧品でも、シミを改善する美白有効成分が含まれている商品を選びましょう。

    また、紫外線は年中降り注いでいるため1年中使用できる美白化粧品を選んで美白ケアを続けることが大切です。

    美白化粧品を使用して、シミを改善させましょう。

    今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

    商品名 価格 美白有効成分
    おすすめ!サエル 1,480円
    HANA 1,480円
    ビーグレン 1,944円
    美白に戻る
    美白の関連記事
    美白化粧品のおすすめ
    美白化粧品を成分で選ぶ
    おすすめのシミ対策
    美白を目的別に選ぶ