あなたは、シミを予防する美白化粧品に関して以下のような疑問を持っていませんか?

  • シミを予防するおすすめの美白化粧品はどれ?
  • シミを予防する美白化粧品を選ぶ際のポイントは?

このページでは、シミを予防するおすすめの美白化粧品とその選び方、美白化粧品の効果を高める方法などを紹介していきます。

1.シミを予防するおすすめの美白化粧品ランキング


シミを予防する美白化粧品を選ぶ際は、以下のポイントを抑えて選びましょう。

  • シミを予防する美白有効成分が含まれている
  • 高保湿成分を配合している

上記のポイントに当てはまるおすすめの美白化粧品はこちらです。

商品名 美白有効成分 高保湿成分
おすすめ!サエル
アンプルール
FANCL

それぞれの商品について、おすすめ順に詳しく紹介します。

1位ディセンシア サエル

価格 1,480円
返金保証 30日間
美白有効成分 ・アルブチン
・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
保湿成分 ・セラミドナノスフィアなど
特徴

  • アルブチンでチロシナーゼの働きを抑制し、新たなシミを予防する
  • トラネキサム酸も含まれているため、シミの予防力を高める効果が期待できる
  • 高保湿成分のヒト型セラミドで、角層の隅々まで潤いを与える
  • シモツケソウエキスなどの有効成分の作用で、黄ぐすみなどのくすみもケアする
こんな人におすすめ!
  • 新たなシミの予防力が高い美白化粧品を使用したい人
  • 高い保湿力も期待している人
  • シミを予防しながら、くすみもケアしたい人

2位 アンプルール

価格 1,500円
返金保証
美白有効成分 ・アルブチン
・ビタミンC誘導体
保湿成分 ・ヒアルロン酸など
特徴

  • アルブチンやビタミンC誘導体で、シミを予防する効果が期待できる
  • 肌の漂白作用が強いハイドロキノンも含まれているため、気になるシミを集中的にケアすることもできる
  • ヒアルロン酸やセレブロシドなどの保湿成分で、肌に潤いを与える
こんな人におすすめ!
  • シミを予防しながら、今ある気になるシミも改善したい人
  • 安定化させたハイドロキノン配合の美白化粧品を使用したい人

3位 ファンケル 無添加ホワイトニング

価格 1,830円
返金保証 無期限返品保証
美白有効成分 ・ビタミンC
保湿成分 ・濃グリセリン
特徴

  • ビタミンCとヤグルマギクエキスの作用で活性酸素を除去し、シミを予防する
  • 防腐剤や香料、合成色素などの5つの添加物を配合していない無添加の美白化粧品
  • 無期限の返品保証付きなので、初めての人でも安心して使用することができる
こんな人におすすめ!
  • 無添加の美白化粧品で、シミを予防したい人
  • 返金保証期間が長い美白化粧品を使用したい人

2.シミを予防する美白化粧品の選び方


先ほど紹介した、シミを予防する美白化粧品の選び方を詳しく紹介します。

2-1.シミの予防に効果的な美白有効成分を配合している

美白有効成分とは、美白効果や安全性を厚生労働省が認可した成分のことです。

現在では、約20種類あります。

その中で、シミの予防におすすめの美白有効成分を表にまとめました。

美白有効成分 表示名
アルブチン ・アルブチン
・α-アルブチン
・β-アルブチン
トラネキサム酸 ・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
ビタミンC ・L-アスコルビン酸
・アスコルビン酸
・V.C

上記の美白有効成分の中でも、特におすすめなのはアルブチンです。

アルブチンは、2つの作用があります。

  • チロシナーゼの働きを抑制する
  • 色素沈着を防ぐ

これらの作用によって、新たなシミを予防する効果が期待できます。

アルブチンがメラニンに働きかけるメカニズムについては、こちらのページに詳しく紹介しています。

今回紹介したおすすめの美白化粧品に含まれている美白有効成分を比較してみました。

商品名 美白有効成分
サエル おすすめ!・アルブチン
・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
アンプルール ・アルブチン
・ビタミンC誘導体
ファンケル ・ビタミンC

商品を比較してみると、おすすめの美白有効成分であるアルブチンが含まれているのはサエルとアンプルールです。

また、サエルには抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kも含まれています。

そのため、サエルを使用するとシミを予防・改善しながらニキビや肌荒れをケアすることができます。

2-2.保湿力が高い成分を配合している


美白有効成分だけではなく、保湿成分が含まれた美白化粧品を使用しましょう。

その理由は、肌が乾燥していると紫外線などの外部刺激を受けやすくなり、メラニンを過剰生成してしまう危険性があるためです。

また、乾燥した肌に美白化粧品を使用しても、角層の奥まで有効成分を浸透させることが困難なため、美白効果を実感しづらい可能性があります。

そのため、保湿成分も配合された美白化粧品を使用して肌に潤いを与えることも大切です。

おすすめの保湿成分は3つあります。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

これらの保湿成分の中でも、特におすすめなのはセラミドです。

セラミドは、もともと人間の肌に存在する保湿成分で、水分を強力に挟み込む特徴があります。

さらに、湿度が下がっても水分蒸発を防ぐ作用もあるため、冬場の乾燥を防ぐのに効果的です。

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている保湿成分を表にまとめました。

商品名 保湿成分
おすすめ!サエル ・セラミドナノスフィアなど
アンプルール ・ヒアルロン酸など
ファンケル ・濃グリセリン

表を見てみると、セラミドが配合されている美白化粧品はサエルです。

サエルに含まれているセラミドナノスフィアは、セラミドの中でも浸透力の高いヒト型セラミドをナノ化した成分のことです。

そのため、サエルを使用すると角層の奥深くまで潤いを与える効果が期待できます。

3.美白化粧水の正しい使い方


シミの予防に有効な化粧水を使用していても、正しく使わなければ美白効果を実感しにくい可能性があります。

そこで、美白化粧水の正しい使い方を紹介します。

美白化粧水の正しい使い方

    1.適量の半分を出し、手で温める
    2.優しく顔全体に馴染ませる
    3.もう半分を出し、目元や口元中心に重ね付けをする
    4.手のひらが吸いつくほど肌に馴染んだら完了

正しいつけ方に加えて、化粧水をつける時のポイントが2つあります。

  • 洗顔後、すぐに付ける
  • 手で優しくつける

洗顔後は、肌の水分がとても蒸発しやすいため、すぐに化粧水をつけて乾燥を防ぐことが大切です。

また、化粧水はコットンではなく、手でつけましょう。

どんなに上質のコットンでも、強くゴシゴシこすると繊維の刺激で角層に小さな傷をつけてしまう可能性があるためです。

角層に傷が付くと、外部刺激を受けやすくなり、乾燥して老化を招く危険性があります。

このことを防ぐためにも、化粧水は手で優しくつけることが大切です。

4.美白化粧品の効果を高める方法

美白化粧品の効果を高めるおすすめの方法を2つ紹介します。

  • 抗酸化作用のある食材を取り入れる
  • UV対策を行う

それぞれの方法について、詳しく紹介します。

4-1.抗酸化作用のある食材を取り入れる


シミの予防力を高めるためには、抗酸化作用のあるビタミンCが豊富に含まれた食品を摂取しましょう。

ビタミンCの抗酸化作用によって、メラニンの沈着を抑えるだけではなく、黒化したメラニンを還元する効果が期待できます。

ビタミンCを多く含んでいる食材を表にまとめました。

食材 ビタミンC含有量
赤パプリカ 170mg
黄パプリカ 150mg
菜の花 130mg
ブロッコリー 120mg
かぶの葉 82mg
カリフラワー 81mg
ピーマン 76mg

ビタミンCは、緑黄色野菜に多く含まれています。

一方、ビタミンCが含まれているレモンやオレンジ、パセリなどは紫外線の吸収を高める作用があるため、日差しが弱まる夕方以降に食べるのがおすすめです。

4-2.UV対策を行う


シミができる主な原因は紫外線です。

そのため、美白化粧品を使用するだけでなく、UV対策もしっかりと行いましょう。

おすすめのUV対策はこちらです。

  • 毎日日焼け止めを使用する
  • 首元には、ストールを巻く
  • 日傘や帽子、サングラスを使う

これらの方法でUV対策を行って、メラニンの生成を抑制し、シミを予防しましょう。

5.シミができるメカニズム

シミができる主な原因は、紫外線です。

紫外線が肌に当たって、シミの原因元であるメラニンが生成されるまでのメカニズムを図にまとめました。

    1.紫外線が肌に当たると、肌内部に活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与えてしまう
    2.肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌される
    3.情報伝達物質は、メラノサイトにメラニンを作るよう指示を出す
    4.メラノサイトは、最初にチロシン(アミノ酸)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活性化させる
    5.チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまう

上記の流れでシミの原因元であるメラニンが生成されるのです。

通常、肌内部に発生したメラニンはターンオーバーによって排出されます。
しかし、加齢や不規則な生活習慣を送っていると、ターンオーバーが乱れ、メラニンの排出が困難になってしまいます。
すると、いずれ色素沈着を起こしてメラニンが黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

6.シミの種類と特徴


シミは大きく6種類に分けることができます。

シミの種類 美白化粧品の効果
老人性色素斑
脂漏性角化症
雀卵斑(そばかす)
炎症性色素沈着
肝斑
花弁状色素斑

上記のように、美白化粧品が効果的なシミとそうでないシミがあります。

美白化粧品が効果的なシミの特徴や見分け方を以下で詳しく紹介します。

6-1.老人性色素斑

老人性色素斑

特徴

  • シミの中で最も多い種類
  • 紫外線の影響でできやすい
  • ごく初期のうっすらとしたシミには美白化粧品でも改善できる
見分け方
  • 頬骨の高い位置にできている
  • 数mm~数十mm大の丸い色素斑
  • でき始めは薄い茶色だが、次第に濃くはっきりとしくる

6-2.炎症性色素沈着

炎症性色素沈着

特徴

  • 女性ホルモンのバランスが崩れた時にできやすい
  • 妊娠中やピルを使用した際に見受けられる
  • 美白化粧品が効果的なシミ
  • シミの中でも最も美白化粧品が効果的
見分け方
  • ニキビ跡や傷跡が茶色くなってシミとして残っている
  • 毛を毛抜きで抜いた後に毛穴が黒く跡に残る

6-3.肝斑

肝斑

特徴

  • 女性ホルモンのバランスが崩れた時にできやすい
  • 妊娠中やピルを使用した際に見受けられる
  • 美白化粧品が効果的なシミ
見分け方
  • 頬骨のあたりにモヤモヤッと左右対称にできることが多い
  • 色は茶色や灰色など様々なタイプがある

7.まとめ

今回は、シミを予防するのにおすすめの美白化粧品とその選び方、美白化粧品の効果を高める方法などを紹介しました。

美白化粧品を選ぶ際は、アルブチンなどのシミを予防する美白有効成分や保湿成分が含まれている商品を選ぶことがおすすめです。

美白化粧品を使用して、新たなシミを予防しましょう。

今回紹介したおすすめの美白化粧品一覧

商品名 美白有効成分 高保湿成分
おすすめ!サエル
アンプルール
FANCL
美白に戻る
美白の関連記事
美白化粧品のおすすめ
美白化粧品を成分で選ぶ
おすすめのシミ対策
美白を目的別に選ぶ