日光黒子といわれる一般的なシミに比較して、ちょっと特殊なシミが「肝斑(かんぱん)」です。肝斑は紫外線で多少悪化することはあれど、日光が直接的な原因にはなりません。その特性から、一般的な「美白用」といわれる化粧水や、サプリメントでは効果がほとんど見込めません。

肝斑を根本的に改善するには、肝斑に特化した美白ケアを取り入れる必要があります。

肝斑ができる理由


日光黒子が、紫外線による影響で発生した黒色メラニンが原因であるのに対し、肝斑は「女性ホルモンバランスの乱れ」がおもな原因であることがわかっています。

そのため、妊娠や出産、ピル(経口避妊薬)の服用、更年期前後など、女性ホルモンが活発になるタイミングでより顕著にあらわれる傾向があるようです。また、生活習慣の乱れやストレスも、女性ホルモンのバランスを乱すことに繋がり、ひいては肝斑の間接的な原因になるといわれています。

肝斑の発症年齢は、おもに30代から40代の女性に集中しています。女性ホルモンの分泌がやわらぐ50代後半には発症例も少なくなり、60歳以降に発症することはごくまれです。60代にもなると、肝斑自体が薄くなったり、消えたりするともいわれます。

肝斑は、頬骨に沿って、目の周りを避けながら左右対称性の形状をしています。額や口の周りにできることもあります。日光黒子が同じような範囲に拡がっていると見分けがつきにくいことがありますが、その場合は、輪郭のぼやけた薄い褐色をしているか…といった特徴から見極めるのがポイントです。

肝斑治療にはどのような方法がおすすめか


肝斑の治療法の選択時に特に注意したいのが、肝斑以外に他の種類のシミ(日光黒子等)を併発していないか、というポイントです。シミの種類によって、治療法は大きく異なります。一方のシミに効果的な治療法が、もう一方には悪化の原因になることさえあり得るのです。

これの最たる例が、レーザー治療です。日光黒子等の紫外線の影響によるシミには、レーザー治療が即効性のある治療法になりますが、肝斑にとっては時に弊害にもなり得ます。クリニックによっては肝斑治療に特化したレーザー治療もあるため、注意深く確認するようにしてください。

さて、では肝斑には有効な治療法がないのか?と思われるかもしれませんが、安心してください。肝斑は、内服薬で十分に改善できるシミです。しかも、日光黒子等に比べて内服薬の成果が顕著にあらわれます。ですから肝斑には内服薬、つまりサプリメントがもっとも効果的な治療法なのです。

肝斑におすすめの美白サプリの選び方


多くの美白サプリの中で、肝斑へピンポイントに効く商品を選ぶための基準は、ずばり配合成分です。肝斑にもっとも効果的といわれる成分は「トラネキサム酸」です。トラネキサム酸は色素沈着抑制成分で、肝斑の症状にダイレクトに作用します。

トラネキサム酸以外で肝斑に効果的な成分には、「ビタミンC」があります。ビタミンCはトラネキサム酸同様の色素沈着抑制効果と、高い抗酸化作用で美白を内側からサポートしてくれます。また同時に、併発している日光黒子等のシミに対しても効き目があります。

以上の点をふまえ、成分配合表をよくチェックしてから購入してくださいね。

肝斑におすすめの美白サプリ


肝斑にダイレクトに効く美白サプリ・医薬品を厳選しました。用法・用量を守って服用すれば、肝斑へ高い効果が見込めます。ぜひ参考にしてください。

トランシーノⅡ

第一三共ヘルスケアのトランシーノⅡは、トラネキサム酸を高配合した肝斑専用の医薬品です。8週間の継続服用で確かな効果が得られると認められています。

配合成分はトラネキサム酸750mgの他、ビタミンC300mgに、肌の新陳代謝を促してシミを追い出すはたらきをするL-システイン240mg、皮膚の再生を促進するビタミンB6、にきびや発疹などの肌トラブルへ作用するパンテトン酸カルシウム24mgという充実のラインナップ。あらゆる有効成分が多角的に作用し、肌を芯から整え、美白へ導きます。

トランシーノⅡは240錠入り、6.300円での販売です。

SIMIホワイト

ビーグレンファーマのSIMIホワイトは、既にできてしまったシミへの美白はもちろん、新しいシミの予防にも同時に作用する医薬品です。

浸透テクノロジーの第一人者であるビーグレンの最高開発責任者監修のうえ、美白有効成分を効率よく体内へ取り入れることが可能。肝斑に効果のあるビタミンCは1,000mgと高配合の他、L-システイン240mg、細胞を酸化から守ってくれるビタミンEを50mg、ビタミンB6も配合。これらの美白有効成分が、肝斑以外にもあらゆるシミにはたらきます。

SIMIホワイトは、30日分7,171円で発売中です。

ホワイピュア

健康日本堂のホワイピュアは、美白だけでなく美肌も同時に叶えてくれる医薬品です。

美白有効成分が惜しみなく配合されているのが特徴。肝斑に効果の高いビタミンC1,000mgをはじめ、L-システイン240mg、ビタミンE50g、ビタミンB6とたっぷり。豊富な配合量であらゆるシミへダイレクトに作用するため、即効性の期待できる美白サプリです。

これらの有効成分は顔だけでなく全身へ行き渡ることから、顔だけでなく背中や腕、デコルテにも効果大。1つで全身の整肌・美白が叶うなんてお得ですよね。ホワイピュアは、180錠入り5,800円で販売されています。

まとめ


肝斑は、普通の美白ケアでは改善の難しいシミです。またその一方で、肝斑に直接作用する成分配合の美白サプリをきちんと服用すれば、必ず改善が見込めるシミでもあります。

ただし、すべてを美白サプリに頼るのは禁物。女性ホルモンバランスの乱れが原因になる肝斑は、日頃の生活習慣によって大きく左右されるからです。

ストレスを溜めずに適度なリフレッシュを心がけ、規則正しい生活を維持しながら、ぜひ美白サプリを日々の習慣として取り入れてみてくださいね。

美白サプリに戻る
美白サプリの関連記事
美白サプリをもっと詳しく知る
美白化粧品のおすすめ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を成分で選ぶ