美白をうたうスキンケアに必ずといっていいほど配合されている成分の「ビタミンC」。

このビタミンCのはたらきについて、詳しく知ったうえで商品を使っている人は少ないかもしれませんね。

ビタミンCは、美白を望むのであれば必ず摂取するべき成分といえます。

なぜなら、私たちの肌の内側へ入り込み、シミの原因に直接作用することで美白を阻止してくれる、唯一無二の成分だからです。

そしてその効果は、サプリメントとして体内に直接取り入れることで最大限に発揮できるということも、あわせて覚えておきましょう。

ビタミンCを含む美白サプリがシミにおすすめの理由


シミとは、皮膚の酸化によって引き起こされる症状です。

必要以上に体内に蓄積された活性酸素は、正常な細胞を傷つけることでメラニン色素の過剰生成を促し、その結果がシミとして肌に表面化します。

ビタミンCは本来持つ抗酸化作用により、その過程にある活性酸素を除去し、メラニンの生成を抑えるはたらきをするのです。

このようにシミ対策として万能なビタミンCですが、私たち人間は自分のからだから生み出すことができないため、外から取り入れる必要があります。

ビタミンCを摂取するには食品や、ビタミンC配合の化粧水もひとつの方法ですが、水溶性で体内に蓄積できないという特性上、それらで必要量のすべてをまかなおうとするのは現実的ではありません。

そこでおすすめの摂取方法が、美白サプリです。

サプリメントなら、食品のように余分なエネルギーを摂ることなく、化粧水のように皮膚の奥まで浸透しきらない心配もないうえ、十分な量を効率よく体内へ届けることのできる画期的な方法といえます。

とはいえ、すべてを美白サプリで摂取しようというのは誤りです。
美白を叶えるためには、多角的に体内へアプローチするのが得策といえます。

ビタミンCは一定量以上を摂取すると尿から体外へ排出されるため、常識的な範囲内であれば摂取量に上限はないといわれています。

常に消費し続ける重要な成分だからこそ、食事や化粧水も併用しつつ、体内へ取り入れるのがベストといえるでしょう。

ビタミンCを含む美白サプリの選び方


美白に有効な成分だと証明されているからこそ、ビタミンCを配合する美白サプリは非常に多いです。

その中で、私たちが最も効果的な美白サプリを選ぶには、何を基準にしたらいいでしょうか。

まずはなんといっても、ビタミンCの含有量をチェックすることが大切といえます。
少量でも配合されていれば「ビタミンC入り」と載せられるのが、サプリメントのこわいところです。

必ず商品の配合成分をチェックし、グラム数まで確認してください。最低でも、一日の推奨量である100mgを満たしているか、チェックしてくださいね。

次に重要なのが、ビタミンC以外の配合成分です。
シミに有効な成分は、何もビタミンCだけに限りません。

他にビタミンCと同等の作用が期待できるL-システインや、ビタミンCと一緒に摂ることで更に美白効果を高めるビタミンE、肌のターンオーバーを促すビタミンB2に、皮膚の再生を促進するビタミンB6など、美白を助ける成分は多く存在します。

成分表を念入りにチェックして、より多角的にシミへアプローチすることのできる美白サプリを選びましょう。

ビタミンCを含むおすすめの美白サプリ


以上のポイントをふまえたうえで、今最もおすすめできる美白サプリをご紹介します。

ロスミンローヤル

アインファーマシーズのロスミンローヤルは、シミやそばかすに効果的なのはもちろん、女性特有の悩みである小ジワにもアプローチすることのできる医薬品です。

成分はビタミンCが180mg、L-システインが160mg、他にビタミンB2やB6も配合。

美白有効成分に関しては配合量が控えめではありますが、女性特有の悩みに効く9種類の生薬成分配合で、美白をバックアップしてくれます。

ロスミンローヤルは、美白と一緒に小ジワや冷え性、肩こり、腰痛などの女性特有の症状をケアしたい人にぴったりのサプリメントですね。

270錠入り7,600円での販売です。

キミエホワイトプラス

富山常備薬グループのキミエホワイトプラスは、シミの予防だけでなく、既にできたシミやそばかすへ効果的にアプローチのできる医薬品です。

美白有効成分のLーシステインが240mgと、惜しみなく配合されているのが特徴。

ビタミンCも500mgと高配合です。
また、美白サプリには珍しいパントテン酸カルシウムが配合されているため、にきびや発疹などの肌トラブルに対しても効果が期待できます。

ゆっくりと着実に根本的なケアができるよう、おだやかな効き目が特徴のキミエホワイトプラス。

31日分93錠入りで、4,200円で販売されています。

ホワイピュア

健康日本堂のホワイピュアは、美肌へと導く有効成分が5種類配合されている医薬品です。

とにかくシミに効く成分がたっぷりと配合されているため、美白に即効性が期待できるサプリメントといえます。

それぞれの配合量はなんとビタミンCが1,000mg。他にL-システインが240mgに、ビタミンE50mg。ビタミンB2、B6ももれなく配合されています。

その豊富な配合量から、有効成分を全身へ行き渡らせることができるのが最大のポイント。

顔だけでなく、背中や腕、デコルテにいたるまで、これひとつでケアができるのはうれしいですね。

ホワイピュアは、30日分180錠入り、5,800円での販売です。

SIMIホワイト

ビーグレンファーマのSIMIホワイトは、できてしまったシミを薄くしながら、同時に紫外線対策をしつつ新しいシミの予防もできる医薬品です。

浸透テクノロジーの第一人者であるビーグレンの最高開発責任者監修のもと、シミ改善のための成分が最大クラス配合されています。

ビタミンC1,000mg、L-システイン240mgに加え、ビタミンE50mg、ビタミンB2、B6も配合し、あらゆるシミへ多角的にアプローチします。

毎日服用し続けることで、じっくりとシミができにくい肌をはぐくんでくれる美白サプリです。

SIMIホワイトは、30日分7,171円で販売されています。

ビタミンCは朝摂ってはいけないのか


ところで、美白サプリを服用するタイミングは一日の中でいつが最適だと思うでしょうか。

答えは、いつ飲んでも効果に変わりはなく、都合のいいタイミングに飲んで構いません。

巷では、「ビタミンCは朝に摂取してはいけない」というまことしやかな噂が流れていることがありますが、それはまったくもって信憑性のない誤りです。

でも、火のないところに煙は立たぬといいますし、こうささやかれるようになったのには理由があるはずですよね。

実は、その噂の発端は柑橘類に含まれる「ソラレン」という成分に原因があることがわかっています。
光毒性物質のソラレンは、紫外線を浴びることで活性化して肌にダメージを与えます。

またソラレンは紫外線を吸収する性質があるため、摂取することでシミの原因になりかねない危険な成分なのです。

ソラレンが多く含まれる柑橘類を始めとした食品の多くには、同時にビタミンCも配合されているものが多いです。

そのため、「朝に柑橘類は避けたほうがいい」という言葉がビタミンCを連想させ、根も葉もない噂に発展したものと思われます。

ビタミンC自体は、どのタイミングで体内に取り込んでも十分に効果を発揮する成分です。安心して服用しましょう。

まとめ


シミ対策として心強い味方になる美白サプリ。

せっかく服用するのなら、高い効果を期待できるサプリメントで始めるのが、賢い選択です。

とはいえ、飲んですぐに効果を期待するというのはムリな話です。
体の内側から徐々にケアすることで、長い目でみて紫外線に負けない肌を作るものだからです。

数年後にシミひとつない美肌を叶えるためにも、ぜひ今からスタートしてみてくださいね。

美白サプリの記事一覧へ
美白サプリの関連記事
美白サプリをもっと詳しく知る
美白化粧品のおすすめ
美白を目的別に選ぶ
美白化粧品を成分で選ぶ