シミ消しに効く、効果のあるおすすめの美白サプリを紹介


あなたは、シミを改善する美白サプリに関して以下のような疑問を持っていませんか?

「シミを改善するおすすめの美白サプリはどれ?」
「シミを改善する美白サプリを選ぶ際のポイントは?」

このページでは、シミの改善におすすめの美白サプリとその選び方、美白サプリの注意点や効果を高める方法などを紹介していきます。

1.シミを改善するおすすめの美白サプリランキング


シミを改善する美白サプリを選ぶ際は、以下のポイントをおさえて選びましょう。

・シミの改善に有効な成分を配合している
・医薬品として販売されている
・同じサプリを飲み続けられる

上記のポイントに当てはまるおすすめの美白サプリはこちらです。

商品名 購入価格 有効成分 医薬品
おすすめロスミン
ローヤル
2,052円
ホワイピュア 3,132円
トランシーノ
ホワイトC
2,808円

※表の価格は税込で表記しています。

それぞれの商品について、以下でおすすめ順に詳しく紹介します。

1位 ロスミンローヤル

価格 1,900円
(税込:2,052円)
1日あたりの価格 63円
(税込:69円)
内容量 270錠
有効成分 ・L-システイン
・アスコルビン酸
・ビタミンE
・ビタミンB群
など
分類 第3類医薬品
特徴

  • シミに対して高い美白効果が期待できる
  • シミの改善に有効なL-システインやアスコルビン酸、ビタミン類配合

  • 冷え性や肩こりなど女性特有の不調も改善
  • アミノ酸やL-システインの働き

  • 国内で唯一、小じわも改善できる
  • 9種の生薬も配合されている

  • 公式サイトでは通常価格の半額以下で購入可能
こんな人におすすめ!
  • シミの改善力が高い美白サプリを使用したい人
  • 小じわも改善したい人
  • 冷え性や肩こりなどの不調も改善したい人

2位 ホワイピュア

価格 2900円
(税込:3,132円)
1日あたりの価格 97円
(税込:105円)
容量 180錠
有効成分 ・L-システイン
・ビタミンC
・ビタミンE
・ビタミンB2
・ビタミンB6
分類 第3類医薬品
特徴

  • コラーゲンの生成を促進し、肌にハリを与える
  • L-システインとビタミンC、ビタミンEの働き

  • 顔以外のシミも改善する
  • 定期コースに契約回数の縛りがなく、気軽に始められる
こんな人におすすめ!
  • 顔以外のシミも改善したい人
  • 肌のハリも取り戻したい人

3位 トランシーノホワイトC

価格 2600円
(税込:2,808円)
1日あたりの価格 87円
(税込:94円)
容量 180錠
有効成分 L-システイン
・アスコルビン酸
・天然型ビタミンE
・ビタミンB2
・ビタミンB6
分類 第3類医薬品
特徴

  • メラニン生成の抑制力が強い
  • L-システインが多く配合されている

  • 肌の新陳代謝を高め、シミの改善に働きかける
  • ビタミンB2やビタミンB6の作用

  • ニキビや吹き出物も改善する
  • リボフラビンの働き

こんな人におすすめ!
  • シミの予防に力を入れたい人
  • ニキビや吹き出物も改善したい人

2.シミを改善する美白サプリの選び方


先ほど紹介した、シミを改善する美白サプリの選び方について詳しく紹介します。

2-1.シミの改善に有効な成分を配合している

美白サプリとして販売されていても、シミに有効な成分が配合されていないと美白効果を実感できない可能性があります。

ですので、美白サプリを選ぶ際はシミを改善する有効成分が含まれている商品を選びましょう。

シミの改善におすすめの有効成分はこちらです。

成分名 主な表記名
おすすめL-システイン ・L-システイン
・システイン
ビタミンC ・アスコルビン酸
・アスコルビン酸Naなど
ビタミンE ・トコフェロール
ビタミンB群 ・ビタミンB2
・ビタミンB6など
トラネキサム酸 ・トラネキサム酸
・m-トラネキサム酸

L-システイン

L-システインは、体内に存在するアミノ酸の一種でメラニン色素の生成抑制や還元、ターンオーバーを促進する働きがあります。

この働きで、今あるシミを改善するだけではなく、新たなシミを予防することができます。

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用が強いため、紫外線のダメージを軽減し、メラニンの過剰生成を抑制するのに効果的です。

また、L-システインと同じく、黒化したメラニンを還元する作用もあるため、今あるシミを改善することもできます。

ビタミンE

ビタミンEは、血行促進作用や抗酸化作用があります。
これらの働きで、メラニンを排出したりシミやシワなど老化の元となる過酸化脂質の増加を抑制したりするのに効果的です。

ビタミンB群

ビタミンB群は、ナイアシンやビタミンB6など8種類の成分に分かれています。

その中でも、美白に効果的な成分はビタミンB2やビタミンB6です。

この2つの成分は、新陳代謝を促進したりL-システインの生成を助けたりする働きがあります。

トラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、肝斑の治療にも使われています。

メラニン色素の生成元であるメラノサイトを抑制する働きがあるため、新たなシミを予防するのに効果的です。

今回紹介したおすすめの美白化粧品に配合されている有効成分を比較してみました。

商品名 有効成分
ロスミン ・L-システイン
・アスコルビン酸
・ビタミンE
・ビタミンB2
・ビタミンB6など
ホワイピュア ・L-システイン
・アスコルビン酸
・ビタミンE
・ビタミンB2
・ビタミンB6
トランシーノ ・L-システイン
・アスコルビン酸
・天然型ビタミンE
・ビタミンB2
・ビタミンB6

3つの商品を比較してみると、特におすすめの有効成分であるL-システインは全ての商品に含まれています。

また、ロスミンローヤルには9種類の生薬も含まれているので小じわや肌荒れの改善にも働きかけてくれます。

2-2.医薬品として販売されている

美白サプリを購入する際は、医薬品として販売されている商品を選びましょう。

医薬品とは、効果や安全性が厚生労働省に認められた商品のことです。

また、医薬品でも薬局や通販サイトで購入できる商品を一般医薬品といいます。

一般医薬品は、大きく5つに分けられます。

種類 リスク
要指導医薬品 ★★★★★
第1類医薬品 ★★★★☆
指定第2類医薬品 ★★★☆☆
第2類医薬品 ★★☆☆☆
第3類医薬品 ★☆☆☆☆

要指導医薬品

要指導医薬品は医療用薬品の成分を含んでおり、一般医薬品になった直後の商品です。

リスクが不確定なものもあるため、薬剤師から医薬品に関して指導や文書での情報提供を受けた上で購入することができます。

第1類医薬品

第1類医薬品は、一般医薬品の中でも特にリスクが高く、薬剤師の説明を聞かずに購入することがないように手の届かない場所に陳列されています。

要指導医薬品とほぼ同じ扱いで、薬剤師から医薬品に関して指導・文書での情報提供を受けた上で購入することができます。

指定第2類医薬品

第2類医薬品の中でも、リスクが高いといわれており、他の薬との飲み合わせなどでより注意が必要な商品です。

薬剤師または登録販売者が、医薬品の情報提供に努めなければならないと規定されています。

第2類医薬品

第2類医薬品は、指定第2類医薬品よりリスクは低いといわれていますが、注意の必要な医薬品です。

主に風邪薬や解熱剤、鎮痛剤などが該当します。

薬剤師や登録販売者は情報提供を努力義務することと規定されています。

第3類医薬品

第3類医薬品は副作用のリスクが低く、相互作用が穏やかな医薬品です。

そのため、法律上では薬剤師や登録販売者からの情報提供は規定されていません。

上記のように、一般医薬品でも副作用のリスクが異なります。

一般医薬品の中でもおすすめなのは、第3類医薬品です。

第3類医薬品は副作用のリスクが最も低いといわれています。

今回紹介したおすすめの美白サプリは、全て第3医薬品なので安心して使用することができます。

2-3.同じサプリを飲み続けられる

美白サプリは、同じ商品を飲み続けられる価格のサプリを選ぶこともポイントの一つです。

これは、ターンオーバーという肌の新陳代謝機能が関わっているためです。

ターンオーバーは、約28日周期で行われているので1ヶ月程で肌表面が生まれ変わります。

一方、シミなどの頑固なメラニンは肌の奥深い場所に溜まっているので、1回のターンオーバーでは美白効果が実感しづらいといわれています。

そのため、同じ美白サプリを継続して飲み続けられる経済的に無理のない商品を選ぶことも大切です。

3.おすすめの美白サプリの口コミ


今回紹介したおすすめの美白サプリの口コミについて紹介します。

3-1.ロスミンローヤルの口コミ

口コミ1

まだ飲み始めて2週間くらいですが、肌のきめが細かくなったり皮膚全体のくすみが取れたりして、顔や腕も白くなったりしてきました。
以前からビタミンCも一緒に飲み続けているので、相乗効果によってすぐに結果が現れたのかもしれません。

口コミ2

目元の小さなシミが気になって飲み始めました。
飲み始めて3週間後、目の下にあった3ミリほどのシミが薄くなってきました。
1ヶ月後の今はもう消えかけているシミもあります。

口コミ4

定期購入で6ヶ月間飲み続けました。結果、私のそばかすには効きませんでした。
ただ、ほうれい線には効果抜群でした。シワが気になる人にはいいかもしれません。

3-2.ホワイピュアの口コミ

口コミ3

肌のトーンが明るくなりました。
シミが気になってコンシーラーと化粧直しが欠かせませんでしたが、大分ましになってきました。
気になっていた肩のシミにも効果ありです。

口コミ4

内側からのケアなので時間がかかると思っていたのですが、私は飲み始めて1ヶ月くらいで肌が明るくなった気がしました。
鼻と頬にあったそばかすも薄くなってきました。

口コミ1

医薬品なので副作用の危険性があると記載があったのですが、下痢気味になってしまいました。
他のサプリも飲んでいるので組み合わせに問題があったのか…。複数のサプリを飲んでいる人は気をつけた方がいいかもしれません。

3-3.トランシーノの口コミ

口コミ3

15日でしっかり効果を実感できたのでリピートしています。
くすみが取れて、肌がワントーン明るくなり、シミも薄くなりました。
なんだか体の調子も良くなり、私にはすごく合っていました。

口コミ1

朝と晩に飲んでいますが、肌がワントーン上がった気がします。
まだ飲み始めて2週間なので、3ヶ月は飲んで効果を確認したいと思います。

口コミ2

そばかすが薄くなればいいなと思い半年ほど飲んでいますが、今のところ効果はありません。
ですが、飲むのをやめると久しぶりにニキビができました。偶然かもしれませんが…。
今はシミやそばかすを増やさない予防として飲んでいます。

4.美白サプリの効果的な飲み方


美白サプリは、相性のいい成分と組み合わせると相乗効果で美白ケア力や吸収率を高めることができます。

おすすめの組み合わせはこちらです。

吸収率を高める

・鉄分+ビタミンC
・ビタミンC+ビタミンP

効果を高める

・ビタミンE+セレニウム→抗酸化作用を高める
・コラーゲン+ビタミンC→コラーゲンの生成促進

上記のように相性の良い成分を組み合わせると、相乗効果が期待できます。

5.美白サプリの安全性と注意点


美白サプリは、用法や用量を守っていれば副作用の心配はないといわれています。

しかし、美白サプリを過剰摂取すると、成分本来の働きが弱まったり副作用のような症状を引き起こしたりする可能性があります。

例えば、美白サプリに多く含まれているL-システインは、過剰摂取すると本来の働きが低減してしまいます。

本来の働きができなくなると、活性酸素を除去するはずが、増加させてしまう危険性があるのです。

また、ビタミンCを過剰に摂取してしまうと、体外への排出が困難となり、下痢を引き起こす可能性があります。

副作用を起こさないためにも、美白サプリは用法や用量を守って使用しましょう。

6.美白サプリの効果とシミができるメカニズム


美白サプリの効果とシミができるメカニズムについて紹介します。

6-1.シミができるメカニズム

シミができる主な原因は、紫外線です。

紫外線が肌に当たって、シミができるまでのメカニズムを図にまとめました。

  1. 紫外線が肌に当たると、活性酸素が発生し、肌細胞にダメージを与えてしまう
  2. 肌細胞のダメージを緩和するために、情報伝達物質が分泌される
  3. 情報伝達物質は、メラノサイトにメラニンを作るよう指示を出す
  4. メラノサイトは、最初にチロシン(アミノ酸)を生成し、チロシナーゼ(活性酵素)を活性化させる
  5. チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまう

上記の流れでシミの原因元であるメラニンが生成されるのです。

通常、ターンオーバーによってメラニンは排出されます。
しかし、加齢や不規則な生活習慣を送っていると、ターンオーバーが乱れ、メラニンの排出が困難になってしまいます。
すると、いずれ色素沈着を起こしてメラニンが黒くなり、シミとして肌表面に現れてしまうのです。

6-2.美白サプリの効果

美白サプリは、2つの美白効果でメラニン色素にアプローチします。

・活性酸素の除去…新たなシミを予防
・チロシナーゼの働きを抑制…新たなシミを予防
・メラニンの還元…今あるシミを改善

それぞれの効果について、下記で詳しく紹介します。

活性酸素の除去

肌に紫外線が当たると活性酸素が発生します。

活性酸素は本来、細菌やウイルスなどから細胞を守る働きがあります。

しかし、日常的に紫外線などの外部刺激を受けると活性酸素が大量に発生してしまい、細胞を傷つけてしまうのです。

それを防ぐために、情報伝達物質が分泌され、メラニンを作るように指示を出してしまいます。

美白サプリに活性酸素を除去するL-システインやL-シスチンが含まれていると、メラニン生成を阻害し、新たなシミを予防することができるのです。

チロシナーゼの働きを抑制

活性酸素が大量に発生すると、情報伝達物質を分泌し、メラノサイトにメラニンを作るように指示を出します。

指示を受けたメラノサイトは、チロシンを生成し、チロシナーゼの働きを活性化させます。

すると、チロシンとチロシナーゼが結合し、メラニンに変化してしまうのです。

美白サプリにチロシナーゼの働きを抑制するL-システインやビタミンCが含まれていると、メラニン生成を阻害し、新たなシミを予防することができます。

メラニンの還元

紫外線などの外部刺激で発生したメラニンは、通常ターンオーバーによって排出されます。

しかし、6-1.でも紹介したように、加齢や不規則な生活習慣によってターンオーバーが乱れるとメラニンの排出が困難となり、肌内部に残ってしまいます。

すると、いずれ色素沈着を起こして黒くなり、肌表面にシミとして現れてしまうのです。

美白サプリにL-システインやビタミンCが含まれていると、黒化したメラニンを無色化し、今あるシミを改善することができます。

7.美白サプリの効果を高める方法


美白サプリの効果を高めるおすすめの方法はこちらです。

・美白サプリは常温水で飲む
・美白化粧品で外側からもケアする
・美白に効果的な食事を摂る
・適度に運動を行う
・睡眠をしっかりとる

それぞれの内容は、以下で詳しく紹介します。

7-1.美白サプリは常温水で飲む

美白サプリは、コップ一杯の常温水で飲みましょう。

その理由は、お茶やコーヒーなどカテキンやカフェイン配合の飲料水は栄養の吸収を妨げる可能性があるためです。

その反面、水やミネラルウォーターは胃を適度に刺激して活発にし、栄養をスピーディーに届けてくれる働きがあります。

7-2.美白化粧品で外側からもケアする

美白サプリ以外にシミを改善するアプローチ方法として、美白化粧品を使うのもおすすめです。

美白化粧品は、配合されている成分によってシミを予防したり改善したりすることができます。

おすすめの成分はこちらです。

美白有効成分 表示名
アルブチン ・アルブチン
・α-アルブチン
・β-アルブチン
ビタミンC誘導体 ・APM
・APS
・VC-IPなど
プラセンタエキス ・プラセンタエキス

これらの成分の中でも、特におすすめなのはアルブチンです。

アルブチンは、メラニン色素の生成元であるメラノサイトの働きを抑制する作用があります。

この作用によって、メラニン色素の生成を阻害し、新たなシミを予防することができます。

また、メラニン色素の生成を阻害することで、肌内部にあるメラニン色素を排出させると今あるシミを改善することもできます。

アルブチンが配合されたおすすめの美白化粧品はこちらのページに詳しく紹介しています。

参考記事
アルブチンが配合されているおすすめの美白化粧品
あなたは、アルブチン配合の美白化粧品について、このような疑問を持ったことはありませんか?様々な美白化粧品があるけど、アルブチンを含んでいるおすすめの化粧品はどれ?…

7-3.美白に効果的な食材を取り入れる

美白サプリを摂取しながら、美白効果のある栄養素が含まれた食材を摂取すると美白ケアの力を高める効果が期待できます。

美白に効果的な栄養素が含まれたおすすめの食材はこちらです。

栄養素 おすすめの食材
ビタミンC ・赤パプリカ
・黄パプリカ
・ブロッコリー
・キウイなど
ビタミンE ・アーモンド
・ツナ缶
・たらこ
・赤パプリカ
ビタミンB2 ・うなぎ
・まいたけ
・卵
・モロヘイヤ

これらの食材をバランス良く摂取して、美白効果を高めましょう。

美白に効果的なレシピはこちらのInstagramで紹介しています。

7-4.適度に運動を行う

運動をすると、血行促進や代謝アップ、ストレス発散など様々な効果が期待できます。

血行が促進されることで、メラニン色素の排出を促すのに効果的です。

心拍数が上がりすぎる激しい運動は、活性酸素を生み出す可能性があるため、ウォーキングなど軽い運動を行いましょう。

7-5.睡眠をしっかりとる

睡眠は、肌にとって重要な役割を果たしています。

それは、眠り始めの約3時間の間が、成長ホルモンの分泌が最も盛んになるといわれているためです。

この成長ホルモンによって、肌内で細胞分裂が起こり、新しい細胞へと生まれ変わっています。

成長ホルモンの分泌を妨げないためにも、睡眠をしっかりとることが大切です。

8.まとめ

今回は、シミの改善におすすめの美白サプリとその選び方、美白サプリの注意点や効果を高める方法などを紹介しました。

シミを改善する美白サプリを選ぶ際は、シミの改善に有効な成分が含まれており、医薬部外品として販売されている商品を選びましょう。

また、美白サプリの効果を実感するためには飲み続けることが大切なので、経済的に無理のない商品を選ぶこともポイントの一つです。

美白サプリを飲んで、肌悩みを改善させましょう。

今回紹介したおすすめの美白サプリ一覧

商品名 購入価格 有効成分 医薬品
おすすめロスミン
ローヤル
2,052円
ホワイピュア 3,132円
トランシーノ
ホワイトC
2,808円

※表の価格は税込で表記しています。

新着記事一覧

ページの先頭へ