こんばんは、元芸人のライター鯛(@tai__writer)です。

このページでは、安い鶏胸肉が柔らかくてジューシーに仕上がる「極厚チキンステーキ」の簡単レシピをご紹介します。

安くてヘルシーな鶏胸肉ですが、調理方法によってはどうしてもパサパサになってしまいます。
しかし、今回のレシピを参考にすれば、まるで霜降り牛を食べているかのような(?)柔らかいステーキを作ることが可能です。

また、鶏胸肉を丸ごと1枚使っているので食べ応えも抜群。
そして、一緒に紹介しているレモンバターソースとの相性も最高です。

作り置きもできるので是非参考にしてみて下さい。

柔らかジューシーな極厚チキンステーキのレシピ

胸肉ステーキに必要な材料や作り方を写真付きで詳しくご紹介します。

必要な材料(1人前)


【胸肉ステーキ】
・鶏胸肉 1枚(250g)
・中華だしの素 小さじ1
・塩胡椒 適量
・油 適量
【レモンバターソース】
Bバター 1かけ
Bレモン汁 大さじ1
B酒 大さじ1
Bみりん 小さじ1
B醤油 小さじ1
Bオイスターソース 小さじ1
・パセリ(あれば)

簡単な作り方

1.鶏胸肉を500Wのレンジで約2分加熱する。
耐熱皿に鶏胸肉を乗せて、人肌くらいまで温めます。
次の工程で茹でるので、中まで火が通っていなくてもOKです。


表面の色が変わる程度まで温められればOK↓

2.小鍋に水500ccと中華だしの素を入れて沸騰させ、胸肉を入れて茹でる。
小鍋に水と中華だしの素を入れて沸騰させます。


沸騰したら先ほどの胸肉を入れ、火を消して蓋をしましょう。


中まで火を通す必要があるので、お湯の温度がお風呂の温度(40度前後)くらいまで下がるのを目安にじっくり茹でてください。

3.フライパンに油を引き、全体に焼き目を付ける。
胸肉が茹で上がったら、お湯から取り出して水気を切ります。
そしてフライパンに油を引き、全体に焼き目が付くようにひっくり返しながら炒めます。


両面をこんがり焼き上げることで、外はパリッと、中はジューシーな食感に仕上げることができます。


4.レモンバターソースを作る。
胸肉全体に焼き目が付いたら、お皿に取り出して食べやすい大きさにカットしましょう。

フライパンに残ったチキンの肉汁を利用してソースを作ります。
Bの調味料を入れて弱火でじっくり煮詰めましょう。


5.チキンステーキの上にソースをかけ、パセリを振りかければ完成。

皮をこんがり焼き上げられているので、パリッとした食感が最高です。
また、あっさりだけどコクのあるレモンバターソースの相性も抜群。

安い鶏胸肉でも本格的なチキンステーキに仕上げられるので是非一度試してみてください。

極厚チキンステーキの保存方法

チキンステーキを保存する場合は、まず調理後に粗熱を取ってソース毎ジップロックに入れます。
そして、自然に冷めたら空気を抜くようにきっちりチャックを閉めましょう。

冷蔵庫なら3日間、冷凍庫なら約2週間保存可能です。
※冷凍保存した場合、食べる前日に冷蔵庫へ移して自然解凍すると、美味しくお召し上がり頂けます。

ちなみに、食べる時に油が固まっている場合があるので、レンジかフライパンでしっかり温めて下さい。

まとめ

極厚チキンステーキは、安い鶏胸肉を柔らかジューシーに仕上げることができてめちゃくちゃ美味しいです。
そして、レモンバターソースとの相性も抜群。

作り置きもできるので是非作ってみて下さい。

この記事を書いた人

24歳、元芸人ライター

腐っても鯛です
ブログ:鯛ライフを運営中。
鯛のコラムに戻る
鯛のコラムの関連記事
グルメ
激ウマレシピ
簡単レシピ
ヘルシーレシピ
ストレッチ・筋トレ