こんばんは、元芸人ライターの鯛(@tai__writer)です。

このページでは、カメラ初心者がスマホでフォトジェニックな料理写真を撮るための3つのコツをご紹介します。
※フォトジェニックとは、「写真映えする」「インスタ映えする」という言葉で、若者の間でよく使われています。

僕は一人暮らし向けの簡単レシピを紹介する記事を書くことが多く、「簡単でおいしそう!」といったコメントをよく頂けるのですが、中には批判的なコメントを頂くこともあります。

過去に頂いた批判的なコメントの一例

  • 食欲を減退させる見栄え
  • 写真無い方が美味しそう
  • “メシマズ写真”

こんな感じでボキャブラリー豊富に「写真がまずそう」となじられています。
(もちろん、レシピのクオリティが低いという意味もあると思いますが…。)

料理の良さを記事で伝えるには、「美味しそうに見える料理写真を使うこと」も一つの条件だと痛感しました。
とはいえ、僕は一眼レフを持っていないし、アプリやソフトで明るさ・露出などを加工する技術もありません。

そこで、スマホのカメラ機能だけでおしゃれで美味しそうな料理写真を撮るコツを、カメラ好きの先輩に聞いたり、たくさんの記事を見たりして勉強しました。
そして実際に撮ってみた写真がこちらです↓

どうですか!
多くの人に「before写真よりもafter写真の方が美味しそう!」と思って頂けるのではないでしょうか?

というわけで今回は、カメラ初心者の僕が実際に行った「スマホでフォトジェニックな料理写真を撮る3つのコツ」をご紹介します。
とても簡単なので、ブログやSNSでレシピを紹介している方は是非参考にしてみてください。

スマホでフォトジェニックな料理写真が撮れるたった3つのコツ

実際に作った「焼き鳥丼」を例に、スマホのカメラ機能だけでフォトジェニックな料理写真を撮るたった3つのコツをご紹介します。

①横から自然光を当てる

1つ目のコツは「光」です。

個人的には、この光が一番大切だと思っています。
なぜなら、光を当てることで料理にツヤや立体感が生まれ、とても美味しそうに見せることができるからです。

光無し・光有りの2枚の写真を見比べてみて下さい↓
光無し

光有り

同じ角度から撮った写真ですが、光の有無で印象が大きく変わっていますよね。

光を当てる場合は自然光が最もおすすめですが、部屋が暗い場合は柔らかい色の光を当てましょう。
また、「真逆光」「斜め逆光」などで撮る技術もありますが、カメラ初心者の場合は光を横から当てるだけでもOKです。

明るさが上手く補正されない時はAE/AFロックを使おう

iPhoneの場合、被写体の明るさに合わせて自動で明るさを補正してくれます。
しかし、一部分に強く光が当たっている時や逆光の時は上手く補正されず、画面全体が暗く(もしくは明るく)なってしまいます。

そこで使える機能が「AE/AFロック」です。
AE/AFロックを使用することで、撮りたい部分にピントを固定し、画面全体の明るさを手動で調整することができるのです。

手動で調整と言っても使い方は簡単です。
1.ピントを合わせたい部分をタップし、その部分を長押しする。
2.ピントと明るさが固定されるので、長押ししたまま上下にスワイプして明るさを調整する。(上にスワイプすると明るく、下にスワイプすると暗くなります。)
3.指を離して撮影する。
※andoroiの場合は機種によって操作方法が異なります。

②「赤・黄・緑・白・黒」を使って彩りバランスを整える

2つめのコツは「彩りバランス」です。

「見た目がちょっと寂しいな…」と思った時は、彩りバランスを意識してみましょう。
美味しそうな料理写真の彩りを分析すると、「赤・黄・緑」と「白・黒(に近い色)」がバランスよく使われていることが分かりました。

また、料理の彩りだけでなく、「料理以外の部分」の見栄えも重要です。
白・黒色・木製のお皿に盛り付けて、暖色系のランチョンマット、白・木目調のテーブルのいずれかの上で撮影すると、スッキリとした見栄えの写真を撮ることができます。

最初の状態の焼き鳥丼と、卵(黄色)といりごま(白)をトッピングし、木目調のテーブルの上で撮影した焼き鳥丼を比較します↓
最初の状態の焼き鳥丼

彩りバランスを整えた焼き鳥丼

最初の状態の焼き鳥丼は美味しそうに見えますが、ちょっと寂しい気がしますよね。
一方、彩りバランスを整えた焼き鳥丼は、見た目が華やかになり食欲がそそられます。

「ちょっと見た目が寂しいな…」と思った時は、「赤・黄・緑・白・黒」のバランスを意識して取り入れてみましょう。
そして、お皿やランチョンマット、テーブルにもこだわってみて下さい。

③写真の構図を意識する

3つめのコツは「構図」です。

ただ、「構図」と言われてもカメラ初心者はピンと来ないですよね。
実際に僕が撮る写真は、対象物がど真ん中にある「日の丸構図」が多く、よく素人写真と野次られます…。

そこで、初心者が構図を決める時におすすめしたいカメラ機能が、グリッド線です。
グリッド線とは、以下のように縦・横に2本ずつ引かれた線のことです↓

グリッド線上や、線と線の交点に写したい物を合わせることで、カメラ初心者でもバランスの良い、プロっぽい写真を撮ることができます。

グリッド線の表示方法
iPhoneのホーム画面から設定を開く→「写真とカメラ」をクリック→「グリッド」オンにする
※androidは機種によって設定方法が異なります。

また、インスタグラムや料理ブログのレシピ写真を参考にして構図を決めることもおすすめです。

インスタや料理ブログで使われている構図は主に以下の3つです。
1.真上から撮る

2.接写で撮る

3.中央からズラして撮る

同じ料理でも角度や写し方によって見え方が大きく変わるので、1つではなく複数の構図で撮ることをおすすめします。

接写で写真を撮る場合はズーム機能を使おう

iPhoneで接写した写真を撮ろうと思ったのですが、以下のようにお皿の手前の部分がグワンと歪んでしまいました↓

調べたところ、iPhoneでは広角レンズが使われているため、接写しすぎると手前の物が歪んでしまうそうです。

そのため、iPhoneで接写した写真を撮りたい場合は、「ズーム機能」を使うことをおすすめします。
ズーム機能で撮影した写真がこちらです↓

ズーム機能を使うことでお皿が歪むことなく、接写した写真を撮ることができました。

とにかくたくさん写真を撮ることも大切

カメラ初心者が1枚で完璧な写真を撮ることは難しいので、とにかくたくさん撮ることをおすすめします。

以前、カメラ好きの先輩と登山に行った時、2日間で約700枚の写真を撮影されていました。
それに影響を受けて、僕も今回は計70枚の写真を撮りました。

たくさん撮ると、その中からより質の高い写真を選ぶことができます。
また、失敗することでカメラ技術もどんどん上達していくので、とにかくたくさん撮ることをおすすめします。

まとめ

スマホでフォトジェニックな料理写真が撮れるたった3つのコツをご紹介しました。

Pointまとめ
①自然光を横から当てて、ツヤや立体感を出す
・上手く調整できない場合はAE/AFロックを使う
②彩りバランスを整える
・「赤・黄・緑・白・黒」をバランスよく取り入れる
・お皿やランチョンマット、テーブルなど、「料理以外の部分」にもこだわる

③構図を意識する
・グリッド線上、交点に合わせることでバランスの良い写真を撮影できる
・「真上」「接写」「中央からずらす」など複数の構図で撮る。
・接写して撮る場合はズーム機能を使う
・とにかくたくさんの写真を撮る

カメラ初心者の僕でも簡単に撮ることができたので、是非参考にしてください。
僕ももっと美味しい料理を作り、良い写真で提供できるように頑張ります!

この記事を書いた人

24歳、元芸人ライター

腐っても鯛です
ブログ:鯛ライフを運営中。