こんばんわ、元芸人ライターの鯛(@tai__writer)です。

厚生労働省は、「成人が健康的な体を作るために、野菜を1日で350g摂取すべき」と提言しています。
しかし、仕事中心の生活で、毎日野菜350gを摂取するのってかなり大変ではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめしたいのが、「丸ごと玉ねぎのキムチ鍋」レシピです。

今回ご紹介するレシピなら、たった1食で野菜を350g摂取できます。
しかも、野菜を鍋に突っ込んで煮込むだけなので簡単です。

仕事帰りで疲れている時や、自炊が面倒な時でも、超簡単に栄養バランスの整った料理を食べることができます。
「いつも半額弁当ばかり食べている…」という方は、是非作ってみてください。

1.丸ごと玉ねぎのキムチ鍋のレシピ

丸ごと玉ねぎのキムチ鍋の材料や作り方を、写真付きで詳しく紹介します。

1-1.このレシピの4つのメリット

  • たった1食で野菜を350g摂取できる
  • 緑黄色野菜、淡色野菜をバランスよく摂取できる
  • 玉ねぎを丸ごと1個使っているので食べ応えがある
  • 野菜を入れて煮込むだけなので簡単

1-2.材料(2人前)

A玉ねぎ 1/2個(100g)
Aニラ 1/2袋(50g)
Aほうれん草 1/2袋(100g)
・もやし 1袋(100g)
・豚ばら肉 100g
・キムチ鍋の素 2人前分
・水 適量

1-3.作り方

1.野菜をカットする。
・玉ねぎは皮を剥き、上下を切り落とす。

・ニラ、ほうれん草は1/2袋分を4~5cmの長さにカットする。

2.キムチ鍋の素と水を入れ、沸騰させる。

3.具を入れて約5分煮込む

4.全体に火が通れば完成!

1-4.作り方のコツ

野菜から水分が出るので、記載されている分量よりも少し少なめの水を入れましょう。
また、辛いのが苦手な方は、卵を入れるとマイルドな味に仕上がります。

2.一人暮らしでも取り入れやすい野菜

「野菜350gなら何を食べてもOK!」というわけではなく、バランスよく摂取する必要があります。
具体的には、緑黄色野菜120g、淡色野菜230gを目安に摂取しましょう。

一人暮らしでも取り入れやすい緑黄色野菜と淡色野菜と、各100g当たりの目安量をまとめました↓

・緑黄色野菜:トマト小1個、ブロッコリー小1個、人参小1本、ニラ1束
・淡色野菜:レタス小1/2個、もやし1/2袋、大根1/4本、玉ねぎ1/2個、白菜1/4個、キャベツ1/8個

これらの野菜は、炒めたり、煮込んだりするだけで美味しく食べられるので、毎日の食事に取り入れてみてください。

3.まとめ

丸ごと玉ねぎのキムチ鍋ならたった1食で野菜を350g摂取できます。
特に、「野菜が足りているか不安…」という一人暮らしの方におすすめしたいです。
とても簡単なので、是非作ってみてください!