ステーキ食べたいステーキ食べたいステーキ……。
あ、どうも。とみえみさとです。

「なんでも良いから、とにかく美味しい肉を食べさせてくれ!!」時々こんな欲求が襲ってきます。
最近、ステーキ料理専門店や美味しいお酒とお肉が楽しめるバルなんかが流行っていますが、わざわざ出向くのが面倒。
特に休みの日なんかは、家でゆっくりTV観るなりネットサーフィンするなりしたいんじゃ~!でも美味しい肉は食べたい。

そんなわがままを叶えるべく、調理師の知人からレクチャーを受けながら、お店に出てくるような極上の柔らかいステーキを作ってみました。
使う牛肉は外国産の見れば分かる安っいやつ、筆者は週1ぐらいしか料理をしないズボラ女ですが、それでもジューシーに作れます。
きっと誰でもできるので、ぜひお試しあれ!

材料(1~2人分)

赤身肉 1枚(厚さ2cm~3cm程度のもの)
牛脂(スーパーでもらえるアレ) 適量
塩こしょう 適量
ステーキソースや岩塩、ガーリックパウダーなど お好みで

ステーキに使う肉はサーロインやヒレ肉などがメジャーですが、今回は安さを求めてモモ肉をチョイス。
100g128円(税抜)、米国産の牛肉です。

作り方(下準備)

まずは、赤身肉を冷蔵庫から取り出し常温状態にしておきます。
牛脂は使うまで冷蔵庫で冷やしておいてくださいね。

包丁で繊維に対して垂直に切れ目を入れます。
赤身と脂の境目にある筋は、加熱すると縮んで肉が反り返り、均一に火が通らなくなります。
表面から見える白い筋や硬い繊維は切っておきましょう。裏面も忘れずに!

フォークや竹串などで突き刺してもOKです。
(写真ではわかりづらいですが……)
私はすっかり忘れていましたが、ここで塩コショウを振っておいてください!

冷蔵庫から牛脂を取り出して薄くスライスし、肉の上に乗せます。
牛脂は室温で溶けると乗せにくくなりますが、加熱で完全に溶けるのでそこまでキレイに乗せなくても大丈夫です。

肉をジッパー付きの保存袋に入れて密閉します。

水を張った低温調理器もしくはヨーグルトメーカーを57℃に設定し、2時間置いておきます。

この時、低温調理器(anovaなど)やヨーグルトメーカーがない場合は、炊飯器で保温モードをお使いください。
炊飯器の保温温度はメーカーによって異なりますが、多くのメーカーは60℃から設定できます。

今回はミディアムに仕上げますが、レアなステーキがお好きな人は55℃でお試しください。

「2時間待つのが面倒だから外食した方が早い」って?ばっかもーん!

家で作れば、待ち時間は完全フリー。
待ってる間は入浴でもゲームでも買い物でもなんでもできる、外食行くよりもはるかに効率よく時間を使えるではないか!
肉が加熱し終わるまでの2時間は、自分の好きなことに使いたまえ!

作り方(焼き~仕上げ)

保温後、肉の入った保存袋を取り出します。

表面に焼き目をつけるため、牛脂を敷いた強火のフライパンで5〜10秒ほどサッと焼き上げてください。

焼いたらこんな感じになります。今すぐ食べたいところですがもう少し我慢。
肉の表面が焼けたら、こしょうを振ってアルミホイルに包み、5分ほど休ませます。

肉の中の温度を下げることで、切った時に肉汁の流出を抑えることができます。
本当は10分以上しっかり休ませた方が良いのですが、早く食べたかったので待てませんでした……。

皿に盛り付けて完成、お好みでステーキソースや塩、わさびなど好きな味付けで食べるべし!

ベタですが、やっぱりステーキソースがおすすめです。
お肉の味を楽しみたい人は、シンプルに塩でお召し上がりください。

まとめ

265gで366円(税込)の安いモモ肉でも、肉汁が閉じ込められてここまでジューシーになります!
間違いなく、私が最近行ったステーキ屋さんに引けをとらない味です。

しかも、ガッツリ250g以上も食べられるなら言うことなし。
美味しい肉をお腹いっぱい食べたい時は、ぜひこの方法をお試しください!

この記事を書いた人
とみえみさと
21歳、滋賀県出身

滋賀を愛し、滋賀に愛されたライター。
ストレッチ、ダイエット、レシピ、お出かけ情報の記事を中心に書いています。
Twitterには関西のカフェ情報・観光スポット・コンビニの新商品などを載せています。
ブログ「とみえライフ」を運営中。